ジャニーズ他のステージ・レポを中心に、興味あることを書いてます♪ KinKi Kids中心の本館もよろしく☆
2018年05月15日 (火) | 編集 |
コクーン歌舞伎「切られの与三」を見て来ました。
「ヨゾウ」かと思ったら、「与三郎」の略称なので「ヨサ」と読みます。
コクーン歌舞伎は何度か観ております。
亡き中村勘三郎さんが始めた舞台なので、勘九郎さんが主演のことが多かったですが、今回は普段は女形で出演している弟の七之助さんが、立役(男役)で主演を務めております。

「切られの与三」は、歌舞伎の演目では「与話情浮名横櫛」と言い、実在の人物をモデルとした講談「お富与三郎」を歌舞伎の演目として仕立てたと言われています。落語の演目にもなっているそうで、それぞれ微妙に設定が違うようです。
また、歌舞伎では通常お富と与三郎が再会したところまでしかやらないことが多いようですが、今回はかなり長大な原作から全幕を起こしたとのこと。そういう一つのストーリーが色々な道筋をたどるというのは、昔話にありがちなことで、それらを新しく解釈して作り上げていくお話というのは、物語が好きな私としては興味深い部分です。

さて、歌舞伎のお話は、大体が韓流ドラマのように複雑に関係が絡み合っていて、しかも血なまぐさいです。
大店の息子で色男の与三郎(中村七之助)は、勘当されて木更津に謹慎させられます。
なぜ勘当されたかという理由については、複数語られ、どれが本当かわからない風になっています。
土地の親分・赤間源左衛門(真那胡敬二)に見受けされた元深川芸者のお富(中村梅枝)と、与三郎・・・江戸を恋しく思う美男美女の二人は、一目会って惹かれ合います。
赤間の留守中にしのび合う二人でしたが、お富に横恋慕する赤間の手下の松五郎に密告され、とらえられてしまいます。手下達に追われたお富は海に身を投げ、与三郎は赤間と手下たちによってたかって切り刻まれてしまいます。
この場面、なかなか怖いです。
(幕間)
なんとか生き延びて江戸にたどりついた与三郎でしたが、変わり果てた姿で家にも帰れず、乞食をしていたところを、蝙蝠安(笹野高史)というごろつきに拾われ、傷だらけの顔で人を強請って生活するようになります。この時から「切られの与三」と名のるようになります。
ある時蝙蝠安が強し借りに行った先で、死んだと思っていたお富と与三郎は再開。
玄治店という店の主人・和泉屋多左衛門(中村扇雀)の囲われ者になっていたお富は、男女の関係はないと与三郎に言いますが、与三郎は信じません。
多左衛門は、与三郎に金を渡して、「堅気になって戻ってくればお富を渡す」と言います。
通常の歌舞伎では、ここで終わりとなるようですが、ここから話は複雑になっていきます。
お富に横恋慕していた玄治店の藤八(片岡亀蔵)をとらえ、お富と藤八は出来ている・・・店の恥になると言って、お富と与三郎は多左衛門を強請ります。多左衛門は、金と紙包みをお富に渡すが、それを見てお富は多左衛門が実の兄であったと知るのです。
一方、与三郎は足が不自由な女・小笹(中村歌女之丞)を見て、自分の実母なのではないかと思うが、小笹には否定されてしまいます。
元がお坊ちゃんの与三郎は、お富と暮らしてすぐに金を使い果たしてしまい、新しい金儲けのために、蝙蝠安と組んで、お富を身請けしたいという会津屋を騙そうとします。しかし、そのことを告げ口したつん助によって企みがダメになり、与三郎は思わずつん助を手にかけてしまいます。
この時、お富が殺害をそそのかしたような、それが夢だったかのような、幻想的な演出がされています。
この後、小笹が目の前で倒れ、それを見て「母親殺し」と罵る蝙蝠安と争ううちに橋から落ちて死んでしまい、与三郎はわけもわからないうちに捕らえられて島流しとなってしまいます。
(幕間)
与三郎は荒れ狂う海に飛び込んで、島から脱走を試みます。
それについて来た久次は、ためらっているうちに役人に見つかり、とっさに与三郎が島抜けしたと訴えて減刑を図ります。
与三郎は命からがら江戸に戻り、実家を訪ねますが、かつて与三郎の面倒を見てくれた爺や(笹野高史)は喜んでくれるが、父は「息子は死んだ」と言って与三郎を拒絶します。
「いっそ訴え出て磔獄門になろう」と言う与三郎に、爺やは「逃げてくれ」と頼み、父も金を投げてよこします。
江戸の町を彷徨っていた与三郎は、久次に再会。家に招かれると、そこには久次の妻となったお富がいました。
二人に家で休むように言われた与三郎は、疲れ切って寝入ってしまいました。
久次は、お富に与三郎を殺すように促します。お富はためらいながらも承知して、与三郎に匕首を突き立てようとしたその時、久次はお富の刃物を自分に突き立てたのでした・・・。

