ジャニーズ他のステージ・レポを中心に、興味あることを書いてます♪ KinKi Kids中心の本館もよろしく☆
2018年06月11日 (月) | 編集 |
カンヌ映画祭でパルムドールを受賞した、是枝監督の「万引き家族」を見てきました。

高層ビルの谷間の古い日本家屋に住む家族。
父の柴田治(リリー・フランキー)と息子の祥太(城桧吏)は、スーパーで万引きして家に帰る途中、寒空の下部屋から追い出されたらしい幼い少女ゆり(佐々木みゆ)を見つけて、連れ帰る。
家には、祖母の初枝(樹木きりん)、治の妻・信代(安藤サクラ)、信代の妹の亜紀(松岡茉優)も一緒に暮らしていた。
祖母の年金、治の日雇い労働、信代のクリーニング店での働き、足りない分は万引きで補って暮らしている。
亜紀はJK見学で働いているが、家に金を入れていない。祖母の初枝は亜紀を特別可愛がっているようで、亜紀も祖母に甘えている。
治と信代は、ゆりをすぐ返そうとするが、両親から虐待されている様子をみて、娘として育てることにする。
2か月後、ゆりの行方不明がテレビで報道される。幼い子の行方不明を隠していた両親を、報道では虐待死を疑う内容だった。信代は、ゆり(本名はジュリだったと判明)に帰りたいかと聞くが、ここにいることを選んだ。
名をリンと変え、髪も切って、仲良く暮らす家族。
しかし、学校に行かず、万引きをして暮らしていた祥太は、親切な商店主に「妹には万引きをさせるな」と言われて、盗みに疑問を持ち始める。

家族がどういうつながりなのかは、会話などで徐々に明らかになっていきます。
ネタバレなしで感想を書くのは大変難しいです。
あとから、あれはこういうことだったのか・・・とわかった部分もありますが、
ここに感想を書くために公式サイトを見て、初めて「あれはそういうことだったの」と思ったこともあります。
一つ言えることは、見る人によって、見る角度によって印象が違う作品かもしれないということ。
監督が「見る度印象が違う作品になったと思う」というのは、そういうことだと思います。

(ここからは、ネタバレありです)
終盤に来て、実は家族全員が赤の他人だったことがわかります。
そう思って、もう一度作品を見れば、視点が変わってくると思うので、また見たい作品になっていると思います。
公式サイトを見て「え、その設定出てきたっけ?」と思ったのは、信代も親から虐待された経験があるというところ。
そういえば、殴られる場面があった気がするけど、夫からの虐待だと思っていたよ。。。
ただ、ゆりの母が「生みたくて生んだわけじゃない」と言っているのを聞いた信代が、「普通そう言われて育った子は、他人を気づかえないよね」と、ゆりが祥太を心配していたのを見て言う場面があり、ちょっと暗示していたかなとは思いました。

安藤サクラさんの演技は、前からすごいと思っていましたが、りんや祥太に注ぐ愛情に、とても感動しました。
リリー・フランキーさんのダメだけど憎めない父ちゃんも素敵でした。

最後は、あれほど愛し合っているように見えた家族が、バラバラになってしまいます。
祥太は前を向いて生きて行ってくれると思いますが、りん(ジュリ)がなあ~。虐待親のところに戻されて終わっている。
詳しい事情は分からなかったけど、家に帰りたくなくて祖母(これも実の祖母ではなかった)の家に入り浸っていたらしい亜紀もどうなるか気になりますし。
決して明るいエンディングではないです。
でも、もやっとして色々考えてしまうことこそ、この映画が作られた目的なのかなと思いました。

スポンサーサイト
テーマ:映画館で観た映画
ジャンル:映画
2018年05月26日 (土) | 編集 |
公開したばかりの映画「友罪」を観て来ました!
薬丸岳さんの作品は、犯罪者・犯罪被害者・その家族の心境を掘り下げている重厚な作品ばかりで、文庫化しているものを中心に、結構読んでいます。その中でも、「友罪」は印象深い作品だったので、今回映画を見る気満々でした。
映画を見るにあたり、小説をまた読み直し、斗真くんと瑛太さんのビジュアルで想像しながら読みました。

映画は、二人の青年が同時に工場に入社する場面から始まります。
益田(生田斗真)は出版社で働いていたが、正義感から上司を殴って退社。生活に困って寮のある工場に入社した。
同じ日に入社した同い年の鈴木(瑛太)は、口数が少なく、人と関わらないようにしていて、同僚の反感をかう。
しかし、酔った先輩を介抱したり、益田が怪我をした時的確な対応をしたりと、次第に周囲と打ち解けてゆく。
鈴木は、元AV女優だった過去を持つ藤沢美代子(夏帆)と知り合い、助けたことで美代子は鈴木に惹かれてゆく。
大学時代の恋人で、雑誌記者の杉本清美(山本美月)に、過去の児童連続殺傷事件について相談された益田は、鈴木が当時14歳だったために罪に問われなかった青柳健太郎ではないかという疑いを持つようになる。

