ジャニーズ他のステージ・レポを中心に、興味あることを書いてます♪ KinKi Kids中心の本館もよろしく☆
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018年06月11日 (月) | 編集 |
カンヌ映画祭でパルムドールを受賞した、是枝監督の「万引き家族」を見てきました。

高層ビルの谷間の古い日本家屋に住む家族。
父の柴田治(リリー・フランキー)と息子の祥太(城桧吏)は、スーパーで万引きして家に帰る途中、寒空の下部屋から追い出されたらしい幼い少女ゆり(佐々木みゆ)を見つけて、連れ帰る。
家には、祖母の初枝(樹木きりん)、治の妻・信代(安藤サクラ)、信代の妹の亜紀(松岡茉優)も一緒に暮らしていた。
祖母の年金、治の日雇い労働、信代のクリーニング店での働き、足りない分は万引きで補って暮らしている。
亜紀はJK見学で働いているが、家に金を入れていない。祖母の初枝は亜紀を特別可愛がっているようで、亜紀も祖母に甘えている。
治と信代は、ゆりをすぐ返そうとするが、両親から虐待されている様子をみて、娘として育てることにする。
2か月後、ゆりの行方不明がテレビで報道される。幼い子の行方不明を隠していた両親を、報道では虐待死を疑う内容だった。信代は、ゆり(本名はジュリだったと判明)に帰りたいかと聞くが、ここにいることを選んだ。
名をリンと変え、髪も切って、仲良く暮らす家族。
しかし、学校に行かず、万引きをして暮らしていた祥太は、親切な商店主に「妹には万引きをさせるな」と言われて、盗みに疑問を持ち始める。

家族がどういうつながりなのかは、会話などで徐々に明らかになっていきます。
ネタバレなしで感想を書くのは大変難しいです。
あとから、あれはこういうことだったのか・・・とわかった部分もありますが、
ここに感想を書くために公式サイトを見て、初めて「あれはそういうことだったの」と思ったこともあります。
一つ言えることは、見る人によって、見る角度によって印象が違う作品かもしれないということ。
監督が「見る度印象が違う作品になったと思う」というのは、そういうことだと思います。

(ここからは、ネタバレありです)
終盤に来て、実は家族全員が赤の他人だったことがわかります。
そう思って、もう一度作品を見れば、視点が変わってくると思うので、また見たい作品になっていると思います。
公式サイトを見て「え、その設定出てきたっけ?」と思ったのは、信代も親から虐待された経験があるというところ。
そういえば、殴られる場面があった気がするけど、夫からの虐待だと思っていたよ。。。
ただ、ゆりの母が「生みたくて生んだわけじゃない」と言っているのを聞いた信代が、「普通そう言われて育った子は、他人を気づかえないよね」と、ゆりが祥太を心配していたのを見て言う場面があり、ちょっと暗示していたかなとは思いました。

安藤サクラさんの演技は、前からすごいと思っていましたが、りんや祥太に注ぐ愛情に、とても感動しました。
リリー・フランキーさんのダメだけど憎めない父ちゃんも素敵でした。

最後は、あれほど愛し合っているように見えた家族が、バラバラになってしまいます。
祥太は前を向いて生きて行ってくれると思いますが、りん(ジュリ)がなあ~。虐待親のところに戻されて終わっている。
詳しい事情は分からなかったけど、家に帰りたくなくて祖母(これも実の祖母ではなかった)の家に入り浸っていたらしい亜紀もどうなるか気になりますし。
決して明るいエンディングではないです。
でも、もやっとして色々考えてしまうことこそ、この映画が作られた目的なのかなと思いました。

スポンサーサイト
テーマ:映画館で観た映画
ジャンル:映画
2018年05月26日 (土) | 編集 |
公開したばかりの映画「友罪」を観て来ました!
薬丸岳さんの作品は、犯罪者・犯罪被害者・その家族の心境を掘り下げている重厚な作品ばかりで、文庫化しているものを中心に、結構読んでいます。その中でも、「友罪」は印象深い作品だったので、今回映画を見る気満々でした。
映画を見るにあたり、小説をまた読み直し、斗真くんと瑛太さんのビジュアルで想像しながら読みました。

