ジャニーズ他のステージ・レポを中心に、興味あることを書いてます♪ KinKi Kids中心の本館もよろしく☆
2014年09月26日 (金) | 編集 |
140926_kat

6月にスタートしたKAT-TUNツアーもあと少しで終わりですが、私は最初で最後の参加になります。

2年ぶりのKAT-TUNツアーだそうですが、カウントダウンとかやっていたから、そんなに久しぶりの気がしませんでした。
でも、確かにカウント・ダウンは行けない(もし行けるならば、キンキに行っている)私は、生亀ちゃんは2年ぶりでした・・・。ドリボも無くなったしね。

KAT-TUNは代々木初らしいです。デングが心配なこの時期、代々木はちょっと怖かったけど、会場としては好き。
今回の席はアリーナで、前寄りセンター付近。中々好位置でしたが、背が低いので、やはり見辛かった。
でも、水かけてもらえたし、テープも拾えました。
テープはループになっていて、腕輪に出来ます。これが、落ちてくる軌道が読みづらく、数もあまり多くない感じで、1本拾うのがやっとでした・・・。
メンバーの分4色あるようですが、赤と青は多く、緑と紫はレアだったような。場所によるのかな。私は青をゲット。
帰る時は1本も落ちてなかったです。掃除要らずですね。
水は田口くんと亀ちゃんにかけてもらいました。亀ちゃんは身を乗り出してくれたので、間近に観れて嬉しかった~!

始まる前は、「タメになる旅」の番宣が流れていました。10/3放送の熊本旅は、今までで一番過酷だったとか。

コンサートがスタートすると、タイトルになっている「come Here」が流れるのですが、メンバーが「こっちにおいで」という映像で会場が暖まっていました。
2曲目は鉄板の「Real Face」ですが、ラップがないとちょっと寂しいと思ってしまう・・・亀ちゃんの舌打ちは、相変わらずしびれます。
恒例かと思っていたサングラスが、今回はなかったので、それはそれで寂しいと思っていたら、サングラス・アクションは亀ちゃんのソロ「エメラルド」にありました。サングラス取るだけで、なんでそんな色っぽいんですかね~。
 
3曲目「BIRTH」~7曲目「HIDE and SEEK」辺りは、怒涛って感じでしたが、腰をふる亀ちゃんとか、脱ぐ亀ちゃんとか、これこれ!!って辺りを見られました。
上田くんのソロ「ART OF LIFE」は、暴力的な演出だったので・・・。カッコよかったけどね、衣装とかは。「殴られたい」とつぶやいていたそこのアナタ、それは違うぞ!と思ってしまいました。
オギママが見に来ていて、中丸くんの内輪を持っていましたが、どう思って見たかな~とちょっと気になってしまった。
そのゆっちのソロ「クレセント」の前には、自分の歴代ソロ曲を聞きながら、「いい曲だな~・・・誰の曲? 俺のか」を繰り返すコミカルな映像で始まり、曲後に「ジャパネットタカタ」のモノマネで、グッズのマウスパットを宣伝する映像も入っていて、楽しかったです。

4人バージョンになり、元々達者とは言えないMCはやはりパワーダウンかな~。もうちょっと頑張って欲しい。
田口くんがダジャレもあまり決まらず、「今日、俺不調だ!」と言っていたら、亀ちゃんが「中丸くん大変だね、田口と亀梨に挟まれて」と言って、中丸「亀は大変じゃないよ。MCはいつも試練ですから」なんて応えていました。

亀「田口が面白くないなんて簡単に言うなよ! 田口はうちのバラエティ班なんだから、田口が面白くなかったら、誰も面白くないんだから」
中丸「なんか、リアルで嫌だ・・・」
田口「俺、バラエティ班か~」
亀「KAT-TUNが面白いかはおまえにかかってるんだから、頑張れよ」

