FC2ブログ
ジャニーズ他のステージ・レポを中心に、興味あることを書いてます♪ KinKi Kids中心の本館もよろしく☆
2018年11月18日 (日) | 編集 |
中山優馬くん主演の舞台「銀杯」を観て来ました。

当日は、渋谷で早めの夕食を取り、18時開場だったので、17時半過ぎに田園都市線に乗ろうとしたのですが、人身事故でストップしていました( ゚Д゚)
渋谷から会場最寄りの三軒茶屋までは2駅。
念のため地図を持ってきていたし、開演までは50分くらいあったので、歩けるだろうと思って道玄坂を歩いて行きました。
道はまっすぐ1本道だったのですが、帰宅ラッシュの時間帯。
渋谷に向かう人と私のように反対に向かう人と、バス停に並ぶ人で歩道はごった返していて、震災の時みたいでした。
私はなんとか開演に間に合う時間につきましたが、都会の2駅だからとなめていたら、意外と時間かかりました。
開演は10分遅れ。それでも間に合わなくて途中から入ってくる人も多かったです。

そんな状況で、汗だくで席についたら、前列のセンターで・・・。ちょっと複雑な気持ちでした。でも、間に合ってよかった。
銀杯は、アイルランドを舞台に、時代は第一次世界大戦時の物語です。
アイルランドの劇作家が書き、1929年にロンドンで初演を迎えた舞台で、日本では初演とのこと。

冒頭は、アイルランド・ダブリンのアパート。
老人二人がバカ話をしていると、若く美しいがお堅い女性スージー(浦浜アリサ)が、神の権威をかさに来てしかりつける。
そこに、優勝して祝杯を挙げたサッカー選手のハリー(中山優馬)が、恋人のジェシー(安田聖愛)や大勢の仲間と騒ぎながら入ってくる。歓喜しているハリーと友人のバーニー(矢田悠祐)は、休暇中の兵士。
間もなく戦場に向かう船に乗り込まなければならない。
ハリーの母も、夫テディ(横田栄司)の暴力に悩まされているフォーラン夫人も、彼らが船に間に合うか気が気ではない。
乗り遅れたら、脱走兵となってしまうし、給料が受け取れなくなる。
戦場に行きたくないそぶりを見せるハリーをせかして、ハリーの母はハリーを見送る。
2幕は、パンフレットによると、この劇の特徴的な部分で、全編等身大の人形によって演じられ、優馬くんは登場しません。
ハリーの友人のバーニーだけが名前をもった生身の人間で登場します。
これは、一緒に戦争に行ったハリーとテディとの対比を表しているとのことで、3幕からバーニーと、ハリーとテディは明暗が分かれて来ます。
戦争で破壊されたフランスの修道院で、戦いに疲れ切った兵士達と、安全な銃後から命令を下す上官たちのやり取りが描かれる。戦場の異常な世界を表現しているとのことで、セリフなども難解な部分がある。
印象的だったのは、家族から戦場に送られてきた荷物。
家族から届く荷物が、兵士達の数少ない楽しみなのに、届いたのは、祈祷書とサッカーボール。
兵士達はもはや神を信じられなくなっているが、キリスト像でマッチを擦った上官には猛反発する。
(休憩)
3幕は、アイルランド・ダブリンの病院。
再び、冒頭に登場した老人二人(一人はハリーの父親)が登場して、バカ話をする。
ここに、看護婦となったスージーも登場。相変わらず老人のことは口汚くしかりつける。
そこに、車いすに載ったハリーが登場。戦場で怪我をして半身不随となったハリーを、周囲の人間は腫物に触るような扱いをしている。
ハリーは、何度も窓辺を往復して、恋人のジェシーを待っているが、ジェシーは体が不自由になったハリーを避けて、病室にはやって来ない。傷ついたハリーに、かつてハリーのことが好きだったスージーは優しくするが、そのスージーも医師といちゃついている。
4幕は、ダンスパーティーの会場。
ジェシーはハリーの友達で戦友でもあるバーニーと親密な様子で、ハリーに後をつけ回されて気味が悪いとこぼす。
そこにハリーがやって来て、ジェシーのことを「尻軽」と口汚く罵る。
かつて女房に暴力をふるっていたテディは、戦場で盲目になり、女房の介添えなしでは何もできない。
ハリーはかつての優勝カップを投げ捨てて、歪ませる。
医師も、スージーの神様もハリーを救うことは出来ない。

