ジャニーズ他のステージ・レポを中心に、興味あることを書いてます♪ KinKi Kids中心の本館もよろしく☆
2009年07月20日 (月) | 編集 |
明日、大地真央主演、今井翼くん出演の舞台、ガブリエル・シャネルをまた見に行きます。
先日初演を見た後、1冊くらい本を読んで作品に理解を深めておきたいな~・・・と思い、選んだのは

シャネル/藤本ひとみ著(講談社文庫)

こちらは小説になります。
もっと、史実を解説したノンフィクションのようなものがいいかな~・・・とも思ったのですが、元々藤本ひとみさんの作品が好きだったので、次の公演までに確実に読みきれる1冊として選びました。

藤本ひとみさんは、フランスの歴史小説を沢山書いています。
ジュニア小説や現代物の作品もありますが、私は主にそうした歴史小説を読んでいて、どれもあまりハズレがないと思うので、興味のある方は、他の作品も読んでみてはいかがでしょうか。

藤本ひとみの著書

藤本ひとみさんの作品は、才能ある若者が、自分の才覚で頭角を現していく・・・という痛快な物語が多いように思えます。ただし、性描写や残酷な描写が多目ですので、お嫌いな方はご注意下さい。

その点は、今回読んだ「シャネル」は大丈夫です。
物語は、ガブリエルが姉のジュリアと共に、修道院に預けられるところから始まります。
美人で愛想のいいジュリアに対して、ガブリエルはやせっぽちで素直になれない強情な娘。
修道院で、裕福な子供達との差に腹を立てるガブリエル・・・というのは、お芝居の中にも登場していましたが、この辺りの活き活きとした描写は、藤本ひとみさんの真骨頂という感じです。

細かい点は違っていましたが、お芝居の内容と小説で、大きな差はなかったので、シャネルの一生の物語としては、通説的な内容だったのかなと思いました。
なまじ資料があるためか、後半は藤本さんのダイナミズムが抑え気味な印象を受け、作品としての評価は、藤本さんの他の作品と比べると、私の中では高くはないです。
でも、ストーリーの理解を深める、軽い読み物という点では悪くないと思います。

小説と舞台で、一番大きな違いは、小説ではシャネルが結婚したがっていることでしょうか。
舞台では、ガブリエルはカペルへの愛を貫いて結婚しなかった・・・ように描かれていましたが、小説では、結婚したいという気持ちがありながら、様々な理由から結婚できなかったように描かれていました。

シャネルの一生の物語の流れをつかむ、入門書としてはよろしいと思います。
純粋に面白い小説という視点で評価すると、60点くらいかな~。

ブログランキング ブログ村  カワイイ☆ブログランキング

スポンサーサイト
テーマ:最近読んだ本
ジャンル:本・雑誌
2006年07月04日 (火) | 編集 |
ワールド・カップの決勝リーグが大詰めを迎える中、中田英寿選手が、プロサッカーからの引退を表明しました。
日本代表から退くことは予想していたことだったのですが、まさか現役を引退するとは思っていませんでした。
私は格別中田ファンという訳ではありませんし、サッカーに詳しい訳でもありませんが、やはり感慨深いものがあります。

さて、ワールド・カップに向けて、私は気分を盛り上げるため、サッカーを題材にした小説を読んでいましたので、ご紹介します。
予選が始まった頃に読み始めたのは、この時期に合わせて文庫化された、野沢尚/龍時03-04。
あの、「深紅」などの小説や、「眠れる森」などの脚本家としてもお馴染みの作者による、純然たるサッカー小説です。
この「龍時」は、シリーズとなっていて、03-04は3作目。そして、最後の作品となってしまいました。
日本のサッカーに限界を感じたリュウジが、スペインのプロリーグに入り、悩みながら成長していく姿を描いているのですが、03-04ではリュウジが日本代表に加わって、オリンピックに出場します。
日本対ギリシャ、スペイン戦、韓国戦、そしてブラジル戦と・・・。
とにかく、圧倒的にリアルな試合描写は、プロのサッカー選手が読むに耐え、同時に素人が読んでも満足のいくものを目指したというだけはあります。
読者は、リュウジたちと一緒に、ピッチを駆け抜ける感覚を味わえます。
作品の最後に、日本テレビのサッカー解説でもお馴染みの中西哲生さんの解説が載っていますが、思わず泣いてしまいました。
この龍時の続きがもう読めないということが、それ程の喪失感だったのです。

・・・そこで、私は次もまたサッカー小説を読み始めました。
それは、村上龍/悪魔のパス 天使のゴールです。
ベスト・セラーとしてあまりにも有名な作品ですが、龍時の後では、正直物足りない部分がありました。
それは、選手の目線で書かれた龍時に対して、「悪魔の~」は観客の目線で描かれ、またミステリーの要素もあって、私が求めていたものとは微妙に違っていたせいだと思います。
そのせいで、中々読み進まなかったのですが・・・。
昨日、中田選手の引退を聞いて、俄然面白く思えるようになりました。
何故かと言うと、この本の末尾に中田選手が文章を寄せていて、その中で、登場するライターとサッカー選手の関係が、自分と著者の関係に似ている・・・という意味のことを書いてあるんですよ。
実はまだ読み終わってないのですが、そういう理由でタイムリーだと思えたので、オススメいたします。