映画は、二人の青年が同時に工場に入社する場面から始まります。
益田(生田斗真)は出版社で働いていたが、正義感から上司を殴って退社。生活に困って寮のある工場に入社した。
同じ日に入社した同い年の鈴木(瑛太)は、口数が少なく、人と関わらないようにしていて、同僚の反感をかう。
しかし、酔った先輩を介抱したり、益田が怪我をした時的確な対応をしたりと、次第に周囲と打ち解けてゆく。
鈴木は、元AV女優だった過去を持つ藤沢美代子(夏帆)と知り合い、助けたことで美代子は鈴木に惹かれてゆく。
大学時代の恋人で、雑誌記者の杉本清美(山本美月)に、過去の児童連続殺傷事件について相談された益田は、鈴木が当時14歳だったために罪に問われなかった青柳健太郎ではないかという疑いを持つようになる。

原作との大きな違いは、息子が16歳の時に無免許運転で小学生を殺してしまい、償いの人生を生きている山内(佐藤浩市)がタクシードライバーで、益田達とは客として多少かかわるだけで、全く別な人生を生きているところでしょうか。
原作では、山内は同じ会社の寮に住んでおり、藤沢美代子も工場の事務として働いています。
同じ会社に、犯罪者・犯罪被害者・加害者家族が顔をそろえているというのは寓話的なので、別の職場にしたのは理解できます。
美代子については、別な会社に勤めている以外は、設定が同じですが、山内は益田達に影響を与える存在ではありません。
その代わり、原作ではサラリと描かれているだけの山内の気持ちが映画では丹念に描かれています。

小説と違って、益田の心情については、言葉の端々から推測するしかありません。
映画の限られた時間の中では、益田が鈴木にそこまで友情を感じる理由がちょっとしっくりこないと感じた部分もありました。
原作では「ずっと友達でいてほしい」と鈴木に言われ、益田が鈴木の告白を聞くべきか煩悶するのですが、そのキーワードも出てこないし。益田もあまり悩まずに結論に至っている感じがしてしまいました。
原作を直前に読み直してしまったため、違和感になってしまったのかもしれませんが。

鈴木と益田、鈴木と美代子、山内とその家族のそれぞれの物語が入れ替わりで描かれ、最後益田の独白に集約していきます。
あ、白石弥生(富田靖子)もですね。弥生は、原作では益田に接近しますが、映画では鈴木と少し連絡を取り合うだけ。その代わり、原作にはない弥生の普段の仕事ぶりと、娘(原作では息子)とのかかわりが描かれていました。
原作ではあえて描かれていない鈴木(青柳)の心情も、映画では語られています。
原作を補完する作品と言えるかもしれません。

「ロクヨン」の瀬々監督が撮っているので、リアリティーと迫力と美しさが混在となった映像となっています。
すっきりはしない・・・するわけにはいかない作品ですが、多くの批判が溢れる今の時代、こういう作品が必要なのかなと思います。
テーマ:映画館で観た映画
ジャンル:映画
2018年05月15日 (火) | 編集 |
コクーン歌舞伎「切られの与三」を見て来ました。
「ヨゾウ」かと思ったら、「与三郎」の略称なので「ヨサ」と読みます。
コクーン歌舞伎は何度か観ております。
亡き中村勘三郎さんが始めた舞台なので、勘九郎さんが主演のことが多かったですが、今回は普段は女形で出演している弟の七之助さんが、立役(男役)で主演を務めております。

「切られの与三」は、歌舞伎の演目では「与話情浮名横櫛」と言い、実在の人物をモデルとした講談「お富与三郎」を歌舞伎の演目として仕立てたと言われています。落語の演目にもなっているそうで、それぞれ微妙に設定が違うようです。
また、歌舞伎では通常お富と与三郎が再会したところまでしかやらないことが多いようですが、今回はかなり長大な原作から全幕を起こしたとのこと。そういう一つのストーリーが色々な道筋をたどるというのは、昔話にありがちなことで、それらを新しく解釈して作り上げていくお話というのは、物語が好きな私としては興味深い部分です。

