FC2ブログ
ジャニーズ他のステージ・レポを中心に、興味あることを書いてます♪ KinKi Kids中心の本館もよろしく☆
2020年05月31日 (日) | 編集 |
KAT-TUNの中丸くんの動画を見て、やってみたよ☆

200531_g

主婦歴20年超、包丁を持っている時間なら、間違いなくゆっちより長いはず・・・
だけど、ゆっちのようにカッコよくできないな・・・
ゆっちは高そうな包丁を使っていたから! そうだ、そうに違いない!
(弘法じゃないんで、筆は選びます!)

・・・と思ったけど、写真を撮るとそれなりに見えますね。
簡単だし、おいしく食べられるし、カッコいい(来客にも出せる)ので、これからはこれで食べます。

ちなみに、近所の八百屋で買ったけど、イスラエル産って書いてあった。
ゆっちの豆知識では、ほとんどがフロリダ産かアフリカ産って言っていたけどね。
ま、アフリカのすぐ隣だから、新潟は東北じゃない!っていうようなものか・・・

asianはグレープフルーツカットの技を習得した☆チャララ~ン
サンキュー・ゆっち☆
スポンサーサイト



テーマ:料理
ジャンル:結婚・家庭生活
2020年04月22日 (水) | 編集 |
見ましたよ!
光ちゃん(堂本光一さん)のジャニーズ公式動画、第二弾。
「愛のかたまり」(ファンに一番人気の楽曲。光一作曲・剛作詞)のイントロが流れ、真面目に歌い始めたので、最初カラオケかと思いましたが・・・。
まさかの替え歌でした。
全く笑いもなく、哀愁たっぷりに歌いあげていたのが、またスマイル・ポイントでございます。
ありがとう、光ちゃん。
自粛頑張るよ!

200422_3mitu

三密のうさぎさんは、出雲大社東京分社で撮影したものですが、昨年夏ごろに訪れた時のものです。
誤解なきように。神社巡りも最近は自粛しておりますよ~。
テーマ:堂本光一
ジャンル:アイドル・芸能
2020年04月13日 (月) | 編集 |
新型コロナウイルスの感染が拡大する中、4/7(火)に緊急事態宣言が出まして、バタバタと私の職場も出勤しない方向になりました。
2月末に学校の休校が発表されて以来、このブログに書いた舞台に1回行ったのは別として、自宅と会社と食料の買い出しと病院しか行かない生活をしておりましたが、とうとう職場も行かないことになりました。

一時はトイレットペーパーがないとか、保存食がスーパーの棚からなくなるとか、納豆が並んでいないとかありましたが、今はだいぶ落ち着いています。
電車も、先週からはかなり空いていると思います。一部の路線では、以前と変わらない混雑・・・とNewsで出ていましたが、私の乗る路線は時間帯もあるかもしれませんが空いています。

先週は、家にいてもなんだか落ち着かない気持ちでいましたが、今週はだいぶ家に居るのも慣れた気がします。
元々、私は家にいるのは好きで、ダラダラするのは苦にならないというか・・・馴染みすぎて怖いというか・・・。
物をためこんじゃうタイプでもあるので、この機会に片付けよう・・・と思いつつ、あまり進まないまま、1週間経過した感じです。

そんな中、見ましたよ!
光ちゃんの窓ふき自撮り動画☆
光ちゃんが自撮り・・・ちゃんと映っていなくて、首のあたりばかり撮れていたりしましたが、なんだか微笑ましい。
単に好きだから、欲目なのかもしれませんが、ニヤニヤして見ておりました。
スマイルアッププロジェクトだそうなので、笑顔になれた!ってことで、大成功です。

光ちゃんに言われたら、お掃除できそう。
後、人類最強の兵長に言われたら、頑張れそう。兵長も言ってくれないかなあ。。。
久々にほっこりしました!!!
テーマ:堂本光一
ジャンル:アイドル・芸能
2020年03月20日 (金) | 編集 |
新型コロナの影響で、様々な公演が軒並み公演を休止していましたが、劇団新幹線の「偽義経冥界歌(にせよしつねめいかいにうたう)」も2月28日から休演。19日のチケットを持っていた私は、どうなることかと思って成り行きを見守っていましたが、19日から再開が決定しました!
でも、当日になって中止になったりして・・・と最後まで不安でしたし、職場の人には「こんな時に行くのか」と思われそうで言いづらかったですけど・・・。
事前に「接触を避けるため、もぎりは自分で」「グッツ販売はしません」「アルコール消毒にご協力願います」などの注意事項が、劇場側からありました。私自身も、マスク着用、アルコール消毒持参、食事は人の少ない場所で済ませ、飲み物を飲む時も、人から距離のある場所で・・・と考えられる限りの自衛をしたつもりです。
もし感染したら、自分も今後の予定に差し支えるし、演者さんにもこの後観に来る予定の方々にも迷惑をかけますからね。
熱のある方は入場出来ないということで、再開後の公演も払い戻しに応じるという告知もありました。どれくらい空席があるかな・・・と思っていましたが、9割以上は入っていたと思います。
この日は、パブリック上映のある日で、カメラも入っていました。全国の映画館で生中継の日でもありました。

