ジャニーズ他のステージ・レポを中心に、興味あることを書いてます♪ KinKi Kids中心の本館もよろしく☆
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年01月28日 (木) | 編集 |
森田剛くんが出演の舞台を見て来ました!
寺山修司の脚本、蜷川幸雄演出。窪塚洋介さん、寺島しのぶさんも出演ということで、期待していました。
席はサイドでしたが、かなり前☆
でも、内容は・・・。

簡単に言うと、猥雑でグロテスク。
体制に逆らおうとする23歳の灰男と、灰男(窪塚)に憧れる良(森田)のシーンはいいのですが、平行して場末の人達のシーンが。
その場末のシーンが、直接的な性描写だったり、役者さんも病的な人を使っていて、正視に耐えない。
多分、某かの意図はあるのでしょうが、私には分からなかった・・・。
話の筋にも最後まで絡んでこないので、何が言いたかったのか解らなかった。

GOくんは、テロリストになろうとしてなりきれない、17歳(!)の役を魅力的に演じていました!
窪塚さんとのちょっと萌えなシーンもありましたしね。

そこは良かったのですが、ストーリーは難しかったです。

パンフレットを見ると、元々そういう脚本らしいので、この作品を見に行く時点で覚悟しておくべきだったのかもしれませんけど。
人生半ばまで来ている私でも、安保闘争は後付けの知識しかありませんから、GOくんや窪塚さんを観に来ている人達に、理解してもらうのは容易じゃないのではないでしょうか。
経験として、1回見ておくのはいいけど、何度も見たい演目ではなかったです。

そんな不満もありましたが、後で本館にレポは書きます!
まだ先に書くべきレポがつまっていますが、順番に仕上げていきますので、よかったら本館にも遊びにきて下さいね~。

ブログランキング ブログ村  カワイイ☆ブログランキング

スポンサーサイト
テーマ:V6
ジャンル:アイドル・芸能
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。