ジャニーズ他のステージ・レポを中心に、興味あることを書いてます♪ KinKi Kids中心の本館もよろしく☆
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年05月21日 (日) | 編集 |
グローブ座で行われた、KAT-TUNの上田竜也くん主演の舞台を見て来ました。
グローブ座は久しぶり。上田くんの舞台を見るのは初めてです。
今回の舞台は、上田くんが演じる前提で作られたという舞台。
上田くんは、女性を6股かける役でコメディ・・・とのことだったので、普段の熱血で硬派な感じの上田くんと全然違っていて面白そうだと思っていました。

グローブ座は、小さめの劇場なので、とても近くてよいです。
今までは、かなりいい席と3階席の後ろしか座ったことがなかったのですが、今回は1階の後方でした。
ひな壇になっている席は、ちょっと座ってみたかったので、うれしかったです。
正面でなく脇の方だったので、前の人の頭がややかぶりましたが、見やすいお席でした。

お話は、上田くん演じるビジュアル系バンドのボーカル拓翔の部屋で最初から最後まで展開します。
メジャーデビューを控えた拓翔は、曲をかけなくて悩んでいます。
一緒に過ごしていた彼女の玲奈(清水くるみ)に、突然別れを切り出す拓翔。
玲奈は、「私と別れたら、拓翔が後悔する。だって、私は運命の相手だから」と言いますが、拓翔は強引に玲奈を追い出します。

その後、拓翔が呼び出したのは、元マネージャーで元カノの志保(早織)。
志保と曲づくりをしていると、一緒にバンドをやっているオカマの谷澤銅鑼(宮崎吐夢)もやってくる。
現在のマネージャーのそら(西田尚美)は、曲づくりを自分に相談してくれないのかとすねる。

そらは、38歳という設定で、自分の年齢を気にしていて、後ろ向きな性格・・・。
敏腕マネージャーとして拓翔を売り出したいが、ほかの女の子に拓翔がちやほやされるのは嫌・・・という鬱屈した思いを抱えています。
「拓翔と別れて、普通のサラリーマンと結婚する!」と言いますが、拓翔が「カッコいい俺と付き合った後で、サラリーマンと付き合えるわけないだろ」と返す・・・。
この辺りが、ちょっと自分の立場と被るので楽しかったです。

そのあとに登場するのは、アイドルの美海(青山美郷)。
清純派で売っていますが、平気でおならをしたり、かなりエキセントリックなキャラ。
拓翔は、美海のファン・・・という設定で、オタ芸を披露したりします(笑)。

谷澤は別として、ここまでで4人。
後の二人ですが、家政婦として雇った中国人のランラン(根本宗子)とファンファン(長井短)。
この二人は姉妹。姉のランラン役の根本さんは、この舞台の脚本・演出を手掛けた方でもあります。
ファンファンはすぐにリストカットしてしまう・・・という危ない子。
二人ともかなりぶっ飛んだ役で、お互いに好きでもないのですが、拓翔は二人とも関係を持つ・・・。

拓翔は、女性と関係を持つことで曲が書けるようになる・・・という事情があり、実は玲奈を愛していたのですが、玲奈との関係では音楽が作れない・・・と玲奈と別れる決心をしたのでした。
この後の展開については、文字で読んでも面白くないと思うので、是非劇場で。

ビジュアル系バンドのボーカル・・・という役は、見た目的に上田くんにぴったりで~。
パンフの写真を見たら、めっちゃ素敵でした。
そらが拓翔に「カッコいい~!」と何度も声をかける場面があるのですが、あれはまさに見ている私の心の叫びでしたね。
役柄としては、もっとチャラいのかなと思いましたが。
そこは、やはり上田くんの地がああいう感じなので、なんか憎めないというか、どこか真面目な感じというか。
「1人の女と付き合っていたら曲が書けない」なんて、普通の男が言ったら、浮気男のたわごとに聞こえちゃうと思うけど、上田くんが言うと、本当に仕事か彼女か悩んでいるんだな・・・という感じが伝わってくるんです。

玲奈みたいな思い込みの激しい女の子は、ちょっと怖いですけどね。
そこは舞台なので・・・っていうことでしょう。
リアルでは、この人が運命だなんて確信は持てないと思うけど。
感じ方がぴったり一致しているのが必ずしもいいとは限らないと思うけど。
違う相手を許容し受け入れるのが人間関係の基本だと思うけど。