パンフレットの筋書にはここまでしか書いていません。
ええっ?!なんでそうなるのっていう展開ですよね。七之助さんの与三郎もそういう反応します。
原作とコクーン歌舞伎ではラストが違っていて・・・。それはなかなか納得の結末でした。

あらすじを見た時は、与三郎は悪党な感じかと思っていたのですが、結構お坊ちゃんでヘタレです。
次々と悪事に手を出しちゃう与三郎とお富ですが、なぜかそんなに根が悪いようには思えません。
ただ、だらしない甘ったれなのかなと思います。
自分でしんどい思いして踏ん張らないで、人さまから楽して奪って面白く暮らそうとしちゃうんでしょうね。
知り合いにはなりたくないですが。

七之助さんは、女形姿も美しいですが、美男の役もお似合いでした。
何度か見栄をきる場面もあり・・・勘九郎さんの見栄も素晴らしいですが、頑張っていたと思います。
このダメンズぶりは、やはり真面目がにじみ出ちゃう勘九郎さんより七之助さんの方が似合っているかもしれません。

お富役の梅枝さんは、コクーン歌舞伎初参加。
双眼鏡で見てしまうと、白塗りのおじさんですけど(すみません、でも正直な感想ということで)、遠目に見ると美人に見えます。
浮世絵のお富に似ているかなとはちょっと思いました。

コクーン歌舞伎は古典とは違うので、現代的な演出も入るのが常ですが、今回は音楽にピアノやストリングスの洋楽器が加わっていました。セットも、歌舞伎の豪華な書き割りと違って、シンプルな橋や木枠を使って、様々な場面を組み立てていましたが、不自然に感じなくて、良かったです。

舞台はお高いので、なかなか興味あるだけで観に行くってできませんけど、今回は思い切って行って、楽しめました!
スポンサーサイト
テーマ:歌舞伎
ジャンル:学問・文化・芸術
2017年10月21日 (土) | 編集 |
「ハンサム落語」なるものを見て来ました。
例によって、あまり下調べしないでチケットを取っちゃって・・・。
落語もわりと興味あるし。若手の落語家さんがやっているのかな・・・という漠然とした感じで着席。
「メイクして、着崩した着物が色っぽい」「通常一人でやる落語を掛け合い形式で」というキャッチは見ていたんですけど。
始まってみると、なんか違う・・・。
どうやら、落語家さんではなかったようです(@@;
若手の俳優さんが演じていらっしゃいました・・・。
ええ~~?!
そりゃあ、イケメンのはずだわね。

10人のキャストが、1公演につき4人ずつ出演。2人一組となり、4つの落語の演目を交代で演じます。
公演の演目は、共通で「後生鰻」「猫の皿」「寝床」「幾代餅」
今回のキャストは、足立英昭さん&和合 真一さん。反橋宗一郎さん&松村龍之介さん。

最初に登場した足立さんは、ワイルド系の容姿で、系統としてはジャニーズJr.なら岩本くんのような感じ。
しゃべりも上手で、常識派の突っ込み司会系です。
外見だけを言えばタイプではないけど、こういう子は嫌いじゃないです。舞台が締まります。24歳だそうです。
対する和合さんは、可愛らしい顔立ちで。写真だとシャープな感じですが、実物はもうちょっとキュート系。
しゃべると壊れていて、とっても面白い。31歳。
足立さんと和合さんの組み合わせは、今回の公演中、最初で最後とのことでしたが、絶妙で良かったです。
足立さんが「この先輩やり辛えな・・・」とバンバン突っ込んでいるのが楽しかった。
最初の演目の「後生鰻」もサゲ(オチ)がブラックで、ホラーで意外性がありました。