200319_niseyoshitune

さて、そんな中、開幕!
オープニングで登場したのは、遮那王牛若(早乙女友貴)が、村の娘を手ごめにしようとする場面。
場所は奥州・・・ですが、パラレルワールドな世界だということが徐々にわかります。
牛若の従者達が止めようとするが、いうことを聞かない牛若・・・この時地味だったので、すぐに気づかなかったけど、止めようとしていた一人が中山優馬くんでした。歴史上では奥州藤原氏ですが、この舞台では奥華次郎泰衡(おうかじろうやすひら)です。
次郎という通り、泰衡には兄がおり、それが生田斗真くん演じる奥華玄久郎国衡(おうかげんくろうくにひら)。
優馬くんは心優しき次男で兄を立てていますが、正妻の長子。
玄久郎は、妾腹で気立てが良く、戦上手だが単純で頭は悪い。
手ごめにしようとしたのを止められて、腹を立てた牛若は、奥華一族の聖地である洞窟に火を放とうとし、それを止めようとする次郎に襲い掛かる。劣勢となった次郎を、玄久郎が救うのだが、勢い余って牛若を殺してしまう。
間もなく源氏の統領である頼朝から、挙兵の指示がくるだろうという矢先、源氏に恩を売りたい奥華秀衡(橋本さとし)と、牛若の従者である武蔵坊弁慶(三宅弘城)・常陸坊海尊(山内圭哉)は困った末、玄久郎を牛若の身代わりとすることにした。

あらすじだけ言うとシリアスなようですが、これらがテンポのよい笑いを織り込んで進んでいきます。
友貴くんが刀を振り回す場面は、さすがのスピード感で、冒頭であっけなく死んでしまった時には、「えっ?! こんなちょい役なの?」と思いました。
忠義者の代名詞である弁慶が牛若を嫌っていたり、牛若が外道だったり、色々新鮮でした。

元服し、九郎義経となった玄久郎は、次々と武功を立てる。
一方、奥州では、秀衡の正妻で巫女でもある黄泉津の方(りょう)が、秀衡の弟・基衡(吉田メタル)と共謀し、奥州ばかりでなく日本中を手中に収めようと野望を抱いていた秀衡を、次郎泰衡に殺させる。
この辺り、抵抗しながら結局父を殺してしまう優馬くんの姿が、SHOCKの時とちょっとかぶって思えました。

義経は平氏の元にいた大陸渡りの歌うたい静歌(藤原さくら)を助ける。
静歌が歌うと、死んだ父秀衡が現れ、「黄泉津と基衡に陥れられた。だが、実際手を下したのは次郎。仇を取ってくれ」と言う。
義経は、驚いて静歌を連れて奥州に戻る。ところが、弁慶と海尊に騙されて討たれてしまうのだった・・・。

ここで休憩だったんですが、ええ~?! 主役前半で死んじゃうの?!って感じでした。
しかし、心配無用。後半がスタートすると、冒頭から斗真くんが出て来ます。

亡霊となった義経(玄久郎国衡)は、父・祖父・曽祖父に会う。
奥華一族の黄金は、巫女の黄泉津の方が先祖の魂から作り出していたのだった。黄金になるまで、先祖の魂はあの世でもこの世でもない場所にとどまっているのだ。
しかし、静歌の歌によって、義経は現世に呼び戻される。
奥華の里には、義経を殺されたと知った頼朝の軍勢が迫っていた。
奥華を守るため、義経は静歌の歌で父・祖父・曽祖父、そして遮那王牛若も現世に呼び戻した。
すでに死んでいる亡者たちは無敵だった。その力で頼朝軍を押し戻すが、事はそれだけで収まらなかった。
現世に戻った父達は、日の本を手中にし、亡者の国を築こうとする。
義経と泰衡、黄泉津の方はそれを防ごうとするのだが・・・。
黄泉津の方は倒れ、義経も深く傷つく。
しかし、静歌と泰衡が歌で加勢し、切れないはずの亡霊を切ることが出来た。
義経は、日の本を頼朝に託し、泰衡には静歌と大陸へ渡れと言い残して去ってゆくのだった・・・。

