ジャニーズ他のステージ・レポを中心に、興味あることを書いてます♪ KinKi Kids中心の本館もよろしく☆
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年07月20日 (月) | 編集 |

帝劇で公演中の舞台エリザベートを観て来ました!
Wキャストの公演ですが、私が見たかったのは城田優くんです。
彼のトートのビジュアルは完璧!!

エリザベート自体を観るのは2度目で、前回も城田くんバージョンを観たのですが、パンフによると、城田くんがトートをやるのは5年ぶりとか。
そんなに経ってたんですね~。
今回はキャストやセット等をリニューアルしたとのことですが、前回のことを比較出来るほど覚えてないです(^^;

そんな感じで観劇しましたが、舞台セットも衣装も素晴らしく、完成度が高いと感じました。
エリザベート役は蘭乃はなさん。城田くんと並ぶと正直見劣りしますが(スミマセン)歌は良かったです。小柄なので、ラストシーンのシンプルなドレスが華奢さが目立って良かったです。

ルドルフは、Jr.の京本くんでなく、古川雄大くん。綺麗だし、歌も上手いし、トートと絡むシーンはときめいたよ\(^^)/

狂言回しのルキーノ役は尾上松也さん。悪い役だけど、遊びのある感じが上手く出ていました。

そして、城田くんのトート…。とにかく美しい!!
あのキャストの中では、歌はあと一歩かも知れないけど、遜色はないし。
前回話題になったお姫様抱っこ、今回もあります♪
因みに、ルドルフもトートの取り巻きに抱っこされてた(笑)。

死神があんなイケメンなら、ちょっと怖さも薄れるんだけどねえ。
最後の挨拶では、「丁度折り返し地点です。そろそろ疲れもたまってくる頃で…。正直ですみません」と言っていた城田くん。
外見に似合わずキュートなトークもやられますW
トートとエリザベートの投げキスで幕となりました☆

色々な意味で見応えのある舞台でした!
スポンサーサイト
テーマ:ミュージカル
ジャンル:学問・文化・芸術
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。