原作との大きな違いは、息子が16歳の時に無免許運転で小学生を殺してしまい、償いの人生を生きている山内(佐藤浩市)がタクシードライバーで、益田達とは客として多少かかわるだけで、全く別な人生を生きているところでしょうか。
原作では、山内は同じ会社の寮に住んでおり、藤沢美代子も工場の事務として働いています。
同じ会社に、犯罪者・犯罪被害者・加害者家族が顔をそろえているというのは寓話的なので、別の職場にしたのは理解できます。
美代子については、別な会社に勤めている以外は、設定が同じですが、山内は益田達に影響を与える存在ではありません。
その代わり、原作ではサラリと描かれているだけの山内の気持ちが映画では丹念に描かれています。

小説と違って、益田の心情については、言葉の端々から推測するしかありません。
映画の限られた時間の中では、益田が鈴木にそこまで友情を感じる理由がちょっとしっくりこないと感じた部分もありました。
原作では「ずっと友達でいてほしい」と鈴木に言われ、益田が鈴木の告白を聞くべきか煩悶するのですが、そのキーワードも出てこないし。益田もあまり悩まずに結論に至っている感じがしてしまいました。
原作を直前に読み直してしまったため、違和感になってしまったのかもしれませんが。

鈴木と益田、鈴木と美代子、山内とその家族のそれぞれの物語が入れ替わりで描かれ、最後益田の独白に集約していきます。
あ、白石弥生(富田靖子)もですね。弥生は、原作では益田に接近しますが、映画では鈴木と少し連絡を取り合うだけ。その代わり、原作にはない弥生の普段の仕事ぶりと、娘(原作では息子)とのかかわりが描かれていました。
原作ではあえて描かれていない鈴木(青柳)の心情も、映画では語られています。
原作を補完する作品と言えるかもしれません。

「ロクヨン」の瀬々監督が撮っているので、リアリティーと迫力と美しさが混在となった映像となっています。
すっきりはしない・・・するわけにはいかない作品ですが、多くの批判が溢れる今の時代、こういう作品が必要なのかなと思います。
テーマ:映画館で観た映画
ジャンル:映画
2017年05月21日 (日) | 編集 |
映画「追憶」を見て来ました。
V6の岡田くんが出演していますが、岡田くんが出ているから・・・というよりは、ストーリーが面白そうだと思って見に行きました。
原作がありそうな話ですが、映画のために書きおろされた物語です。

予告では、「かつての親友3人が刑事・容疑者・被害者として再開」となっていました。
そうなると、過去にあった事件が謎のまま話が進む・・・というパターンも多いですが、この映画の場合は冒頭に子供だった3人が犯した罪が描かれます。

四方篤(岡田准一)は男と出て行った母親に置き去りにされた子供で、成長して富山県警の刑事に。
足を引きずっていた少年、川端悟(柄本祐)は、東京で結婚し、ガラス店の店主に。
悟と同様親に捨てられた少年、田所啓太(小栗旬)は、地元富山で土建会社の社長になり、まもなく妻に子が生まれようとしていた。

3人の少年が罪を犯した冒頭の衝撃的な場面の後、刑事になった篤が、子供を亡くした後、妻(長澤まさみ)と別居している様子や、偶然25年ぶりに悟と再開する場面が描かれます。
悟は、「これから金を貸してもらうために、啓太に会いにいく」と話していて、二人は別れますが、翌日啓太は刺殺体となって発見されるのです。

過去の罪をかかえた篤は、悟や啓太のことを言えないまま、捜査に加わります。
啓太への疑惑を深める篤。同時に、過去や現在の3人の家庭の状況などのエピソードが交錯します。

映画は99分で、決して長くはないのですが、重厚な物語だと感じました。
この先はネタバレになってしまいますが・・・

3人の少年を受け入れてくれた喫茶「ゆきわりそう」の店主・仁科涼子(安藤サクラ)が、3人に「あとは私にまかせて、あなたたちは全部忘れなさい」と冒頭罪をかぶってくれるかのようなことを言っていましたが、結局涼子は服役しなかった・・・。
涼子に好意を寄せていて、3人にも親切にしてくれた電器屋の山形光男(吉岡秀隆)が「あのことがあったから、涼子と僕は一緒に過ごすことが出来た」と言っていることからも、遺体をどこかに隠したものと思われます。
ということは、啓太が喫茶「ゆきわりそう」の土地を買って、そこに家を建てようとしているのは・・・全く別の意味があるということですよね。
日本海の荒々しい景色や、夕日の映像が美しいですが、そこに啓太は幸せを築こうとしていますが・・・足元には死体が?!
一見すがすがしく思えるラストも、そう思うと違って見えてきちゃいませんか。
そのあたりも含めて、なかなか面白い作品だと思います。
岡田くんを含め、キャストもいいですしね。上質なミステリー作品です。
テーマ:映画レビュー
ジャンル:映画
2016年04月08日 (金) | 編集 |
映画「リリーのすべて」を観て来ました。
世界で初めて性適合手術を受けたデンマーク人リリー・エルベの実話を元にした物語です。