次の「猫の皿」は内容をちょっと知っていました。
かなり現代風にアレンジしています。枕(本題に入る前のフリートーク)では、ファン向けにこれまで出た作品の話?などしていまして・・・。
反橋さんはどうやら声優さんもやっているらしく。声もイケメンでした。30歳。
やたらと「花より団子」の話が出ていて、反橋さんが花沢類のアニメ声優か、舞台で役をやったとか?と思っていましたが、調べた限りではよく関わりがわかりませんでした。
お相手の松村さんは、写真より恰好良かったです! 24歳。
ぶっ飛びキャラの和合さんの後では、この二人は普通に見えてしまいました。

「寝床」で、再び足立さんと和合さんが登場。
座り位置も入れ替えるのですが、和合さんが「右からしか盛れない」と言って、右側を客席に向け、足立さんにそっぽを向いたり。
この演目では、足立さんが商家の女将さんの役もやりますが、なかなかいい感じでした。

「幾代餅」は、廓(くるわ)話。
吉原の花魁の錦絵を見て一目ぼれした真面目な町人が、夢をかなえて花魁と結ばれるという、夢のようなハッピーエンド。
反橋さんが花魁を演じるのが、さすがの色っぽさでした。

最後は4人で大喜利をやってしめました。
楽しかったです!
落語としては、もうちょっと頑張りましょうという感じだと思いますが。
この舞台は、何を目指して始まったのかな・・・と調べてみましたが、それも見つけられなかったです。
舞台の性質上、客席は女性ばかりで、若い方も多い。
普通の落語だと、私が一番若手かもしれない・・・ということも多いのですけどね。
落語を若い方や女性にも広めていこうという高尚な目的・・・とはちょっと思えなかった(笑)。
楽しめればそれでいいじゃないという感じかな。エンタメ好きな私としては、アリだと思います。
テーマ:エンターテイメント
ジャンル:サブカル
2016年09月23日 (金) | 編集 |
160922_garasu06

一昨年に続いて、舞台「ガラスの仮面」を見て来ました!
前回は、今は無き青山劇場で2階席で見ましたが、原作ファン納得の出来栄えでした。
今回新橋演舞場での再演が決まって、ファンクラブ(ジャニーズJr.の浜中くんが出演しているため、Jr.枠があった)でチケットを取ったら、上手の片手列でした。
トイレは近くていいけど、今回のセットが回転式で、正面を花道側に向けていることが結構あって、やや見切れ席でした(--;

(キャスト)
北島マヤ:貫地谷しほり
月影千草:一路真輝
速水真澄:小西遼生
姫川亜弓:マイコ
桜小路優:浜中文一
水城冴子:東風万智子

キャストは、前回と全く同じです。台本はかなり書き換えたということだったので、期待していました。
前回は、マヤのこれまでの出演した舞台の場面を、実際に演技で見せてくれていましたが、今回は水城秘書の説明セリフだけだったのが、ちょっと残念。
やっと出てきた舞台の場面は、前回も演じられた亜弓さんの「一人芝居ジュリエット」。でも、これもサラッとでした。
すぐに「二人の王女」のオーディション場面になり、稽古も始まります。
では、「二人の王女」の舞台シーンをもっとガッツリやってくれるのかなと思ったら、稽古として前半の場面がいくつか演じられますが、実際の舞台シーンは、前回同様オリゲルドとアルディスの直接対決の場面から・・・。
じゃあ、何が厚くなっていたかというと、速水真澄の過去の場面や、月影千草の過去の場面です。
前回も1回見ただけなので、記憶がはっきりしているわけではないですが、前回は出ていたかどうか覚えていない速水英介や婚約者の詩織さんが、かなり出番が増えていました。
役づくりに迷っているマヤを、以前アルディスを演じたことのあるオペラ歌手に引き合わせる場面も、今回は丁寧に描かれていましたが、前回は多分なかったと思います。

