ジャニーズ他のステージ・レポを中心に、興味あることを書いてます♪ KinKi Kids中心の本館もよろしく☆
2017年04月07日 (金) | 編集 |
更新が遅くなりましたが、SHOCKの私的千秋楽は1495回公演でした。
ボケもほぼ同じで、あまり書くことはなかったのですが・・・。

屋上のシーンの後、屋良にドライブに誘われたリカの答えがちょっと違っていました。
「い、や~!」だったかな。
それを受けて、文ちゃんが屋良くんに何かリアクションしていましたが、遠くてわからなかったです。

前回もやっていたけど、書き忘れたこと。
オンブロードウェイの幕間、楽屋のおばちゃんとの掛け合いで、おばちゃんが光一の持っていた銃におびえる場面の後、「小道グー!」と親指を立てる二人。
「どこから来たの?」「インド」からの「なまはげ」は定番化したようです。

1500回公演達成おめでとうございます!
今年は、大阪・福岡の公演も復活。
内くんバージョンも見たい・・・文ちゃんとの絡みは今度は文ちゃんが先輩になるのかな~とか思うと。でも、遠征はしない予定です。
まもなく待望のサントラも発売になるので、楽しみです!
スポンサーサイト
テーマ:堂本光一
ジャンル:アイドル・芸能
2017年03月12日 (日) | 編集 |
今期2度目のSHOCK観劇。1471回公演でした。

今回気づいたことや、アドリブを中心に書かせていただきます。

今回加入の浜中文ちゃん。前回も書きましたが、今までと違って、後輩だけど屋良くんと対等、光一とも近い感じの関係性が新鮮です。
前回書き忘れましたが、千秋楽の後のバックステージで、リカに指輪を渡そうとして失敗した屋良は、文ちゃんに「ダメだったじゃないか・・・」と不満げだけど対等な感じで言うのですが、文ちゃんは、「見本を見せる」とふざけた渡し方を実践。そうして差し出した先がオーナーだった・・・という流れになっていました。
公園のシーンでも、「屋良くんなら、張り切って先に出て行った」と文ちゃんが言うと、「また変なこと吹き込んだんだろう」と言われていました。
登場した屋良くんのヒョウ柄衣装はリカ「ピコ太郎よね?」 光一「ピコ太郎だろ」と言われてたけど・・・ピコ太郎が流行る前から着ていたけどね・・・時事ネタということで。

屋上の場面では、福田くんが「新しい公演のこと教えろよ・・・シェークスピア?」と繰り返し、「あいつ、シェークスピアのこと分かってないな」とつぶやく光一。
オーナーと二人になって、光一がハケる時も、「福田にハムレットやリチャード三世をレクチャーして来ます」と言ってました。

オン・ブロードウェイでのショーの幕間。
ソロリティーの後、倒れたままの光一と楽屋のおばちゃんの掛け合いが恒例ですが・・・。
いつも「おばちゃん、どこから来たの」と光一が聞いて、「千葉」とかが定番。
今回は「インド」と答えるおばちゃん。「遠いところからご苦労さん」と定石通りに答えた光ちゃんでしたが、おばちゃんは「ナマハゲ・・・じゃない、ナマステ」と言って、光一が小道具の銃でおばちゃんに狙いを定める・・・という展開が新しかった(笑)。
その後の、屋良が荒れる場面では、止めに入るのは文ちゃん。
屋良くんの暴れ方もかなり派手目になったような。

階段落ちの前、屋良くんも顔に血糊つけていますね。今までは、屋良くんはついてなかった気がします。

(後半)
これは変わったところじゃないけど・・・リチャード三世では、屋良くんと入れ替わって去る時の光一の悪い笑みが痺れる~!

光一が帰ってきた場面では、松崎くんの投げたステッキを何度も叩き落とす光一(^◇^;)
いったん受け取った帽子も床にたたきつける。。。
最後は、投げずにステッキを手渡していたマッツーでした。

帰ってきた光一を文ちゃんが迎えるとき、前回はハイタッチだったけど、今回はがっちり手を握りあっていました。
光一の変化に気づいた文ちゃんが何かいいかけますが、その前に他の後輩が話しかけてきて、言えないままになります。
今回も、海斗くんに「お帰り、光ちゃん」と言われて、「おまえに光ちゃんって言われるの、気持ちいい~!」「海斗と元太の歳を足したより俺の方が上なんだよな~。ああ、ビックリ」という光一でした。

光一が死んだとリカが暴露する場面では、今までは歴代リカが大体悲しげに言っていましたが、怒ったように叫んでいました。ちょっと新しい。
そして、今回はやはり結構しっかりリカと抱き合うよね~。ああ、リカになりたい。

屋良くんが光一の手を握る場面では、一回ハッとして離し、寂しそうに離れかけた光一の手を再び握る演出復活。
前回はたまたまやらなかったのかな?

