ジャニーズ他のステージ・レポを中心に、興味あることを書いてます♪ KinKi Kids中心の本館もよろしく☆
2011年11月09日 (水) | 編集 |
これは観に行こう!と前から心に決めていた「猿の惑星 創世記(ジェネシス)」。
あまりにも有名な映画が元になっていますが・・・最初の作品は、実に私が生まれる前に公開されたものです。
私が始めてちゃんと見たのは、大人になってから。深夜にシリーズ一挙公開という感じでやっていて、夢中になって観ました。
しかし、最後に見てからもう10年以上経ってしまって、おぼろげにしか覚えておりません(^^;

ちなみに、何年か前に公開されたリメイク作品も観ましたが、映像は綺麗だったものの、イマイチだった・・・。
しかし、今回は予告編を見て期待して観に行きました。

(物語)
製薬会社で働く神経科学者のウィルは、試薬を投与したメスのチンパンジーに目覚しい効果が現れたことを知り、急いで臨床試験を行おうとする。ところが、そのメスのチンパンジーが突然暴れだし、警備員に射殺された上、他の実験体も殺処分されることになってしまう。
殺されたメスのチンパンジーは実は妊娠しており、生まれた子供を殺すのは忍びなかったため、ウィルは引き取って育てることにした。

ウィルには、アルツハイマー病の父がおり、ウィルが新薬の開発に力を注いでいたのもそのためだったが、実験が中断されてしまったため、ウィルは自分が開発した薬を密かに父親に投与した。
その結果、父の知能は回復し、一方シーザーと名づけたチンパンジーの子供も、母親から薬の影響を受けて目覚しい知能の発達が見られた。

しかし、父親にはやがて薬に対する抗体ができてしまい、ウィルはより強力な薬が必要だと考えるようになる。
ウィルが父親とシーザーに起こった変化を会社に告げると、すぐに新薬の研究が許可されたが、再びアルツハイマー病が再発した父親を庇おうとして、シーザーが隣人にケガをさせてしまう・・・。

(感想)
元となった旧作の記憶は薄れてしまっているのですが、とても面白い作品だったことは覚えています。
ラストシーンがあまりにも有名な最初の作品だけでなく、5作ある続編まで全て面白かったのです。
それを踏まえての今作なわけですが・・・。
これはいいんじゃないでしょうか!
とても引き込まれましたし、映像はもちろん素晴らしかったです。

この作品のミソは、視点の逆転にあると思うのですが・・・。
観ていると、だんだん猿目線になってきてしまいます(^^)
でも、知能が発達すると、猿が人間になるわけではなくて・・・。
やっぱり種族は違うんですよね。そういう違和感を残しているところも素晴しいと思う。
なんか、創世記2とかありそうな終わり方だった気がするのですが。むしろ作って欲しいかも。

評価:★★★★★

ブログランキング ブログ村  カワイイ☆ブログランキング

スポンサーサイト
テーマ:映画館で観た映画
ジャンル:映画