でも笑えて、楽しかったです。
彼女達と何度も映画「ララランド」を観に行く場面もあったりして。
私も「ララランド」見たし、最近のことだし、タイムリーでそんなところも楽しかったです。
上田くんのために作られた舞台なので、シャドーをする場面があったり、「人数が減るとかそういう話はするな」というセリフがあったりもしました。
この後大阪公演もあるので、見に行かれるかたはお楽しみに。
スポンサーサイト
テーマ:KAT-TUN
ジャンル:アイドル・芸能
2015年08月28日 (金) | 編集 |
亀梨くんが久しぶりに主演した舞台を見て来ました!
演出は蜷川幸雄さん・・・なので、シアターコクーンだと思ったら、今回はもっと大きいオーチャードホールでした。蜷川さん初らしいです。
蜷川さんの舞台は、これまで森田剛くん主演舞台を何回か見ております。
蜷川さんの演出については、正直好きとはいいかねる部分がありまして・・・。舞台だからこそ出来る表現であり、世の中綺麗なばかりではないということかもしれませんが、あえて汚い部分を強調するような猥雑な世界を描くので。。。
今回も、性表現と便所は登場していましたが、亀ちゃんの爽やかなキャラクターで、その辺りがかなり中和されていたように感じました。
剛くんは、ナイーブで陰鬱な青年をやらせるとピカイチなので、蜷川さんの作風にマッチしすぎるのね~。だからこそ、蜷川さんが何度も剛くんと舞台をやったんでしょうけど。
真正の蜷川さんファンはご不満かもしれませんが、私としては亀ちゃんの清潔感に救われる思いが致しました。

相手役は、映画「バンクーバーの朝日」でも共演した高畑充希ちゃん。
今回は「音楽劇」なので、歌で気持ちを表現したりするのですが、充希ちゃんの歌声は、瑞々しくて聞いていて心地よかったです。
舞台の序盤、亀ちゃん演じる賢治と充希ちゃん演じる弓子が出会い、恋に落ちるので、亀ちゃんが弓子を嬉し恥ずかしで見つめる顔つきにキュンキュンきました~☆

スラム街に近代的なアパートが建てられることになり、住人に無償で提供されると聞いて、結婚してそこに住むことを夢見る二人。
しかし、賢治はアパートの工事現場で事故死した朝鮮人が、密かにコンクリートに塗り込められてしまう場面を目撃。
賢治は、死体のある場所に太陽の絵を描き、そこに死体があることを忘れないようにと「青い種子は太陽の中にある」と弓子に告げる。
二人は事件のことを警察に訴えるが、取り合ってもらえない。
次第に事件に取りつかれたようになる賢治に不安を募らせる弓子。
弓子には、「二人の未来を邪魔する真実がそんなに大事なの」と言われ、父には「みんなアパートの完成を楽しみにしているんだから、忘れた方がいい」と言われるが、賢治はアパートの建設を働きかけた政治家/早瀬鶴吉に会いに行って事件のことを訴える。
次の市長選を控えている鶴吉は、そんなことを話したら殺すと脅し、今の倍の給料で雇うと提案する。
ついには、膝を屈する賢治・・・。

この話は、実に暗示的です。
死んだ朝鮮人を、賢治は見知ってはいましたが名前も知らず、朝鮮人には家族もいません。
死体のことを訴えれば、鶴吉だけでなく、アパートに入居する予定の多くの人達が失望することになる。
賢治は良心に従おうとしますが、たった一人の命のために大勢の人が不利益を被る。見て見ぬふりをしても、誰からも責められることはなく、むしろ自分の利益になるのです。
賢治は、「便利なアパートの壁に死体が埋まっていても平気なのか」と訴えかけますが、現代で言うならば、沖縄の基地問題や原発問題と一緒ではないでしょうか。

最後もハッピーとは言いかねる終わり方をしますが、亀ちゃんが情熱的に充希ちゃんを抱きしめるのにも、キュンキュンしました(^^*

今回は、端っこだったけど一桁列で、今までで一番間近で亀ちゃんを観ることができてよかったです!
欲を言えば、もう少し正面で見たかったけど・・・結構見切れたから。
ステージは、かなりの傾斜がついています。バレエで使う・・・ということは知っていましたが、実際見たのは初めてでした。この中で踊るのは大変でしょうね。。。演技するのも、ちょっと足元ハラハラする部分がありました。
舞台には、奇妙なオブジェが並んでいます。パンフレットには、「ボッシュやブリューゲルの絵」と書いてありましたが、私がとっさに想像したのは、ピカソのゲルニカでした。
ゲルニカはスペイン内戦の犠牲者をテーマにしているようなので、当たらずとも遠からず?