ラストの大桜で福ちゃん・マッツー・海斗の3人に運ばれて行く光ちゃんがちょっと笑っていた~。
なんでかわからないけど。ちょっとくすぐったかったとか?

最後の挨拶は「3月に入り、公演も折り返し。でも千秋楽まではまだ長いです。千秋楽には1500回公演を迎えますが、いつも言っていることですが、今日がベストの公演となるように、スタッフ一丸となって1公演1公演演じて行きたい」というものでした。
何度見ても、やっぱりいいよね。SHOCKは・・・。
公演も半ばなので、だいぶキャストもこなれて来ていました。
3度目は、ラス近くに見に行きます★
テーマ:堂本光一
ジャンル:アイドル・芸能
2017年02月10日 (金) | 編集 |
今期初SHOCKに行って来ました!

ライバル役の屋良くん、オーナー役の前田美波里さん、ふぉーゆーの福田くんと松崎くんなど、いつものメンバーがそろっていましたが、今年はキャストを半分以上入れ替えたそうです。
そういえば、ダンサーさんが変わっていたように思います。

ヒロインのリカ役は、松浦雅さん。NHKの朝ドラにも出演したことのある女優さんとのこと。
キュート系で、自分に正直なイマドキなリカという印象でした。

Jr.では、関西Jr.の浜中文ちゃん。寺西くんと松田元太くんの3人が新加入で、松倉海斗くんは3年目とのこと。
浜中文ちゃんの加入は、今年のSHOCKに新しい風を入れてくれた感じでした。
屋良くんと対等な友人という感じの落ち着いた文ちゃんが入ったことで、ふぉーゆーの二人は光一側につくことができたし、今までの屋良側のJr.とは違う雰囲気が出ていました!

そのあたりも含めて、今年の変更点や気づいたところを書いて行きます。

最初の方は、特に変更点はありません。
最初のオフ・ブロードウェイのショーでは、光一がいったんハケて、写真の後ろから登場する場面・・・。
通常は、台の上に立って両手を広げたようなポーズをしていますが、左右から動いた写真が交差して、台座が見えたとき、光ちゃんが台の上に這いつくばっていて、驚きました。
すぐに台から降りて、普通に進行していましたので、多分衣装が引っかかったとかではないかと思いますが・・・。

オフブロードウェイの千秋楽の舞台裏で、屋良がリカに指輪を渡す場面では、屋良くんは文ちゃんを頼りにしてアドバイスしてもらっている感じで、うまくいかなかったときも、対等な感じで文句を言っていたので、ここで「おや? ちょっと違うな~」と思いました。

そんな屋良くんは、今年はやや抑えめな演技。
屋上にリカを追いかけていく場面でも、昨年までは指輪を手に笑顔で勢いよく飛び込んでいく感じでしたが、今年はもうリカの気持ちに気づいているかのように、静かに登場。リカは、屋良のことが目に入らない感じで光一を見つめていて、その後ろに立ち尽くす屋良・・・という感じになっていました。

オーナーと光一の会話の後、ビルの下をカンパニーのメンバーが通っていく場面、屋良がリカをドライブに誘いますが、リカは「いいわね! 今度またみんなで行きましょう!」と本当に気づいていないのか、交わしているのかわからない明るい口調でスカしてました。

カンパニーのメンバーで公園に行く場面で、屋良の指輪をもっていってしまうのは、女性ダンサーから黒人の男性ダンサー(女装している)になっていました。
光一がナオキを見かけるその場面も少し変更になっていて、ナオキのパーカッションの演奏に対して、以前はギャラリーが感心して眺めている感じでしたが、今回から手拍子をして一緒に盛り上がっている感じになっていました。

オンブロードウェイのショーの幕間でも、激高する屋良を抑えようとするのは、福ちゃんじゃなく文ちゃんでした。
ジャパネスクの殺陣の場面も少し変わっていて、今まではずっと軍対軍の大勢での戦いでしたが、途中光一と屋良だけの対決のシーンが加えられていました。