あらすじとしてはこんな感じですが、他にも笑いとか伏線とか沢山あります!
白い髪・白塗りの亡霊斗真くんもカッコいいですし。
藤原さくらさんの歌はもちろんいいし、りょうさんの黄泉津の方とか、北条政子とか、とにかく出てくる人が全員キャラ立ちまくりなんです。素晴らしい脚本とキャストにあわせた演出ってことだと思います。
後半にも友貴くんが登場し、早くて美しい殺陣を存分に見せてくれますし、優馬くんが歌う場面もあって・・・。
斗真くんも歌うんですけど、斗真くんよりは優馬くんの方が、CD出しているだけあって歌は上手いかな~。
腕は立たないけど、優しい弟を優馬くんが好演していました。

物語としても、史実を踏まえながら、そこを逸脱して、思いがけない方向へ向かっていく感じが面白かったです。
暴走していく人間の業みたいなのが、不思議にリアリティありますし。
最後、泰衡に静歌と大陸に渡れと義経が言いますけど、義経が大陸に渡ってチンギス・ハーンになったという伝説を思い出させるのも楽しい。

アンコールのあいさつでは、「僕が言うことじゃないかもしれませんが、新型肺炎が流行している中、僕たちも頑張っているので、皆さんも一緒に頑張りましょう。また、皆さん元気に笑顔でお会いしたいと思います」というようなことを斗真くんが言っていました。
新幹線の舞台は、何度か観ていますが、やっぱり面白いという思いもありつつ・・・この作品、かなり傑作じゃないかと思いました。
観ることが出来て、本当に良かったです。
2020年03月02日 (月) | 編集 |
今日も昨日も東京はいいお天気でしたが、新型コロナウイルスのせいで、外出ははばかられます。
木曜日には、首相が全国の学校の休校を発表し、いよいよ大変なことになったと感じました。
金曜日、商店街を通って何気なくみたら、いつもは店頭に沢山並んでいるトイレットペーパーやティッシュペーパーがなくなっていました。
私は知らなかったのですが、ネットでデマが流れたみたいですね。
それで、デマだと知っている人も、他の人が買い占める不安から、自分も買い占めて、悪循環になってしまったようで。
そして今日、日曜日、スーパーに行ったら、米の棚とパスタの棚が空になっていました。
生鮮品やパンや生麺なんかはちゃんとあるのに・・・違和感を禁じえません。

我が家はマスクもトイレットペーパーもお米も1か月くらいの備蓄がありますし、子供もいないので、影響はないんですが、なんとなく不安は募ります。
こんな時は、エンタメ。
今読んでいる本は、原田マハ先生の「翔ぶ少女」。
阪神淡路大震災で被災した少女が主人公です。被災者を助ける精神科医も出てきて、先日NHKで放送した「心を癒すということ」もちょっと彷彿させるお話で、興味深いし感動します。
涙を流すというのは、ストレス解消になるそうなので、泣ける小説としておススメです。

本を読んでいたら、そばめしが食べたくなりました。
作中に登場するのですが、お客さんに焼きそばに冷や飯を混ぜてくれと頼まれたことから生まれた名物だとか。
丁度焼きそばと、冷ご飯があったので、適当に作ってみました。
キャベツとピーマンがあったので刻んで、豚肉やキノコやネギは冷凍庫に常備しているので、炒めて味塩コショウ。
焼きそばを入れる前に、いったん炒めた野菜を取り出し、焼きそばにしっかりソースを絡めるのが私流。
焼きそばは、3センチ角くらいに切り分けてから、フライパンで蒸し焼きにして、添付のソースを絡めて。
ご飯はレンジで温めてから混ぜ合わせ。
ソースは家にはとんかつソースしかなかったけど、ソースと、創味シャンタンも混ぜて。
取り出していた野菜を戻して混ぜて完成。
何となく作ったけど、まあまあ美味しかったです。

美味しいものとエンタメで、気分上げて、明日からまた頑張ります。
色々大変なことがあると思いますが、どうか皆さまも、落ち着いて過ごされますように。
感染してしまった方は、快癒されますように。
なにより、感染拡大が収まりますように、自分でできることはやりつつ、祈っております。
テーマ:日々のつれづれ
ジャンル:日記