上田「田口不調だから、ちょっとリフレッシュしてくるから」と田口くんと上田くんが着替えるためはけ、
亀ちゃんと中丸くんがつなぎます。
亀「今日の会場は、家から近いじゃない。地方なら、ホテルに泊まったりするけど。今日午前中早く目が覚めちゃって、ゆっくりお風呂に入ったんですけど、なんか今日2日分生きた気がします」

亀ちゃんの2本の映画「バンクーバーの朝日」と「ジョーカー・ゲーム」を告知。中丸くんが堅い口調でインタビュー風に聞いていました。
亀「1月・2月は『ジョーカー・ゲーム』を撮っていて、3月から5月は『バンクーバーの朝日』を撮っていて、今はここにいる・・・『アイム・ヒア』」とちょっと上手いことを言ってました。
バンクーバー映画祭に亀ちゃんも行くという話もしていました。

中丸「髪切った?」
亀「(映画のために)刈り上げにしていたから、やっと延びてきたんだよね。切って、パーマかけました。クリクリになっちゃうんだよね」
客席「可愛い~!」
亀「可愛いの? じゃあ、髪洗ったあと、そのまま歩いていよっと」

亀「今日、楽屋でシャワー1箇所しかなかったじゃない。最初に田口が入ったんだけど、『今日は少し水圧低いよ』とか教えてくれだんだけど・・・」
中丸「水圧って会場によって違うんですよ。低いと、ちょっと余分に時間かかるからね」
亀「それで、田口が『ここのシャワー、俺にはちょっと低かったわ』って言うから、『じゃあ、俺達には丁度いいね』って言っておいたから。3人を代表して言っておいた」
そこに帰ってきた田口くんと上田くん。田口「俺が、嫌なやつみたいじゃない」と言っていたのが、ちょっと面白かったです。
着替えて来た2人と交代に、亀ちゃんとゆっちがはけ、田口くんの出演ドラマの「今日会社休みます」と「リーガルハイのスペシャル」を告知していました。

4人揃ってからは、今回のコンサートとアルバムについて中丸くんが話し始めたのですが、亀ちゃんが「この間見たサザエさんが面白かった。サザエさんが茶髪にしようとして、波平の頭に突っ込んでたんだよね」と亀ちゃんがタラちゃんのモノマネしてました。亀「それ、アリなんだ・・・って思った。面白かった~」
上田「アニメも変わっていくからね。ドラえもんも変わったし」
中丸「なんで、KAT-TUNのアルバムの話が、ドラえもんになるの?」

後半は、しっとりした曲から入って、最後に向かって盛り上がっていきました。
アリーナには、4本の通路があり、2階席と1階席の間にもゴンドラがあって、メンバーがそれぞれの通路を1度は通ってくれる構成になっていました。
水を掛けるのは、アンコールの時に、水鉄砲で。中央の2通路を使うのはアンコールの時だけで、亀ちゃんと田口くんだったので、その二人にかけてもらえました。テンション上がりました!

私は5人から4人になったのが、ちょっとショックだった口なので、複雑な思いもありますが、やっぱり亀ちゃんが好きですし、グループとしても頑張っていって欲しいと思っています。
2週間ぶりで、代々木初日だったせいか、やや堅さも感じましたが、メンバーそれぞれが頑張っているなと感じました。
特に中丸くんかな。ボイパ・コーナーも、一人でやるだけでなく、客席を巻き込んでやっていて、良かったです。
上田くんソロも、暴力描写はアレだけど、世界観がある演出はいいですよね。
亀ちゃんも、ドラキュラを越えるソロをお待ちしていますよ!!
田口くんは、まんまでいいや・・・変わらないで(笑)。
4人としてこなれてくることを信じて、これからも応援させてもらいます。
今年は舞台ばっかりで、コンサートは実は初でしたが、やはりいいですね。色々なものが吹き飛ぶわ~。楽しかったです。
スポンサーサイト
テーマ:KAT-TUN
ジャンル:アイドル・芸能