ジャニーズ他のステージ・レポを中心に、興味あることを書いてます♪ KinKi Kids中心の本館もよろしく☆
2014年01月31日 (金) | 編集 |
岡田准一くん主演の、永遠の0を見て来ました!
百田尚樹さんの原作小説は、映画化とか決まる大分前に読んで、すごく面白いと思っていました。

物語は、三浦春馬くん演じる青年が、祖母が亡くなったことをキッカケに、祖母の最初の夫で戦死した実の祖父・宮部久蔵(岡田准一)のことを調べ始める・・・というところから始まります。
宮部は臆病者だった、国のために死ぬのが当たり前だった時代に、命を惜しんでいた・・・という話を聞いて、調査を止めようかと考えた矢先、宮部は凄腕の零戦パイロットだったと話す戦友に出会い、宮部が生き残ろうとしたのは、妻と娘のためだったと知る。

小説を読んでから大分時間が経っているので、細かいことは覚えていませんでしたが、原作ファンも納得できる映画になっているのではないかと思います。
やはり小説の方よりははしょってはいますが、その分零戦の戦闘シーンが鮮やかに描かれていると思います。
回想の岡田くんも、現代の春馬くんも、戦友のお爺さん達も良い味を出していて、かなり泣けました。

原作になかったシーンとして、宮部が娘に会うシーンを入れたということでしたが、とても良かったです。
まあ、最後に井上真央ちゃん(宮部の妻)と染谷くん(宮部に命を救われた青年)がくっつくのは、原作読んだ時も「御伽噺的」って思ったし、映画で見ても「宮部が帰ってきた」ってそんな言い訳いらないよ・・・と思ったりしてしまうのですが、まあそれはいいです。生きていかなくちゃということで。
ちょっと納得がいかなかったのは、「宮部は死ぬのが怖かったんじゃない。妻と娘の人生が壊れるのが怖かったんだ」という結論めいたものです。
いや、死ぬのも怖かったでしょ?と思うので。
死ぬのは怖くて当然。それを言えなくしてしまうのがおかしいんだと思いますがね。
そんな違和感も若干ありましたが、全体としては素晴しいと思いました。

KAT-TUNの上田くんも出ています。
ラバウルで宮部と共に戦った部下・・・という役どころ。
原作ではそれなりに重要な役だった気がしますが、映画だと出演部分は短い感じでした。

書いていませんでしたが、他にも最近見た作品について・・・
【かぐや姫の物語】
高畑勲監督のジブリ作品。かぐや姫は宇宙人説もあり、色々リメイクされてきたと思いますが、かなり原作に忠実な印象。かぐや姫の気持ちって、そういえば深く考えてなかったなあ・・・と思い、想像力を刺激される作品でした。
【ゼロ・グラビティ 3D】
私は、宇宙ってちょっと興味があって、もしも100万円くらいで宇宙旅行が出来るようになったら、ちょっと行ってみたい・・・と思っていたのですが。
この映画を見て、やっぱり宇宙に行くのは止めよう・・・と思いました(笑)。
宇宙空間に放り出される・・・って、メチャメチャ怖いです。宇宙旅行気分が味わえるかな・・・なんて気持ちで観に行ったら、痛い目見ました。
ジョージ・クルーニが、理想の宇宙飛行士って感じで、素敵でした。

余談でございますが、間もなく公開の【ラッシュ/プライドと友情】について・・・
KinKi二人が吹き替えを担当しております。
1月前半に、ゼロ・グラビティを観に行った時の予告編には、その辺り全く出てきていなかったのですが、今日見たらキンキの吹き替えシーンなども入った予告が流れていました★
吹替え版を観に行くつもりです!
スポンサーサイト
テーマ:映画館で観た映画
ジャンル:映画