優馬くんファン的に言うと、主演の割には出番少ないです。
1幕目も最後の方しか出てこないし、2幕はまったく出てこない。3幕も半分も出ていない感じ。4幕の出演は、長めでした。
優馬くんは、迫力のある演技でした。
1幕では、みんなに囲まれたヒーロー。3幕では、失意の中に、なんとか希望を見ようとする姿。
そして4幕では、すっかり人が変わって、好きだったはずのジェシーに傷つける言葉を投げかけます。
優馬くんの舞台は、毎回見ていますが、今までなかったような役柄だと思います。

作品的には、難解な印象がぬぐえません。
アイルランドの歴史も知らなかったので、セリフもあまり頭にしみこんでこなくて、断片的な印象になってしまいます。
後でパンフを読み込むと、第一次大戦では、アイルランドはイギリスが参戦したために、戦争にかかわることになったとのこと。
元々、アイルランドとイギリスは不仲だったが、大戦の当初は、戦争に積極的に参加すればイギリスから独立を勝ち取れるという見込みの元、また失業率が高かったことから、生活を支えるため、男たちが志願して戦場へ行った。
しかし、他国の戦争で命をかけて戦い、傷ついて帰ってくると、世間の情勢は変わっていて、イギリスに協力したとみなされて冷たい批判にさらされたそうです。
サッカー選手だったハリーが、歩くことも出来なくなり、恋人も失った・・・という以上にひどい状況だったようです。

女性としては、1幕でバーニーにからかわれたスージーが、「ちょっかい出したいならフランス娘にしな」と言ったり、2幕の戦場の場面で兵士達が「砲弾を小娘に変えてくれ」と言ったりしているのが気になりました。
昔から、戦争にレイプはつきもの。女性は物扱い。神様を信じている女性のスージーでさえ、敵の女性を貶めるのだな・・・と思ってしまいます。

単純に戦争という暴力で傷ついただけでなく、社会によって傷つけられた若者の話です。
もうちょっと勉強が必要な作品だと感じましたが、独特の世界感を体験出来ました。
スポンサーサイト
テーマ:中山優馬
ジャンル:アイドル・芸能
2018年11月14日 (水) | 編集 |
愛する堂本光一さんが「Show must go on」(たまにしか更新してくれない公式サイトのコーナー)で、「絶対見るべし」と言っていたので、観に行きました。
上映館が少ないし、レディースデイだったので、平日でも混みあうかなと思ったけど、思ったほどではなかったです。

10月に千秋楽を迎えた光ちゃん主演舞台「ナイツテイル」の演出脚本を手掛けたジョン・ケアードが出演している90分のドキュメンタリー映画です。

自身も交通事故で母親を亡くした玉井会長が、交通遺児を支援することから始まった「あしなが運動」。
玉井会長の活動は、国内にとどまらず、アフリカ・ウガンダでエイズなどで親を亡くした子供達の学校の運営も行っている。
玉井会長は、ウガンダの子供達と、東日本大震災で被災した日本の子供達、そして「あしながおじさん」の作家ジーン・ウエブスターの母校であるアメリカのヴァッサー大学の生徒達で、ブロードウェーの舞台に立ち、世界の人々に彼らの現状をアピールしようというプロジェクトを立ち上げる。
一流の演出家としてジョン・ケアードが呼ばれて、ウガンダの子供達にレッスンを行う。
癒えない傷を抱え、困窮した生活をしながらも、ダンスをしている時が一番楽しいというウガンダの子供達。
津波への怒りや家族を失った悲しみを太鼓の音にぶつけていこうとする石巻の少年少女。
彼らの傷に共感するアメリカの学生達。
それぞれの思いが舞台を作り上げてゆく。

親を亡くした子供達の悲しみを観ていると、涙が出るのですが、同時になんだか前向きな気持ちになれる映画です。
ウガンダの子供達が、本当に楽しそうに踊っている。
彼らは、きっと生まれながらにリズムがしみついているんだなと思います。