ファン向け情報としましては、ロビーにプレゼントの受付があります。
亀ちゃんが客席通路を通る演出もあります。私は上手にいましたが、一度目の前を通ってくれました。
苦悩する亀ちゃんの演技素敵でした! 歌声も好き~。色々な意味で良かったです☆☆☆
テーマ:亀梨和也
ジャンル:アイドル・芸能
2015年05月09日 (土) | 編集 |
今日が初日で、明日が楽という、2日間だけのライブに行って来ました!
年末の大阪ドームのカウントダウンから約5ヶ月・・・その間に出たのは、シングルが2枚ということで、今回はアルバムが出ていない分、自由度の高いライブであるとのことでした。
中丸くんがメインMCでそう説明したら、
中「お客さんは、『で?』って顔していますね・・・」
亀「今、『で?』って顔したやつ、ステージに上がれ!!」とか言っていましたけどね。

「9uater」というタイトルは、結成から9周年(10年目に突入)ということで、数字の9を入れ、メンバーが4人であることから1/4という意味の「クオーター」と「9」をかけたとのこと。ロゴには、メンバーの4色のカラーが使われていましたが、その中央にはファンを意味する「-(ハイフン)」が入っていました。

ちなみに、今回のグッツは全てオススメとのことでしたが、開場時間に行ったところ、ショットグラスが売り切れておりました。
今回のペンライトは「リング型」となっていたので、「輪」ということで腕輪型を想像していたら、「指輪」の方でした(^^;
踊りたい方には向いているのでは~。緩めなので、指が細い一般的女子には抜けやすいかもしれませんが。
このリングライトについても、MCで「いいと思うか?」と質問して拍手で客席に応えてもらったところ、意外と賛成しない拍手が多くて・・・亀ちゃんが「馬鹿だな・・・これは俺達と皆の婚約指輪だよ!」というサービス発言もありました(*^^*)
正に、婚ということで。

セットは、メインステージの他に、アリーナにX型のレールが引いてありました。
開演前は、Xの先端に4つのムービングステージがある状態なのですが、スタートするとその4つのステージにそれぞれメンバーが登場します。
最初の曲は、「KISS KISS KISS」!
亀ちゃんはサングラスしている状態でした。取ってくれたのは、3曲目くらい。
ムービング・ステージが中央に向かって動き、合体してセンターステージとなります。
これも、「クオーター」のロゴを意識した演出でした。最初の方は、「LIPS」等誰もが知るシングル曲が続きます。

パンフレットに、丸い鏡を4つに分けたものを持つメンバーの写真が載っていましたが、その映像版が流れ、メンバーの過去のソロ曲の映像なども流れて、このパートがどのメンバーの演出か判る・・・というコーナーも。
最初は、亀ちゃんのプロデュースで・・・。
着物風衣装を着て、夜叉面をつけ、大きな扇を持ったメンバーが進み出てきます。
顔は見えませんが、首筋をなでおろす仕草で、亀ちゃんだと判り・・・。
メインステージとセンターステージをつなぐ通路の途中まで歩いてきて、大きな扇で顔を隠すと、足元に面が落ち・・・。
扇を閉じると亀ちゃんが色っぽく登場・・・!
ううん、流石亀ちゃん★
この後、他のメンバーも同じ衣装(赤系の着物風で、毛皮があしらわれており、めっちゃカッコイイ!!)で登場。
Jr.も一緒に扇を使ったり、和風アレンジの「楔」では和太鼓をやったり、和傘を使ったり、殺陣のような演出もあったりと・・・いやあど真ん中ストライクだわああww

その後は、上田くんの演出コーナー。
和風演出の最後、亀ちゃんが籠みたいなのに乗り込み、色っぽく障子を閉めるんだけど、その後、その中から今度は革ジャンを着た上田くんが登場。
タバコを吸いながら、障子の中から出てきて、階段に腰かけ、背後にタバコを投げ捨てると、障子にボッと炎が上がるという演出でスタート(タバコのポイ捨てはやめましょう)。
亀ちゃんと上田くんがエレキギターを持つ場面もあったり、ハードでカッコイイ演出となっていました。