そして後半。
お楽しみの光一が劇場に戻ってくる場面は、最初の方のせいか、アドリブ薄目。
前半のアクシデントに何かコメント入れてくれるかなと思ったけど、特になく・・・。
そして、ここでもちょっとしたアクシデントが。
オーナーと光一が踊りだす場面で、松崎くんが光ちゃんにステッキを投げますが、受け取るときどうやら、どこかに当たってしまったようで・・・。痛がって、しばらく歌いだせない光ちゃん。生オケなので、合わせてくれて、「俺のステージへ~」から歌いだしていましたが。。。大丈夫ですか~(^^;

そして、屋良が出演するオンブロードウェイに光一が乱入の後・・・。
光一が文ちゃんとハイタッチする場面があります。ここで、ハッとした顔をする文ちゃん。
そう、今まではリカとオーナーのみが光一が実は死んでいることに気づいている設定でしたが、今回文ちゃんはリカの暴露の前に光一の死に気づくのです。これは見た目は小さな変化でしたが、ストーリー的には結構大きいように私は感じました。

いつもながら、若いJr.絡みもあり、今回は海斗くんに光「おまえに光ちゃんって言われると気持ちいい~」と言ったり、「海斗と元太の二人の年齢足したより俺の年、上なんだよな~」と苦笑したりしていました。

そして、屋良くんが光一の死を受け入れる場面でもちょっとした変化が。
今までは、光一の手をつかんだ屋良が、一瞬ハッとして手を離し、寂しそうに離れかけた光一の手を再び掴む・・・となっていましたが、今回は最初から屋良くんは光一の手をつかんで離しません。ちょっと大人になった屋良という感じでしょうか。

また、今までのリカは光一に抱き着くとき、膝あたりに抱き着いてましたが、今回のリカは結構まともに抱き着いているので、ちょっとイラッと・・・あ、いや、すみません。個人的感情です。

最後のステージの流れに変化はなかったと思います。
アンコールの挨拶では、キャストが半分以上変わったこと、後輩たちががんばってくれていることなど話し、光「千秋楽までまだまだありますが、キャスト一同、毎日が最上の公演のつもりで頑張ってまいります」と話していました。

今回の印象は、地味だけど結構大きい文ちゃんの存在・・・というのが強かったです。
まだ始まったばかりで、常連キャストの福ちゃん&マッツーもまだ固めな印象でしたが、今後キャストがこなれてくれば、さらに面白くなるのではないかと期待しています。
3月公演も見に行く予定なので、楽しみです★
テーマ:堂本光一
ジャンル:アイドル・芸能
2017年01月01日 (日) | 編集 |
私の愛するKinKi Kidsが今年は紅白初出場でした!
登場直前にゴジラ演出があって、なんだかな…だったけど、冷静に流して「硝子の少年」を歌っていましたね。
この選曲もファンとしてはキンキファンじゃない方々にも受け入れてもらうために仕方ない的感覚でいましたが、コンサートで踊ってなかった硝子の少年のダンスが見られたので、思ったより良かったです(^O^)
視聴者投票は断然白が勝っていたのに、最後は紅組勝利だったので、かぐちゃんもびっくりしました(‥;)

カウントダウンのオープニングが紅白組のTOKIOだったのもちょっと驚いた~☆
カウントダウンの仕切りはTOKIOがやっていました。
キンキはVTR出演でしたが、ファンのフェイバリットソング「愛のかたまり」でした!
そして新年を迎え…長瀬くんが今年も「光ちゃんおめでとう」を言ってくれました(o^^o)
毎年ありがとうね、長ちゃん!
年男ユニットが恒例ですが、酉年生まれの人は結構多くて11人もいました。私も実は酉年なので…翼くんとは一回り、山ちゃんや知念くんとは二回り違うのかあとちょっとガクゼン(^◇^;)
光ちゃんのいないアンダルシアは寂しすぎますが、他グループの曲を歌う企画は結構良かったです。
キンキはVTRで「永遠のbloods」もやらせてもらっていました。
最近ずっと会場に来れてなかった嵐は司会の相葉ちゃん以外の4人がドームに駆けつけていました。
今後しばらくはこういう形で行くのかなと思います。

明けましておめでとう&光ちゃん誕生日おめでとう!
次は帝劇で会えるのを楽しみにしてます(〃▽〃)
テーマ:KinKi Kids
ジャンル:アイドル・芸能
2016年12月24日 (土) | 編集 |
前日に続き、20周年のドームコンに参加しました。