さて、歌舞伎のお話は、大体が韓流ドラマのように複雑に関係が絡み合っていて、しかも血なまぐさいです。
大店の息子で色男の与三郎(中村七之助)は、勘当されて木更津に謹慎させられます。
なぜ勘当されたかという理由については、複数語られ、どれが本当かわからない風になっています。
土地の親分・赤間源左衛門(真那胡敬二)に見受けされた元深川芸者のお富(中村梅枝)と、与三郎・・・江戸を恋しく思う美男美女の二人は、一目会って惹かれ合います。
赤間の留守中にしのび合う二人でしたが、お富に横恋慕する赤間の手下の松五郎に密告され、とらえられてしまいます。手下達に追われたお富は海に身を投げ、与三郎は赤間と手下たちによってたかって切り刻まれてしまいます。
この場面、なかなか怖いです。
(幕間)
なんとか生き延びて江戸にたどりついた与三郎でしたが、変わり果てた姿で家にも帰れず、乞食をしていたところを、蝙蝠安(笹野高史)というごろつきに拾われ、傷だらけの顔で人を強請って生活するようになります。この時から「切られの与三」と名のるようになります。
ある時蝙蝠安が強し借りに行った先で、死んだと思っていたお富と与三郎は再開。
玄治店という店の主人・和泉屋多左衛門(中村扇雀)の囲われ者になっていたお富は、男女の関係はないと与三郎に言いますが、与三郎は信じません。
多左衛門は、与三郎に金を渡して、「堅気になって戻ってくればお富を渡す」と言います。
通常の歌舞伎では、ここで終わりとなるようですが、ここから話は複雑になっていきます。
お富に横恋慕していた玄治店の藤八(片岡亀蔵)をとらえ、お富と藤八は出来ている・・・店の恥になると言って、お富と与三郎は多左衛門を強請ります。多左衛門は、金と紙包みをお富に渡すが、それを見てお富は多左衛門が実の兄であったと知るのです。
一方、与三郎は足が不自由な女・小笹(中村歌女之丞)を見て、自分の実母なのではないかと思うが、小笹には否定されてしまいます。
元がお坊ちゃんの与三郎は、お富と暮らしてすぐに金を使い果たしてしまい、新しい金儲けのために、蝙蝠安と組んで、お富を身請けしたいという会津屋を騙そうとします。しかし、そのことを告げ口したつん助によって企みがダメになり、与三郎は思わずつん助を手にかけてしまいます。
この時、お富が殺害をそそのかしたような、それが夢だったかのような、幻想的な演出がされています。
この後、小笹が目の前で倒れ、それを見て「母親殺し」と罵る蝙蝠安と争ううちに橋から落ちて死んでしまい、与三郎はわけもわからないうちに捕らえられて島流しとなってしまいます。
(幕間)
与三郎は荒れ狂う海に飛び込んで、島から脱走を試みます。
それについて来た久次は、ためらっているうちに役人に見つかり、とっさに与三郎が島抜けしたと訴えて減刑を図ります。
与三郎は命からがら江戸に戻り、実家を訪ねますが、かつて与三郎の面倒を見てくれた爺や(笹野高史)は喜んでくれるが、父は「息子は死んだ」と言って与三郎を拒絶します。
「いっそ訴え出て磔獄門になろう」と言う与三郎に、爺やは「逃げてくれ」と頼み、父も金を投げてよこします。
江戸の町を彷徨っていた与三郎は、久次に再会。家に招かれると、そこには久次の妻となったお富がいました。
二人に家で休むように言われた与三郎は、疲れ切って寝入ってしまいました。
久次は、お富に与三郎を殺すように促します。お富はためらいながらも承知して、与三郎に匕首を突き立てようとしたその時、久次はお富の刃物を自分に突き立てたのでした・・・。

パンフレットの筋書にはここまでしか書いていません。
ええっ?!なんでそうなるのっていう展開ですよね。七之助さんの与三郎もそういう反応します。
原作とコクーン歌舞伎ではラストが違っていて・・・。それはなかなか納得の結末でした。

あらすじを見た時は、与三郎は悪党な感じかと思っていたのですが、結構お坊ちゃんでヘタレです。
次々と悪事に手を出しちゃう与三郎とお富ですが、なぜかそんなに根が悪いようには思えません。
ただ、だらしない甘ったれなのかなと思います。
自分でしんどい思いして踏ん張らないで、人さまから楽して奪って面白く暮らそうとしちゃうんでしょうね。
知り合いにはなりたくないですが。