「狼少女ジェーン」のエピソードと「二人の王女」がドッキングして、マヤが「二人の王女」で賞を取って紅天女候補となり、同時に速水真澄が紫のバラの人だった・・・と気づくという流れは前回同様です。
真澄さんの婚約パーティーにマヤが乗り込んでしまう場面では、桜小路くんもやって来て、「僕は紅天女の魂の片割れの一心を演じてみせます」と真澄さんに戦線布告したりもしていました。

月影先生の過去は、前回も出てきましたが、今回は梅の谷での月影先生の紅天女が観られたのが、一番良かった点です★
月影先生が能面を割り、亜弓とマヤに「新しい紅天女を見せて下さい」と言う場面が観られたのが嬉しかったですね~。
これがラスト・シーンになっています。

全体の感想としては、やや欲求不満でした。
どの場面が観たいかは、人によって違うとは思いますが、私は役を演じているマヤが観たい気持ちが強いです。
前回は、「若草物語」の熱に浮かされながら「野バラ」を歌う場面や、「女海賊ビアンカ」や、大河ドラマ「天の輝き」などを、視覚的に見られたのですが、今回は説明セリフのみ・・・。
「二人の王女」にしても、私が一番見たいのは、マヤがアルディスとして初めて登場して、会場中が息をのむ場面なんですが・・・筋書上観客が真澄さんだけなので、難しいかもしれませんけどね。

今回も真澄さまもマヤちゃんも月影先生も良かったです。
亜弓さんはね~・・・。どうしてもビジュアルがイメージと違うと思っちゃうんですけどね。
詩織さまと速水英介もかなりイメージ通りでした。
浜中文ちゃんの桜小路くんは、今回結構真澄さまとの対決姿勢を打ち出していて、良かったですね。

また再演するなら、描かれる場面がまた違ってくるのかな~と思うと、それはそれで見てみたいです。
舞台シーン多めを希望で!!

今回は、会場が新橋演舞場ということで、タイアップのお弁当なんかもあって、楽しかったです。
また、40周年を迎えるということで、オフィシャルグッツも色々出ていました。
それらの写真は、「続き」を見て下さい☆彡
[続きを読む...]
テーマ:観劇
ジャンル:学問・文化・芸術
2016年08月25日 (木) | 編集 |
舞台「王家の紋章」を見て来ました!
原作のファンという立ち位置で見に行きました。
出演者の方々は、正直皆さん存じ上げない方ばかりです。
キャロルとイズミル王子は、Wキャストになっています。

160824_ouke01

メンフィス役は、浦井健治さん。
テレビや舞台で活躍している俳優さんです。
声のキーが高いので、「少年王」らしい声と感じました。
ビジュアル的には、すごくいいとは言いませんが、まあ許容範囲です。

キャロル役の新妻聖子さん。
舞台好きな友人が「歌える子だよ」と言っていたので、新妻さんが出演回のチケットを取りました。
主に舞台で活躍している女優で、歌手。
顔も可愛らしく、歌も上手いです。セリフ回しも、遜色なかったです。

イズミル王子は、平方元基さん。
最近は主に舞台で活躍されている俳優さん。
Wキャストの宮野真守さんが声優さんだったので、ミュージカル経験者の方がいいかな・・・と思って選びました。
イズミル王子はかなり好きなキャラなので、ビジュアル的にはやや不満ですが、歌はやはり上手いです。

今回は、全キャスト歌が上手いな~と感じましたが、特に圧巻だったのは、アイシス役の濱田めぐみさんです。
劇団四季を退団したミュージカル女優とのこと。納得です。

ビジュアル的に、おいおいと思ったのは、ライアン兄さん(伊礼彼方)とミヌーエ将軍(川口竜也)ですね。
どちらも太め・・・(><)
特に、ライアン兄さんは人気あるキャラなのに~。
ミヌーエも太いしおじさんだし、それはアイシスに振られるわ!!
でもまあ、歌は本当に上手い・・・それしか言っていないみたいだけど。

逆に、イメージにピッタリだったのは、ウナス(木暮真一郎)・ルカ(矢田悠祐)・ミタムン王女(愛加あゆ)。
特にルカは、原作でも結構好きなキャラですが、キャロルが街を見物に出た場面で、キャロルの後ろで踊っているのが可愛くて、個人的にイチオシです。
ミタムン王女は、殺された後も、ずっと焼けただれた姿で出て来て、最初は迫力あるなと思っていたけど、最後の方はちょっと「ここは必要なくね?」と思ったりもしました。