ブロードウェーの舞台で、アフリカの少女と、アメリカの女学生が、お互いに「あなたのことがうらやましい」と歌う場面があります。
アフリカの少女は「あなたの靴をはいて歩きたい。口紅やマニキュアをして、素敵な服を着たい」と言いますが、アメリカの女学生は「もう一度美しい星を見たい」と言います。アフリカの少女は、「星なんて意味はない。私は手に触れるものが欲しい」と言い、アメリカの女学生は「私はあなたの自由が欲しい」と言うのです。

「貧しくても心は豊かだ」なんていうのは、負け惜しみかキレイごとと思ってしまいがちですが、この映画を見ていて、本当にそうなのかもな、と信じられる感じがしました。
同じように両親を失っても、日本の子供の方がはるかに環境はいいと思うのですが、日本の子達の方が顔が曇っているんですよね。日本人特有の奥ゆかしさのせいもあると思いますが。
ウガンダの子供達は、悲しい時は涙しますが、笑う時は全開の笑顔。
その手放しの笑顔を観ていると、国の違いとか、もっと小さな単位にこだわって、警戒して萎縮しているのが、小さいことだなって思えてきました。
もっと心を開いて、寛容であるべきだな・・・って頭でわかっていても、中々できないですが、この映画を見ていたら、こういうことかな、と思いました。

公式サイトには、光ちゃんとナイツテイルで共演した井上芳雄くんも推薦文を寄せています。
エンターテイメントではないので、万人向けではないかもですが、私は見て良かったです。
機会のある方は、見てみて下さい。
テーマ:ドキュメンタリー映画
ジャンル:映画
2018年11月06日 (火) | 編集 |
V6坂本くん主演、Jr.の屋良くん出演の舞台を見て来ました!
ハリウッドのミュージカル映画を舞台化したもので、英国などでも上演された舞台です。

(物語)
ブロードウェーのミュージカルスター、ジェリー・トラヴァース(坂本昌行)は、英国人プロデューサーのホレス(益岡徹)に招かれ、彼のショーに出演するためロンドンにやって来る。
ホレスのホテルの部屋で思わずステップを踏むジェリーのところに、階下の部屋に泊まっていたモデルのデイル・トレモント(多部未華子)が、苦情を言いにやって来る。
デイルに一目ぼれして、なんとか近づこうとするジェリー。
デイルも次第に心を開くが、ジェリーのことを友人マッジ(朝海ひかる)の夫のホレスと勘違いしたデイルは、イタリア人デザイナーのアルベルト(屋良朝幸)とマッジのいるベネチアへと旅立つ。
追いかけてきたジェリーを誤解したデイルは、ジェリーから逃れようとアルベルトと結婚を決めてしまう。

(感想)
セットも衣装もとてもゴージャス。
ニューヨークに始まり、ロンドン、ベネチアと旅行気分も味わえます。
坂本くんがタキシード姿で歌い踊るのは、彼の魅力全開。
自信家でポジティブな役で、コミカルな部分もあり、観ていて楽しいです。

そしてなんといっても、多部ちゃんが美しい!!
多部ちゃんって、どっちかと言うと童顔で、子供っぽいイメージがあったのですが、セクシーな金髪美女がこんなに似合うとは!
すらりとした体の線が出るドレスの数々も素敵で、今回一番見ていたかも。
今回、ミュージカルは初挑戦だったようですが、ダンスはすごく素敵。坂本くんと踊っていても、全く見劣りしません。
ただ、歌はもう一つかな・・・。気になるほどではないけど。

屋良くん演じるアルベルトは、一言で言うと「変なイタリア人」。
パンフには「踊らない」って書いてあって、残念だなって思ったのですが、ちょっとだけ踊りのような場面もありましたよ。
屋良くん久しぶりに見ましたが、コミカルな役を全力でやっていて、すごく笑えました。

ホレスとマッジの熟年カップルもいい味を出していて、ホレスの執事ベイツ(浅野和之)が、アルベルトと笑いを二分していました。
ゴージャスな大人のロマンチック・ラブコメです。
沢山笑えて、最後はハッピーエンドという、ミュージカルのいいところをギュッと集めた舞台でした。
テーマ:V6
ジャンル:アイドル・芸能
2018年09月15日 (土) | 編集 |
KAT-TUN再始動後、初の全国ツアーに行って来ました!
開場直後くらいの時間に行きましたが、プレ販売があったし、ツアーも中盤ということもあってか、横浜初日でしたがグッツ売り場は空いていて、すんなり購入出来ました。
控えめに買ったつもりでしたが、1万円近くいってしまいました(^^;
マグボトル・会報ホルダー・パンフ・内輪(亀)・ペンライトを購入。
ペンライトは、今年KAT-TUN2つ目なので、迷ったけど、何となく持っていないと非国民な感じがしちゃって(;'∀')
マグボトルは、私は本来、保温力重視派。
保温力は6時間で45度なので、満足いきませんが(60度以上が理想)、まあそこは我慢で。
デザインは素敵です!