七之助さんは、女形姿も美しいですが、美男の役もお似合いでした。
何度か見栄をきる場面もあり・・・勘九郎さんの見栄も素晴らしいですが、頑張っていたと思います。
このダメンズぶりは、やはり真面目がにじみ出ちゃう勘九郎さんより七之助さんの方が似合っているかもしれません。

お富役の梅枝さんは、コクーン歌舞伎初参加。
双眼鏡で見てしまうと、白塗りのおじさんですけど(すみません、でも正直な感想ということで)、遠目に見ると美人に見えます。
浮世絵のお富に似ているかなとはちょっと思いました。

コクーン歌舞伎は古典とは違うので、現代的な演出も入るのが常ですが、今回は音楽にピアノやストリングスの洋楽器が加わっていました。セットも、歌舞伎の豪華な書き割りと違って、シンプルな橋や木枠を使って、様々な場面を組み立てていましたが、不自然に感じなくて、良かったです。

舞台はお高いので、なかなか興味あるだけで観に行くってできませんけど、今回は思い切って行って、楽しめました!
テーマ:歌舞伎
ジャンル:学問・文化・芸術
2018年05月15日 (火) | 編集 |
BSで放送しているジャニーズJr.の番組「ザ少年倶楽部」の公開録画に当選して、観に行ってきました!
6月上旬の2週分の録画でした。
私は少クラ毎週録画して見ているのですが、お恥ずかしながら最近の分はまだ見ていなくて、ABC-zの河合ふみきゅんとジャニーズWESTの桐山くんが3月末で司会卒業したことを知らず、ちょっと驚きました。
デビュー組で残っているのは、Sexyzoneと、デビューが決まったばかりのKing&Princeだけ。
他は全部Jr.で、特定の司会はいない様子。
正直、以前のバージョンを知っている身としては、質が落ちた感は否めません。
Jr.の出番は増えたので、Jr.ファンの方にはいいのかもしれませんけどね。

今回、身分証の確認があってデジタル発券(機械から印字される)でした。
少年倶楽部の観覧は2度目で、前回は2年ほど前ですが、多分まだチケットがもぎりだったと思います。
席は2階席の上手寄りで、見やすかったですが、クレーンが邪魔・・・って感じでした。

内容についてのネタバレは禁止なので、薄目に書かせていただきます。
前説は、スタッフの方がやっていましたが、1回目のオープニングを撮った後、HiHijetが出てきて、つないだりしていました。
シアタークリエでジャニーズ銀座をやっている話などしていました。
また、曲の間の待機時は、Jr.や出番待ちのセクゾがしゃべってくれる時もありました。
Snowmanは、前日千秋楽を迎えた滝沢歌舞伎のことを話していて、佐久間くんが毎日三宅健くんとお風呂に入っていたという話をしていました。「普通に毎日入っていたけど滝沢くんが言うには、昔は考えられなかったみたいだからね~」と話していましたが、ケンタッキー歌舞伎もつい1週間前に見たばかりだったので、ちょっとうれしかったです。

コラボ企画というのを毎回やっているようでしたが、この回は、風磨とABC-zの橋本くんとWESTの小瀧くんの3人によるコラボでした。KAT-TUNのシングル曲をやってくれたので、楽しめました!

今回、私の一番の見どころはキンプリの平野紫耀くん!!
デビュー曲でもあるドラマ主題歌を2回歌っていたので、2週とも歌うということだと思います。
王子様衣装で歌い踊る紫耀くんにうっとりでした。
キンプリがソロでかわるがわる歌う場面もありましたが、紫耀くんはサングラスをかけて登場し、取ってくれたのは最後だけだったので、少し残念。そのあとたっぷり見られるならいいけど、限られた出番なので、ちゃんと顔が見たかったです。。。