今日も、オープニングのキスミスの「君がほしい」で剛が光ちゃんを指さし、照れ笑いの光ちゃんでした★☆★

さて本日のMCは・・・。
いつもはお正月に東京ドームでコンサートをしているという話から。
光「明日は、クリスマス・イブか! 明後日がクリスマス当日ですか。全然意識してなかった」
剛「僕たちは・・・って言っちゃいけないか。僕は、クリスマスとか全く関係なく生きていますからね」
光「みんな、やっぱり、クリスマスにコンサートして欲しかったの?」
(客席の賛同を見て)
光「今、喜んだ人は、お一人様でクリスマス過ごす人やな! クリスマスは彼氏と過ごしますっていう人・・・」
(客席の反応を見て)
光「少なっ! もう少しいてくれや」
剛「そうですねえ・・・。でも、『おまえもな!』って思っている人もいると思いますよ」
光「いつも年齢の話をすると思っているでしょうけど、僕らも20年やっていて、いいオッサンですから。デビュー前から応援してくれているという方たちは、それなりの年齢ですよね。私は家庭を持っていますっていう人・・・」「俺らの先を越したな」
剛「どこかで出会ったんでしょうねえ」
光「それでも、来ていただいて、ありがとうございます」

光「おまえ、俺より髪長いやないか!」
剛「今日気づいたんですか。昨日気づいて下さいよ」
光「いや、キンキ・キッズっていうとね、俺がロンゲの方って言われるんですよ。そういうイメージがあるんだけど、今は俺の方が短いよな」
剛「おまえが短いから、バランスとっているんですよ。・・・っていうか、銀魂あったから、髪伸ばして下さいって言われた関係もあってね」
光「そう言えば、映画撮ったんだよね。いつ公開だっけ」
剛「夏ですね。詳しいことは、お客さんの方が知っています」
光「(苦笑)もっとちゃんと宣伝した方がいいよ」

光「あ、あれ・・・言っていいのかな・・・」
剛「何? ちょっと確かめてみて」と光ちゃんに近づいてゆく。
客席から歓声が上がり、みんな光ちゃんが剛に耳打ちするのかと期待したのですが・・・。
光「マイク通さないで?」
剛「マイク通したら、確かめることにならへんやないか」
光「職業病なのかもしれないですけど、ステージ上でマイク通さないで話すのドキドキするんですよ。すいません、俺のマイクオフにしてもらえます? こうして(マイクを構えたまま)話しますから」
そして、光ちゃんの方のマイクをオフにしてもらって確かめてみたところ、剛「それは全然話していいですよ」ということに。

光「誰がゲストの時だったか忘れたけど、ブンブブーンの収録の時・・・カヌーの時だったかな。俺の衣装が半ズボンだったんですよ。俺、半ズボン似合わない人なんで・・・」
剛「オフの時しか履きませんよね」
光「いや、履いたことない・・・(苦笑)。俺、半ズボンないですよね、ってスタイリストさんに言ったら、『ないね!』っていうことになって。剛くんに履いてもらえばいいんちゃう?って言ったら、『いや、剛くんはダメです』っていうから、『なんで? 剛ならいいやろ』って言ったら、『剛くん、今すね毛ないんです』って・・・」
剛「いや、福田監督に『堂本剛に悪役をやらせたい』って言われたんですけど、原作読んでみたら、僕と全然違うし、ちょっと違うんじゃないですかって言ったんですけど、『いや、そこをあえて』とか言われて、ボケはありますか?って聞いたら、『ボケはありません』って言うし、なんかやる気でえへんわ~って感じで」
光「すみません。もっと仕事にやる気出してもらっていいですか?」
剛「まあ、やることになったんですけど、おかんに『悪役やることになったから』って電話して、監督におかんと電話で話してもらって・・・」
光「ちょっと待って。意味わからない! おかんと監督が話したの?!」
剛「いや、ここがおもろいのよ。監督がおかんに『剛くんに悪役をやってもらうことになりました』って話したら、おかんが『そいう年になりましたか』って言ったって。年は関係ないと思うんやけどな」
剛「スケジュールもちょっとタイトだったのよ。アリーナツアーの前に撮ってましたからね。それで髪伸ばしてくれっていわれて、髪伸ばして、衣装あわせとかもして、監督もOKしてたから、これでいいと思って当日スタンバイしていたら、スタッフの人が来て『あの、すみません。剛さんのすね毛をそってほしいっていうことなんですけど』って言われて。『いや、ここ映る? 着物やし・・・』『いや、ちょっと映る可能性があるんで。漫画なんで』って言われて、朝の8時から髭剃りみたいなので剃って・・・」
雨天のせいでロケが延期となり、2度も剃ることになったと話す剛。
お風呂に入ると、すね毛がないと自分の足じゃないみたいで気持悪かったとか(見た目ではなく、お湯に入った感触が)。光ちゃんにも「もし、役作りで剃ることがあったら、俺がそう言ってたなって思い出して」と言っていました。
剛「エリザベスっていうキャラクターをやりたかった。エリザベスなら、すね毛ぼーぼーやし・・・」
光「すみません。15分も毛の話をしちゃいました」