今回もデジタルチケット。立ち見でないことは事前にわかりましたが、席は全く不明。
現場の発券で、席に行ってみると・・・サイド通路脇・センターステージ寄りの席でした!!
こんなに近いのは、KAT-TUN初かも!
結果から言うと、3人はそれぞれ1回ずつ通ってくれただけでしたが。
一番印象に残るのは、上田くんの腹筋を間近で見られたこと!
中丸くんは普通に通り過ぎていった感じ。
亀ちゃんは、前を行くときは、こっちを見てくれなくて、悲しい・・・と思っていたら、通り過ぎてから振り向いてこっちにアピールしてくれる・・・という亀ちゃんらしい時間差アピールにやられました。

Jr.も間近に見られて、今回は宇宙Six +αのJr.が出演していました。
名前わかるのは、山本亮ちゃんと江田くんくらいだったけど、Jr.もスタイルいいし、可愛いねえ。
山亮は相変わらずダンスキレキレだった~。江田くん、笑顔がまぶしい~。

アルバムCAST中心の内容となっています。
パンフによると、今回はスタッフに任せるところは任せるということを意識したようで、王道な感じの内容だったかと思います。

センターステージで、下から風が来ているところでアピールする・・・みたいな場面があり。
亀ちゃんは、首から長く赤いスカーフを垂らしていたのですが、それを風にあおられて、マリリンモンローがスカートがめくれた的なセクシーアピール。
次の中丸くんは、腰にスカーフをまいていましたが、中丸くんもちょっとセクシーしてみました的な感じで。
上田くんは、「俺はそんな愛想はふらねえ」的な感じでした(笑)。

トークは、番宣中心でしたが。
亀ちゃんが上田くんのパンツのゴムを直した件が1番ですかね。
上田くんは、白シャツの胸をはだけて着ていたのですが、ズボンからパンツのゴムが見えるように履いておりまして。
亀ちゃんが「上田くんは、こういう癖があるんだよね」と、パンツのゴムがめくれているのを直してあげて、更にインカムのベルトがその上に来ていたので、「これは(ズボンの)ベルトのところにくるようにしてもらえばいいよ」とファッションリーダーな発言をしていました。
中丸くんは、「お腹出していて、冷えないの?」と言って、上田「かあちゃんみたいだな」と言われていました。

宇宙Sixが呼ばれて、紹介していた場面では。
「メンバーの原嘉孝が、メタルマクベスという舞台に明日から出演するので、今回は4人で出演させてもらいます」と言ったところ、
中丸?「KAT-TUNよりそっちを選んだっていうことですね」
亀「そういうと、語弊があるからね・・・」
その後、山本亮ちゃんが「俺は、こっちを選びました!」と言ったところ・・・。
上田「媚売ってるのか?! 豚に食わしてやる」
亀「上田くんは、養豚場をやっているんですか?」
中丸「上田くんは髪が金色に近い人には厳しめなんで」
とか、後輩にすごむ上田くんが面白かったです。

今回のソロパフォーマンスもそれぞれ印象的でした。
中丸くんの「Marionation」は、独特な歌詞が印象的なんですが、これには中丸くんもかかわったとのこと。
亀ちゃんがやったら、かなりエロくなるだろうと思うのですが、中丸くんなので、男性の悲哀みたいなものを感じる仕上がりになっていました。ゆっちにしては、色気出ていましたよ(失礼か)。亀ちゃんにもやってほしい、この曲。
上田くんの「World's End.」は、毎度な暴力的演出。恰好いいけどねえ、私は暴力は反対。
最初は映像の蛇をぶった切って登場したり、爆弾のカウントダウンの最後に、爆発音とともにパフォーマンスが途切れる・・・とか映像・音・照明とのコラボとはお見事でした。
そして、亀ちゃんの「One way love」は、エロはなし・・・ではないか。
衣装は露出少なめ。ぶかぶかしたスーツ。
裸足で、創作ダンサーのような、激しいダンスで表現・・・。新しいなと思ってみていましたが、最後はちょっとエロかった。そこはファンの期待を裏切らないということで。