セクゾもドラマ挿入歌の新曲を2回歌っていました。
衣装はパステルカラーのゆるっとした感じで、自分たちで「パジャマ感強い」なんて言っていました。
曲間トークでは、ツアーで印象に残ったことは・・・というような話をしていて、「浜松餃子が美味しかった」とか言っていました。
これはOAにのると思いますが、ケンティはやたらと勝利くんに話を振って、健人「あなたには答える権利が・・・」 勝利「権利がある!」とか言わせていました。勝利くんが出演しているドラマ「Missデビル」の決め台詞ですね。
菜々緒さんもツアーを見にきてくれたという話もしていました。
「ドラマ毎週見ています」というケンティ。仲間思いなのね。
松島くんの質問コーナーもやっていましたよ。

東山さんのプロデュースコーナーでは、屋良くんがマッチの名曲「ハイティーン・ブギー」の振り付けを考えたようで、スノーマンとストーンズが演じていました。

ABC-zとWESTがいなくなり、その分セクゾやキンプリの出番が増えたわけでもなく・・・増えたのはJr.の出番という配分でした。
まだ正直物足りない感じですが、そのうちみんなに貫禄がついてくるのかなあ。
それを楽しみにして、今後も番組を見させていただきます。
テーマ:ジャニーズ
ジャンル:アイドル・芸能
2018年05月09日 (水) | 編集 |
今年も見て来ました!
V6三宅建くんの出演も3年目に突入のケンタッキー歌舞伎!

昨年は、ファンクラブでチケットが取れなくて、手に入ったチケットがめっちゃ見切れた席でトラウマに・・・(^^;
今年は無事ファンクラブで取れました。
1階の後方でしたが、花道側の通路脇で、Jr.は2回ほど、タッキーも1回通る機会があり、タッキーの衣装がちょっと肩をかすめる・・・なんてこともありましたよ(^◇^)

今年は、長谷川純くんが4年ぶりに出演しておりました。
もちろん、今やこの舞台に欠かせない存在となったSnowmanも出演しております。
ケンタッキーでCDデビューも決定。
あとは予備知識なしでの観劇でした。

昨年見切れ席だったし、SHOCKと違って複数回観ていないので、昨年との違いを語れるほど覚えていませんが、オープニングの感じからちょっと変わっていました。
女性ダンサーがバレーを踊り、絵本の1ページのような場面からスタート。
Jr.が客席通路を通ってステージに上がり、タッキーも登場してステージに並ぶ。
その後、いつもの山車からフライングするオープニングに流れていきました。

その後も、ずっとShowタイム。
タッキーがカッコよく歌って踊る。建ちゃんもカッコよく歌って踊る。
長谷純はタップダンスをしたり、健ちゃんやJr.が映像とダンスを融合させた演出があったり・・・という具合。

1幕の終盤に、これも定番の舞台上での生化粧。
ここでは、Jr.の林翔太くんと谷村龍一くんがおしゃべりで場を持たせます。
林くんが今年で13年目になる滝沢歌舞伎の映像作品をすべて見て厳選した名場面ということで、過去映像を紹介。
Hey!Sey!JUMPのメンバーや、キスマイ、エイトの横山くんが出ていた辺りは覚えていましたが、WESTのシゲちゃんもそういえば、日生劇場の時に出ていたね・・・忘れていたな・・・とか懐かしく見ておりました。

タッキー演出・健ちゃん衣装・五関くん振り付けというJr.のダンスがあり、お楽しみのケンタッキー・トークへ。
初期の頃はぎくしゃくしていましたが、すっかり二人の会話もこなれていました。
滝「東京公演は、あと1週間もないですよ。その後、御園座(名古屋)もありますけど」
健「なんで、そんな気が遠くなること言うんだよ」
滝「東京は52公演だったけど、名古屋は38公演なんで、そういう意味では・・・。東京は39日間で、名古屋は1か月弱ですけど」
健「要は1日2公演が多いんでしょ。オジサンには辛いやつだ」

朝が辛い・・・という話から、二人とも朝は顔がむくむという話に。
前日は休演日だったけど、二人でずっと仕事をしていたとのこと。
健ちゃんがタッキーに「顔むくんでるよ」と言ったけど、そういう健ちゃんもむくんでいたとのことで。
健「タッキーは本番はリカバリーしてきたよね。俺はむくんだままだったけど、本番大丈夫だったかな」
ケンタッキーのCM撮影と、二人で出すシングルのジャケット写真を撮影して、夜中の12時頃までかかったそうです。
建「面白かったね。でも、休演日は、休みたいよね」と言っておりました。