剛が光ちゃんのことを「実は女です」とか言ったのを否定した後・・・。
光「その辺の人より俺の方がおっぱいあるかもしれないけどな」と言い出し、光「ちょっと触ってみる?」と言って、剛が光ちゃんの胸をもむ(笑)。
自分から触らせた光ちゃんでしたが、光「いや、おかしい、おかしい! 5万5千人の前で、胸もまれるって・・・」
剛「じゃあ、おまえも俺の胸もんでみる?」と、今度は光ちゃんが剛の胸をもむ・・・。
光「変態グループやな!!」

前日に続いて、FNS歌謡祭第二夜で、歌詞を間違えたことも話していて、
剛「今年一番面白かったわ~」
光「おまえ、よく動揺せえへんかったな!」
剛「いや、ここで動揺したら、それで終わりでしょ」
光「一瞬止めようかとも思ったんやけどな。止めた人いたやん・・・Xやったっけ。それ見ていて、ちょっとカッコいいって思ったんだよね。だけど、アカペラやったから、止めるって言ってもなあ・・・」
剛「いや、あれ最高やったよ。テレビっていうのは、ガチガチに決まっているものやん。特に生放送は・・・でも、ライブやからね。何が起こるかわからないドキドキ感を提供していけば、テレビの前から人はいなくならないと思うよ。だから、あえてそれを流すっていうね・・・」
光「いやっ・・・それは違うと思う。俺は失敗したくないと思っているんですけど。もうないように気を付けます」
そして、「としふみ踊りだす」を二人でまた歌い、光ちゃんがとしふみの踊りをやって見せて、「手を打ち、足踏み鳴らしているでしょ?」と言っていました。

健さんや堂島くんとも絡んでいましたよ。
堂島くんに曲を書いてもらったと紹介したところ、歓声が大きかったので、光「ちょっと待って! 今日一番の歓声やないか!!」と言ったり。
光「こんな顔してますけど、きれいなメロディー書きますからね」
堂島「顔は関係ないでしょ」なんてやり取りもありました。

健さんは剛がオープニングで「堂本剛と吉田健子です」と言ったことが、ずっと引っかかっていたようで・・・。
剛「いや、ナチュラルで言っちゃっただけです。健さん真面目やから、演奏しながら、ずっと気になってたんやろな」

ツアーを一緒に回って、バンドメンバーとも仲良くなったとのこと。
剛がソロコーナーのセッションについて、光「剛のいつものバンドと違うでしょうけど」と言われ、
剛「今回のバンドは真面目な人ばかりなので。僕のいつものバンドは変な人ばっかりですからね~」なんて言う場面もありました。
ソロコーナーについては、光「今までは、お互いソロでやっていることをキンキではやらないようにしていた部分がありましたが、ジャニーさんに『ソロもあって、キンキなんだよ』と言われたこともあって、今回はソロコーナーを作りました」という話もしていました。

今日も帰り際、光ちゃんが「じゃあ、さよなら、シンデレラ」とか言って、客席を沸かせていました。
光「紅白で会いましょう」とも言っていましたよ。
Wアンコールはなかったです。

前日はスタンド下段後方だったのですが、丁度私の前に背の高い人がいて、さらにステージの方向に鉄塔が被っていて、見切れが多かったのですが、今日はスタンド上段でしたけど、正面側で視界が開けていたので、意外と見やすかったです。
今年の生キンキおさめ。仲良しっぷりも見られてよかったです★
癒された~!! これで年末年始がんばれそうです^^
テーマ:KinKi Kids
ジャンル:アイドル・芸能