風景画家のアイナー・ヴェイナー(エディ・レッドメイン)は、肖像画家の妻ゲルダ(アリシア・ヴィキャンデル)と共に充実した日々を送っていた。
ある日、ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、アイナーは自分の内側に潜んでいた女性の存在に気づく。「リリー」という名の女性として過ごす時間が増えていったアイナーは、心と身体が一致しない自分に困惑と苦悩を深めていく。

女性としては、奥さんのゲルダがどう反応するのかが気になるところ。
予告スポットでは、ゲルダが理解していたというような内容になっていましたが、映画を観ていると、決してすんなりと理解したわけではないです。
そりゃそうですけどね。
夫婦はお互い苦しみながらも、愛しているという気持ちも捨てきれずに過ごし、ついには手術に踏み切るのです。
「妻はすべてを受け入れた」と公式HPには書いてありますが、受け入れたわけじゃないと思うけどな・・・。
納得いかないけど、仕方ないと思っていたんだと思う。
最後まで見捨てなかったのはスゴイと思いますけどね。

エディ・レッドメインが、とても美しく、ナイーブな笑顔は、ゲルダが許してしまうのも分かるな~という気持ちにさせます。
アリシア・ヴィキャンデルがまたキュートで、最初の方は、理想的な夫婦といった感じ。
試練にさらられて、二人は苦しむけど、最後までお互いを捨てきれずに添い遂げます。
でもまあ、夫婦って結構こういう感じあるよねと思ったりもしました。

印象的なシーンは数々ありましたが(エディ・レッドメインが全裸で女性のポーズをとるところとか)、ちょっと引っかかったのは、治療と称して男性器に放射線を当てる場面・・・。
そんなことしたら、余計不妊になるやん・・・と現代の私達は知っておりますけど、当時はやはりこういう使われ方をしていたんですね。
最近読んだ「8番目の子」という本で、放射線実験の対象とされてしまった子供の話を読んでいたので、そういう時代だったんだなと思いました。

余談ですが、「8番目の子」(キム・ファン オークメイド著/ハーパーBOOKS)はアメリカが舞台で、ユダヤ人の孤児が同じユダヤ人の医師から人体実験をされるという、史実に基づいた小説となっていて、興味深かったし、主人公も魅力的で良かったので、興味のある方は読んでみて下さいませ。
「リリーのすべて」も原作小説が翻訳されているようで、今は売り切れ状態みたいですけど、そのうち読んでみたいです。
テーマ:映画館で観た映画
ジャンル:映画
2015年11月23日 (月) | 編集 |
伊藤計画の作品を次々上映する「プロジェクト伊藤」の「ハーモニー」を見て来ました。
原作を読んでいたので、是非見たいと思っていた作品です。

伊藤計画は、若くして病気で亡くなった作家。
現在公開中の「ハーモニー」は、亡くなる少し前に書き上げた作品で、少し前に公開された「屍者の帝国」は続きを円城塔さんが書き継いだもの。
「ハーモニー」の前に書き上げられ、「ハーモニー」の世界の前の出来事である「虐殺器官」は、「ハーモニー」に先立って公開される予定でしたが、制作会社の破たんにより、公開未定・・・ただし、制作の続行が決まっているとのことです。

「虐殺器官」は、先進国の若い兵士が、大量虐殺が起こった後進国で、虐殺が起こるキッカケとなったあるキーワードに気づき、最後はそれを発動させてしまうのですが、
「ハーモニー」は、その大虐殺の後の世界で、徹底した管理社会の中で閉塞感を感じる少女達の話です。
主人公霧慧トァンは、高校生の頃、頭が良く美しい同級生御冷ミァハのカリスマ性に惹かれて、同じくミァハに心酔していた零下堂キアンと共に、ミァハの言うがままに自殺未遂をしたことがあった。
結局、ミァハだけが死に、トァンとキアンは生き残るが、死ぬこともできず、社会に馴染むこともできないトァンは、WHOの螺旋観察官になって国外に逃げ出していた。ある時、久しぶりに日本に帰国したトァンの目の前で、キアンが自殺する。
「ごめんね、ミァハ」という言葉を残して。全世界同時に沢山の自殺者が出て、犯行声明が出される。
「誰かを殺してください。殺さなければ、あなたを殺します」
世界がパニックに陥る中、トァンはミァハの影を追い始める・・・。

伊藤計画さんの物語にはいつも戦場が登場し、淡々と人が殺されます。
でもどこか、登場人物には瑞々しい若さと純粋さがあり、悲惨な物語なのに品があるんですよね・・・。
特に「虐殺器官」と「ハーモニー」の2作品は、好きな作品なので、映画は是非見ようと思っていました。
突拍子もない話のようですが、思わず引き込まれる要素が詰まっております。
そして、衝撃の、そして納得のラストシーン。
好みがわかれる作品かもしれませんが、原作好きの私としては、納得の出来栄えでした!
「虐殺器官」の公開も楽しみです。
テーマ:映画館で観た映画
ジャンル:映画