160824_ouke02
(細川智栄子先生が舞台のために書き下ろした原画の複製が展示されていました)

あの壮大なストーリーを、舞台でどう表現するんだろう・・・とワクワクしながら、幕が上がるのを待ちました。
筋立ては、まあまあ原作に忠実ですが、長い話なので、色々端折っていました。
例えば、キャロルの家族はライアン兄さんしか出て来ません。
そのため、キャロルがコブラに噛まれるエピソードもなく、したがって、血清を持っていて、メンフィスを助けることが出来た・・・というエピソードも消えてしまい、メンフィスが刺されるのはサソリで、キャロルが心臓マッサージと人工呼吸で助ける・・・となっていました。
ジミーと教授も、カプター神官も、それらしい人はいましたが、舞台上で紹介されることはなかったです。

セットも概ね抽象的で、物語の進行は主に歌で語られます。
こういう歴史ものの場合は仕方ないんでしょうけどね。
初めて聞く歌を延々と聞かされるのは、やや辛いですけども、皆さん上手だし、帝劇は生オケなので、音響は最高です。
ただまあ、キャロルが現代と古代を行ったり来たりするのが、簡単そうに見えちゃいましたけどね(^^;
歌いながらうろうろしているうちに、あれ、現代?みたいな感じなので。

キャロルがメンフィスの墓から古代にタイムスリップして、メンフィスに見初められ、現代に再び戻るところまでが前幕。
後半は、メンフィスへの愛に目覚めたキャロルが、イズミル王子にヒッタイトに連れていかれ、メンフィスと結婚式を行うところまでになっています。

私は原作を読み込んでいるので、ストーリーがわかりますが、うろ覚えの人とか、よく知らない人は、わかりづらいかも。
もうちょっと、歌だけでなく、演技で表現する部分が増えてもいいのかなとは思いました。

有名漫画を舞台化した作品として、昨年「ガラスの仮面」を見て、すごく良かったので、「王家の紋章」も期待していましたが、作品としてはもうちょっとブラッシュアップして欲しいかなと思います。
来年4月に再演が決まったとのことですが、また見に行くかはハーフハーフって感じかなあ。
衣装は豪華でしたし、歌は本当に皆さん上手かったです。
テーマ:ミュージカル
ジャンル:学問・文化・芸術
2016年07月02日 (土) | 編集 |
160701_エリザベート

昨年に続き、今年も見に行って来ました!
3度の観劇となる、ミュージカル「エリザベート」。
私のお目当ては城田優くんです。
トートのビジュアルがピッタリすぎて、素晴らしすぎます☆

SHOCKのように、「今年はここが変わっていた」と言えるほど、昨年の記憶はないですが、お姫様だっこはなくなっていました。
でも、城田くんのセクスィーさは増しておりました!!
やたらとボディ・タッチ。そして自分の唇を撫でるような仕草。
露出が増えたとかじゃないですよ。仕草と雰囲気で色気を出していました。
そういうのに、弱い・・・。早乙女太一くんとか。
大人ルドルフと絡むシーンなんか、もう、うっとり。
子供ルドルフに対してもそんなに色気出していいんですか?!
とか思ってしまいますね~。

エリザベートはね・・・。正直ビジュアルは坂下ちりちゃんなんですけど、今年はなんだかルドルフが死んだ後の場面で涙が出ました。昨年は、ハンカチいるほどは泣かなかったと思う。

子役は毎年うまくてビックリ。
古川ルドルフは綺麗だし、歌もよい。
ルキーニは、昨年は松也さんを見たので、山崎さんは初めてかもですが、やはり歌がお上手。

セットも衣装もゴージャス。物語としては、悲劇なんですけど・・・。
あんな死神なら、誘惑されてみたいです~。
そう思わずにはいわれない、城田くんの美しさに大満足でした!!!
眼福です☆☆☆
最後の挨拶はなかったですが、投げキスはしてくれました(〃▽〃)
テーマ:ミュージカル
ジャンル:学問・文化・芸術