この辺りでメインMC。
前記のように、コンサートのタイトルのこととか、グッツのこととかも話して・・・。
亀ちゃんは、「最近変顔やるクセが・・・」とか言いながら、カメラにやってみせたり。
レギュラー化した「世界一タメになる旅」のロケでは、田口くんが中学生に「入口出口~!」とからかわれた話も。
田「言ったら負けだと思って、言わなかった。ムカつくよね」
亀「俺達、普通に名前呼ばれるよね。中丸、とか亀、とか・・・」
上「俺は、『上田さん』だね」

中丸くんが突然、「ドラマ見たけどさ・・・一言で言うと、エロかったよね」と亀ちゃんに向かって言い出したりも。
中「あれは、どういう気持ちでやっているの?」
亀「いや、役の気持ちだよ。俺に何を期待しているの?」
その後、亀ちゃんが中丸くんのドラマでのキスシーンについて耳打ちで聞いたりもしていました。

亀ちゃんは「最近お笑いの勉強をしている」そうで、私の知らない芸人さんのネタをやっていました。
上田くんも別のをやって、中丸くんは「ゲッツ!」とやって、二人から「古い!」と言われておりましたが・・・お笑いに詳しくない私は、中丸くんレベルです。

後半は、Jr紹介からスタート。ちびっ子Jrもいて、名前は紹介されていませんでした。
田口くんの演出場面は、田口くんのソロダンスからスタート。
ブルーとシルバーの近未来的な衣装で、爽やかな印象の演出となっていました。

そして、中丸くんの演出は、もちろんヒューマン・ビートボックスからスタート。
VTRにアップになった顔に、心の声として字幕を被せながら、面白くやっていました。
地声で「こんばんは!」と叫ぶところもあり、字幕には「聞こえたことにしておこう」ってなっていたけど、ちゃんと天井席まで聞こえていたよ~。
その後、大阪ドームのカウントダウンでウケたからまたやっちゃいます・・・というVTRが流れ、メンバーがスロットで他のメンバーのソロ曲を歌う「忘年会」がスタート。
亀「一番早い忘年会だよ。もう、そんなに忘れたいことが?!」と言われつつ、スロットスタート。
田口くんが上田くんの「ART OF LIFE」
:バックに上半身を脱いだJrが付き・・・「おまえも脱げ」と言われて、田口くんも上裸になって歌い、最後はムキムキポーズしていました。
亀ちゃんが田口くんの「サムライ☆ラブ☆アタック」
:お客さんのあおり付き。最後、カメラに向かって放心した表情をしていた亀ちゃん
中丸くんが亀ちゃんの「Emerald」
上田くんが中丸くんの「クレセント」
:中「やるならちゃんとやって!」と言われ、赤いジャケットを着て歌っていました。
その後、「お客さんとKAT-TUNでReal Face」ということで、一緒に歌い、最後は「KAT-TUNが元気にパート曲を歌います」となって、「ありがとう」を上田くんと亀ちゃんが、「キラリト」を中丸くんと田口くんが歌いました。

この後、最後の盛り上がりへ。「Dead or Alive」など。

メンバーが最後の挨拶をすると、リハのVTRが流れていました。
そしてアンコール。
スタッフやJr、来れなかったファンの皆、この場にいるハイフンの君達・・・と順に拍手を送って終わりとなりました。

KAT-TUNはいい曲多いな~と今回特に思ったので、メンバーの狙いが当たったと思います。
カツンもシングル連続1位記録が続いているので・・・キンキはシングル出すスピードが遅いから、そのうち追い抜かれちゃうかもね・・・。
今回、ソロ曲は「忘年会」のところだけだったので、楽しみにしていた「離さないで愛」はなかったです(;;
そのうちやってくれるかなあ。
亀ちゃんの演出は、やっぱり好き!!とも今回再認識しました。

天井席だったので、全てが遠かったけど、もっと近くで見たかったけど、参加できてよかったです。
楽しかった~!!
テーマ:KAT-TUN
ジャンル:アイドル・芸能
2015年02月28日 (土) | 編集 |
亀梨和也くん主演映画、ジョーカー・ゲームを観てきました。
先月見た、「バンクーバーの朝日」と時代は同じ頃ですが、全く違う方向の映画です。
原作は人気小説とのことですが、私は読んでいません。