オープニングでは、「今日はしっかり感じて帰れ」と言っていた亀ちゃん。
最後は、「みんな感じた? ・・・なんか、言えよっていう空気を感じたので」と言っていました。
上田くんは、「この距離感久しぶり。なんか、楽しかった」
中丸くんは、「今日は事務所の人も来ているので・・・、まだツアーは半ばですけど、来年も早いペースでまた会いたい」というようなことを言っていました。

ラストは、いつものようにお隣さんと手を取り合って、「We are KAT-TUN!」
銀テープは、落ちてこなかったけど、スタッフさんになんとか分けてもらえました。
裏面が、グッツに使われているカラフルな「CAST」のロゴで、表は黒字で「KAT-TUN LIVE TOUR 2018 CAST」と印刷されていました★

発券されたチケットにQRコードがついていて、動画がダウンロードできるみたいでしたが、私のガラホでは見られず(/_;)
でも、楽しかった!
タキツバショックが少し癒された。
後、先日私の誕生日だったので、祝ってもらえたと勝手に思っています。曲に「Sweet Birthday」も入っていたし。
来年も楽しみにしているよ~。
テーマ:KAT-TUN
ジャンル:アイドル・芸能
2018年09月13日 (木) | 編集 |
タッキー&翼の解散・・・。
今朝のNEWSで見て、その後、ワイドショーをはしごし、徐々に実感してきました。
ファンクラブ会員への連絡は、メールで届いていました。
昨夜、「0時以降にログインして見て下さい」というメールが23時半頃に届いていましたが、私は朝NEWSを見るまで気づきませんでした。

私のジャニーズファン歴は、そのままKinKi Kidsのファン歴です。
キンキ以前は、もちろん存在は知っていましたが、特にジャニーズが好きというわけではありませんでした。
20代後半に遅咲きのジャニーズファンとなり、現在に至ります。
当時、キンキのバックとしてついていたのがタキツバでした。
昔から見ていたので、二十歳でデビューした時、「良かったね」と思い、デビューアルバムをご褒美の気持ちで購入しました。
でも、ちゃんとタキツバファンとしてファンクラブに入ってチケットを取り始めたのは、「夢物語」以降です。
どちらかというと、翼くんの方が好きでしたが、タッキーの舞台やソロコンもずっと観に行っていました。

本当にタキツバが一番大好きという方よりは、申し訳ないですが、少し冷静にいられます。
でも、ショックですね。
翼くんは仕方ないと思う。
体調のことだし。仕事ができない状態で、所属し続けることが、ストレスになって、ストレスが原因と言われる病気にも影響するかもしれないし。
でも、タッキーは辞めなくてもいいじゃない・・・っていうのが最初の感想でした。
色々聞いていくうちに、確かに本気で演出をやろうと思えば、辞めるってこともあるのかなとも思いなおしましたが。
でも、さよならコンサートくらいやってくれてもいいじゃない・・・ソロでいいから・・・。
ディナーショーは高いし、席数少ないし・・・。
は~~、来年は滝沢歌舞伎観られないのか・・・。
後輩がやるかもっていう話もありましたが、それはそれで見たい気もしないではないですが、今は受け止めきれませんね。

これがキンキだったら・・・とついつい考えてゾッとしました。
剛も体調万全じゃないですからね。
でも、光ちゃんは根っからのプレイヤーだし。
剛も、例え歌って踊れなくても、小喜利を続けていってくれるのでは?と思うと、少しはホッとしましたが。

タッキーに演出の才能があることは知っています。
ジャニーさんの後継者には一番ふさわしいかもしれません。
応援はします、しますけど、まだちょっともろ手を挙げてってわけにはいきません。
翼くんがいつの日か戻ってきて、二人で復活コンサートとかないのかなあ。
私は、二人の味方ですし、二人の決定を尊重したいです。
でも、でもなんだよお!
辛いねえ。
テーマ:タッキー&翼
ジャンル:アイドル・芸能