FC2ブログ
ジャニーズ他のステージ・レポを中心に、興味あることを書いてます♪ KinKi Kids中心の本館もよろしく☆
2010年10月02日 (土) | 編集 |
舞台「薄桜鬼」の初日を見ました!

原作のゲームもプレーしたことないですし、出演者も早乙女太一くん以外はよく知らないという状態で見ました。

初日なので、あまりネタバレしない方がいいかと思いますが、萌えポイント多数!!
さすが、女性向け恋愛ゲームが原作って感じ。
太一くんは土方歳三役でしたが、太一くんの「お前は俺が守ってやる」に始まり・・・。
一くん(斎藤一がそう呼ばれていた。「風光る」という新撰組のマンガで好きなキャラなのですが、この舞台でもイケメン&いい声の役者さんだったので、目がいきました)が歳三に思いを語るシーンとか、本当に沢山ありました!

太一くんの殺陣は、やはりカッコいい。動きが大きく、腰が決まっている。
立っているだけでも美しいんですよね~。
2階席だったので、表情は見づらかったけど、目力が違う。
最後の対決シーン、斜に構えて相手を睨む時の目力が凄くて、さすが流し目王子って思ってしまいました(笑)。

オレンジレンジのRYOくんは、初舞台とは思えない貫禄。
私は外見は好みじゃない(スミマセン。女顔好きなので)ですが、声がとても素敵。
今回の舞台は、ヒロインの黒川智花ちゃんはじめ、声優さんみたいに声のいい役者さんが多かったです。
私は、太一くんの次に、斎藤一役の中村倫也くん(パンフ写真より、生の方が素敵だった。なんと言っても声がいい)、平助役の武田航平くん(ルーキーズの映画に出ていたらしい・・・見たのに・・・覚えてない。ごめんなさい)辺りに目がいきました。左之助役の橋本淳くんもキュートでしたね。
沖田総司役の窪田正孝くんは、見た目はそれなり(スミマセン、スミマセン)でしたが、自分を「僕」っていう台詞回しが可愛くて沖田総司のイメージにピッタリでした。

前半は衣装が着物で、それもいいんですが、後半は幕府が倒れた後っていうことで、軍服っぽい洋装なんですけども、それがコスプレっていうか、また超素敵なんですよ~~★

劇中でも、不知火役(オリジナルキャラクター)の伊崎右典くんに「随分やられてるじゃないか・・・誕生日なのに」と言われていたRYOくんは、予定通り2度目のカーテンコールで、客席からハッピーバースデーを歌ってもらっていました。
アンコールは、予定の2回の後、「本日の公演は終了しました」のアナウンスの後も拍手が鳴り止まず、もう1度キャストの皆さんが出てきてくれました。

ゲームのファンの方は、もしかしたら出来上がったイメージから外れるのかもしれませんが、出演者のファンの方は是非見るべきだと思います。
今日は初日なので、まだ台詞の間合いとか上手くいっていないところもありましたが、作品としてはとても楽しめました(^^)

101001_hakurou02

ブログランキング ブログ村  カワイイ☆ブログランキング

スポンサーサイト



テーマ:観劇
ジャンル:学問・文化・芸術