(物語)
陸軍で仲間を庇って上官を殺してしまった男(亀梨和也)は、死刑になるところを、D機関の結城(伊勢谷友介)に救われる。
日本初の諜報機関であるD機関のスパイとなった彼は、「嘉藤次郎」という名を与えられ、魔の都の駐米大使が持つというブラック・ノートを奪うミッションを受けることに。
駐米大使に近づき、ブラック・ノートを奪うため忍び込んだ嘉藤は、メイドのリン(深田恭子)が大使に無理に愛人にさせられそうになっているところを目撃し、思わず助けてしまう。

(感想)
一言で言うと、アニメっぽい。
嘉藤は、超人的な能力を持っているのですが、情にもろく、リンの色気についひっかかってしまう・・・という辺りが、ルパンですよね。リンも不二子ちゃんっぽいし。
細かいところは、色々突っ込みもありますが(フィルムは人体より先に燃えると思う・・・とかね)、エンターティメントとしては楽しめます。亀ちゃんの主演をイメージして脚本や演出を考えたようなので、亀ちゃんの体育会系だけどフェミニストな感じがキャラクターに行かされている感じがしました。

深田恭子ちゃんもカッコよかった~。牛小屋のラブシーンも素敵でした。
ムチであんなに打たれたら、普通は動けないよ・・・とかいう突っ込みは置いておいてね。

アクションシーンは、日テレで予告番組見すぎて、ほぼ初見じゃなかったけど、テンポ良かったし、痛快でした。
映像やテンポを楽しみ、細かいところには目をつぶる広い心で見ればよい作品です。
私は突っ込みつつ楽しむ派ですけどね。
暴力シーンが多いわりには悲惨な感じがしなくて、終わった途端に次の任地に送られる嘉藤にも、何故か悲壮感はなくて、スパイ映画というよりは冒険アニメの趣でした。
深く考えずに楽しめる映画だと思います。
テーマ:亀梨和也
ジャンル:アイドル・芸能
2015年01月05日 (月) | 編集 |
映画「バンクーバーの朝日」を観て来ました!
観るキッカケとしては、亀梨くんと野球という好きな組み合わせだったから。
フジテレビ協賛なので、やたら予告や宣伝を事前に観てしまい、やや食傷気味かな・・・と思いつつ観に行ったのですが。

映画を観てみたら、その辺りは気にならなかったです。
実話を元にしているので、ドキュメンタリーのようなつくりで、音響がシンプルで、淡々と場面が切り取られているのが、とてもいい感じでした。
予告では、「感動作」って連呼されていて、感動を押し付けられている感があったのですが、じんわり胸に沁みました。

舞台は、第二次大戦直前のカナダのバンクーバー。
日系移民2世達の野球チームのバンクーバー朝日は、勝利するどころか点を取ることもままならない弱小チーム。
身体の大きな白人チームに、白人を贔屓する審判。安い賃金で長時間働かせられながら、時間を作っては野球をする青年達を、同じ日本人の仲間も冷ややかな目で見ていた。

主人公の妻夫木くん演じるキャプテンのレジーは、口ベタでいつも謝ってばかりいる弱腰な青年ですが、とにかく野球が好き。理不尽な扱いを受けても、いつも謝ってばかりいる柔らかな役を、妻夫木くんが好演しています。
一方亀梨くん演じるロイは、実力あるエース・ピッチャーですが、尖っていて仲間から浮いている。でも、実物の亀ちゃんは周りを見られる人ですから、そういう雰囲気は滲み出ちゃっている気がしましたが。

体格差を越えてなんとか勝つことが出来ないかと考えたレジーは、バントや盗塁で進塁することを思いつく。
やがて懸命に勝利を狙う朝日軍の戦いは、日本人だけでなく、カナダの人々にも受け入れられていくのだが・・・。

やっぱりスポーツっていいよね。でも、それだけでは越えられないものがあるのも事実・・・。
私は1年数ヶ月前に、カナダを旅行しまして、その時思ったのは、安全だし人当たりがとてもいいな・・・ということでした。
現地のガイドさんも、カナダに惹かれて移住した人で、「カナダは移民の国なので、他国の文化を上手く受け入れています」ということを言っていました。でも、そこにたどり着くまでには、色々あったということなんでしょうね。

亀梨くんファン的には、チームのメンバーで入浴するシーンがありまして(湯船につかっているので、肩しか見えませんよ)。イケ面風呂だな~・・・でも、やっぱり亀ちゃんが一番色っぽいな~・・・などと悦に入ってしまいました(^¬^)
中々オススメの作品です。先入観なく見た方が感動できる気がしました。
テーマ:亀梨和也
ジャンル:アイドル・芸能
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。