滝「初めて出たCMは、健くんのバックでしたよ」
健「子供用のプリンターのCMだよね。確か、岡田も出ていた・・・」
滝「僕は、あの時まだジャニーズに入って2週間で・・・」
健「ちょっと待って! ちょっと待って! 今、自分はエリートだってサラッとアピールした?!」
滝「サラッとじゃなくて、しっかりアピールしましたよ(笑)。入って半年で、ドラマの主演をしてね」

白塗りトークの後、滝沢歌舞伎ですが、今年はストーリーはなく、和風の踊りです。
タッキーが女形で、健ちゃんは立役(男役)でした。
ここも五関くんが振り付けたそうです。

(幕間)

後半もShowタイムは続きます。
義経もちょっとだけ復活。岩本くんが弁慶に扮し、五条大橋の場面をやりました。
ただし、担ぎをかぶって登場したタッキー義経は、タキシード姿。
桜の咲き乱れる五條大橋に、タキシードのタッキーが舞いましたが、これがすごく絵になっていて素敵でした。

裸で腹筋太鼓と変面は、前回と変わらない演目として入っていました。
腹筋太鼓のところも、Jr.が客席通路を通って登場します。うっすら爽やかな香りがしていました。

そして、ケン☆タッキーのシングル「逆転ラバーズ」も披露しています。
ニュースで見て、「ケンタッキー♪」と繰り返す明るい曲調から、コミカルな曲なのかと思っていましたが、案外カッコ良かったです。

終盤は、鼠小僧ですが・・・ここがすごく短くなっていました。
タッキーと健ちゃんが兄弟という設定は、冒頭に説明VTRで語られておしまい。
いきなり、鼠とお丸の掛け合い場面に突入します。

修学旅行生の紹介はやっていましたけどね。今日は秋田県横田市の生徒さんが来ていたようです。
タッキーのファンだという先生に、「今晩、ここ開いてるよ」と腕を差し出すタッキー・・・は定番ですが。
深澤くんこと小町娘のお丸は、「ていうか、あんたは毎晩開いているじゃないの」と突っ込み。
JUMPの伊野尾くんのファンだという生徒さんには、
丸「JUMPは他にも沢山いるわよねえ」
滝「伊野尾はないよな」
丸「じゃあ、せーので、JUMPなら誰か言いましょうよ」
二人で「山田涼介!」
丸「そうよね。山田くんよね~」
翌日は、ディズニーランドかシーの選択式・・・ということで、滝「今日はタッキー、明日はミッキー」とオチをつけていました。

佐久間くんのバカなお坊ちゃまや、渡辺くんの犬も半ば強引に登場。
タッキーが「今年の俺の相棒は、こいつだから」と岩本くんの犬が登場した下りは面白かったです。
その後は、すぐにラストの水まきシーンになり、最後に小判が待って終了。
「With LOVE」と「LOVE」のアンコールという形でした。

パンフレットの冒頭に、「言葉の壁を超えるパフォーマンスを目指し」「ショーで綴られるステージ」とありましたが。
歌舞伎は3分の1で、3分の2がShowとなっていました。
昨年は鼠は通常の長さだったと思うのに、今年は極端に短くなってしまったのは、新たな舞台の御園座に対応するためなのでしょうか・・・。
個人的には、鼠はもっとちゃんとした尺で見たかった。
1幕後半の和風ダンスも、イマイチ盛り上がらなかった・・・。
「歌舞伎」と銘打っているんだから、やっぱり石川五右衛門や八百屋お七もやった方がいいんじゃ・・・。
健ちゃんの女形も見たかった。
いい部分もありましたけど・・・例えば義経は、洋装のパフォーマンスもありだなと思いました。
健ちゃんのソロもカッコ良かった。やはりダンスは健ちゃんに一日の長があるなと思います。
でもね~・・・歌って踊るのはコンサートでもできるじゃないと思うんですよ。今回ほとんど洋装でしたしね。
正直私が観たいのはそこじゃないという気持ちが、今年は強かったです。タッキーごめん。
来年はマイナーチェンジしてくれるといいけど。
テーマ:滝沢秀明
ジャンル:アイドル・芸能
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。