そうそう、映画「ゴール!」にも中田選手が登場するとのことでしたね。
1部は先日見まして、面白かったので、2部・3部と見るつもりだったので、楽しみです。
あの倒れて動かない中田選手・・・そして、ベッカムの涙なども、映画館で見れるかもしれませんね。

ブログランキング ブログ村  カワイイ☆ブログランキング

テーマ:ブックレビュー
ジャンル:小説・文学
2006年06月28日 (水) | 編集 |
今朝のニュースで、ハリー・ポッター・シリーズの作者が、「主要登場人物のうち2人が死ぬ」と発言したことが話題となっていました。
先日翻訳版も発売された第6巻「謎のプリンス」を読んで、ハリーの世界観にどっぷりだった私は、軽くショックでした。
ロン、ハーマイオニー、そしてハリー・・・。そのうちの二人が死んでしまう?! ええっ・・・!!
そして、当然誰が生き残るのかと考えたとき、それがハリーだったらあまりにも可哀想と思ってしまいました。
だって、両親のいないハリーにとって、ロンとハーマイオニーは唯一の心の支えと言ってもいい存在だと思うのですよ。
それで、じゃあ誰が生き残れば、一番強く生きていってくれるだろうか・・・と思ったときに、私はハーマイオニーだと思いました。

そしてふと思ったんです。
ハーマイオニーは、JK・ローリングが自分をモデルにしたと言っているキャラクターです。それに、ハーマイオニーはマグル出身・・・。
私は、ハーマイオニーが生き残り、そしてハリー・ポッターの物語をマグルの世界に発表した・・・という結末を思い描いたんですけど、どうでしょう?!
とにかく、早く続きが読みたくて仕方ないのですけど、すでに書き上げているという最終巻は、今のところ発売未定とか・・・。
いやがらせなんかしないから、早く読ませて下さい!!
お待ちしておりますvV

ブログランキング ブログ村  カワイイ☆ブログランキング

テーマ:読みたいor欲しい本
ジャンル:本・雑誌
2006年02月08日 (水) | 編集 |
「白夜行」が面白かったので、続けて東野作品を読んでみたくなり、選んだのがこの本。
題材が、スキージャンプなので、冬季五輪前の今、タイムリーかなと思いまして。
(ストーリー)
スキージャンプ界のエース、楡井が毒殺される。
警察の捜査は暗礁に乗り上げるかに見えたが、犯人を密告する手紙が届いたことから、事件の真相が見えはじめる。
果たして密告したのは誰なのか。犯人が楡井を殺した動機はなんだったのか。

スキージャンプ界の内幕を描きつつ、謎解きも楽しめる作品です。
Amazonのブック・レビューではあまり評価高くないですが、私はまあまあ面白かったですね。
アスリートの世界の厳しさは、多分端で想像する以上だと思いますし、フィクションですから極端なところはあるんでしょうけど、決してかけ離れた話ではない気がします。
やや小粒ですが、上手い作品だと思います。
評価:★★★★☆

鳥人計画/東野圭吾

ブログランキング ブログ村  カワイイ☆ブログランキング

テーマ:お勧め♪
ジャンル:日記
2006年02月04日 (土) | 編集 |
新刊がでましたね!
少年ジャンプに連載中の大人気コミック、「DEATH NOTE」。
知らない方のためにチラッと解説すると、名前を書きこむと書きこまれた人間が死ぬ、死神のノートをめぐる物語です。そう書くといかにもマンガ的な設定と思うでしょうが、これが中々・・・そのノートを使って悪人を裁く神になろうとする主人公と、それを捕まえようとする人々との攻防が二転三転する重厚な物語です。

先日、実写映画化されることも発表されました。主演は藤原竜也さんだとか。
確かに彼は演技派だし、美形だしね~。多分上手くライトを演じてくれるとは思いますが・・・光ちゃんにやらせたかったのに。。。 そして剛にL。絶対ハマると思うんだけど。
それから、リュークは中村獅童さんか布袋さんがいいんじゃないかと・・・。

話が逸れましたが、今回も面白いですよ!
ニアの策略により、日本の捜査本部のメンバーがライトを疑い始め、ニアとメロはライトとミサがキラであることに気付いてしまう・・・。もちろん、ライトも二人の動きを読みながら行動。キラを崇拝する新キャラも登場・・・とまたまた先の読めない息詰まるストーリーが展開します。

現実的には、ライトは許されるべきではないと思うのですが、やっぱりカッコイイですなあ。自分の肉親も含め、周りの全ての人間を利用するあの冷徹っぷりが、ステキだったりしますなあ。女を舐めてるところも惚れちゃいますなあ。
でも、実際こういうヤツがいたら、もちろん死刑だよ。
単純に「カッコイイ」って言っちゃうのは抵抗がありますが、惹かれることは否定できません(^^;

DEATH NOTE 1~10巻

ブログランキング ブログ村  カワイイ☆ブログランキング

テーマ:雑記
ジャンル:日記