ジャニーズ他のステージ・レポを中心に、興味あることを書いてます♪ KinKi Kids中心の本館もよろしく☆
2016年02月20日 (土) | 編集 |
昨日に続いて、今日の追加公演に参加しました!
今日はあいにくの雨。昨日は外に出ていたお祝いの花も会場内に飾ってありました。

事前のグッツ販売では、ポーチが売り切れだったみたいです。
売り切れって聞くと、買った方がいいかなと思ってしまいますが・・・。
ご朱印帳が入るサイズだったら欲しかったんだけど、小さめで化粧ポーチな感じだったので、やめました(^^ゞ

今日は下手の前寄りブロック後方。
剛が客席に降りる時、下手に来てくれたら・・・と祈っていました。
近いので、双眼鏡なしでも表情がわかる感じでした(´ω`人)
ちなみに服装は、ベストとペイズリー柄のブラウスは前日と同じで、ジャケットは黒だけど袖が割れている個性的な形のもの、パンツは朱色地?に黒で三角のような柄が書かれたもので、この日もオサレでした。

前日わからなかった、剛の家から持ってきた物とは、「剛の描いた絵」と「椅子」でした。
ブルーレイデッキがキーワードで金曜日のめざましテレビを録画していてくれたのでわかりました。
開演前は、その絵にスポットが当たっていたので、じっくり見ましたが、手で描いたというよりは、コンピューターで書いたのかな?という感じの抽象的な絵・・・。私はなんとなく曼荼羅をイメージしました。
椅子は、背もたれがなくて、座るところが丸い木製で、時々座りながら演奏したりしていました。

今日は、バンドメンバーが3人ほど入れ替わっていたようです。
竹内くんはいなくて、代わりに名越さんが入っていました。
「Blueberry」の前には、剛が「ユキオって呼んで」「そんなんじゃ、ユキオの音楽は始まらない」とか言って、客席に「ユキオ!!」と叫ばせていました。「もっともっと来いよ」「正直、俺たちも眠いんだよ」とも言っていましたね。
そうして始まった今日の「Blueberry」は、昨日よりセクシー系。昨日は「口づけ」どまりでしたが、今日は行くところまで行っていました(ノω`*)ノ

後で聞いたMCによると、昨日は剛のお母さんが来ていたとか~。
だから、上品めだったのかもしれません。
お母さんから剛へのメールには、普段使わないワードが並んでいたそうで、普通は座って見ているのに、ずっと立って踊っていたとか。お母さんも楽しんでいたみたいで、良かったね~。
「いい仲間に恵まれて良かったね」「みんなで音楽やれるような小屋を建てて、そこで一生音楽をやっていけたらいいね」とお母さんが言っていたとか。
剛「今回、縁があって、この会場でやらせてもらいましたが、一つの場所でずっとやっていると、そういうことも考えたりしますね。奈良に音楽出来るところを建てて、そこでレコーディングも出来るだろうし・・・そんなんもええなと思ったりします」なんて話をしていました。

アンコール1曲目の後のMCでは、「いい曲やね~」と自画自賛した剛。
昨日と似た内容の話・・・「友達がいいと言ったからいいということじゃなく、自分で選ぼう」というような話を、少し違う言葉でしていました。
剛「僕にとっては、優しいということは、比較的簡単なことです。相手を思いやって、『大丈夫?』って言ってあげればいいんだよね」ちょっと言い回しは忘れましたが、そこであえて苦言を言うという話だったと思います。
剛「もっと自由にっていうか、自由というよりは、もっとピュアというか、ちょっと難しい言葉で言うと、無垢というか。世の中の常識とか色々な基準があるけど、そういうのがイジメのためにあるのかなと思ったりする。こっちが流行ったからこっちへ行って、また次あっちが流行ればあっちへ行って・・・そんなんしていたら、年取った時に何も残らない。それで楽しいんだったらいいけど、常識とかに捕らわれず、もっと自分に素直になった方がいいと思う」というようなことを言って、「そういうことを曲にしました」と話していました。

その後、2曲目の骨折ファンク(ブロークン・ボーン・ファンク)の話になり・・・。
剛「今日はいないけど、竹内くんが骨折したので、竹内くんは家族やから、曲にしないとと思って、作りました」
剛「竹内くんが、太いギャラをもらって・・・それは僕たちでいうと『ギャランティを沢山もらった』ってことだと思うんだけど、『太い』っていう表現がもうおもろいよな。太いギャラをもらって、ベッドの上ではしゃいだら、ほっそい骨を折ったらしくて・・・(笑)。それが、ここ(左後ろの肋骨)なので、竹内くんはいないけど、こういう振付をして下さい」と、昨日と同じ脇腹を撫でる振付。
剛「お母さんは、これやっていたのかな。それ聞いてなかったな。後で聞いておこう」
そして、ダッチさんと女性コーラス陣でもっと振付を考えようということになり、追加の振付もできました。

そして、最後のセッション。
前日は、スティーブが持ち運べる太鼓をたたきながら客席を回ってくれたのですが、この日のスティーブのパフォーマンスは、金属製の四角い缶(昔灯油が入っていたようなやつ)を叩くもので・・・ケリーの時に見たことありましたが。持ち運べる感じではなかったせいか、客席にはおりませんでした。
後から考えると、スティーブが後ろまで回ってくれたのも、剛のお母さんへのサービスだったのかなとも思います。
そして、いよいよ剛・・・。
剛が下手の通路に降りてきてくれた時は、キタ━(゚∀゚)━!と思いましたよ。
通路脇の席ではなかったのですが、ほんの1mほどのところを剛が通って行きました!!!
エレキギターのケーブルがあるため、来た道を引き返して行くので、2度観れました~。
この日はその後、上手の通路にも降りていたので、結果的に前ブロックの両側を通ってくれました。

セッションの後、メンバー紹介の時、ベースの鈴木渉さんがコマネチをやったら、名越さんも真似をし、その後全員がコマネチをやらないといけないような流れに・・・。オリビアさんなど、やりたくないけど・・・みたいな感じで、でも笑わせてくれて、最後落ち込む・・・という人もいて。最後は、誰のせい?みたいになって、鈴木さんが「オレのせい? でも、オレはちょこちょこやっていて、誰にも強制していないよ」と言っておりましたが、最後は「全部オレのせいです。すみませんでした」と言っちゃっていました。どっちかと言うと、名越さんのせいな気もしましたけどね(笑)。
最後は恒例の「ありがTU~~」で照明が暗くなり、暗い中から、剛が「本当にありがとう! 愛しているよ!」と言ってくれてお別れでした。

前日の話題になったモーニングがどうなったかは、言っていなかったです。
剛「今日は、昼のわりには良かったね」とか「こんな昼からFUNKやるのって初じゃない」とか言っていて、「今日この後は、このままのノリで行けると思うけど、問題は明日だよね。何時に起きる? あんまり遅く起きても喉がね・・・」とコーラスの女性陣と話していて、お客さんには、剛「今は色々と実況があると思うので、明日チケットがない人はそういうので調べて、明日はこんな感じやったんやな~と思って下さい」などと言っていました。

私の剛ライブは以上になりますが、今回の会場はステージが近くて良かったですね~。
また、あの場でやってほしい。チケットが取れるならだけど。
新曲については、「多分そのうちお届けできるとおもう」というようなことを言っていたので、もしかしたら公演の最後の方で発表になったりするかもしれませんね。
今年は二人活動も増えるはずだし、お楽しみが一杯です☆
スポンサーサイト
テーマ:堂本剛
ジャンル:アイドル・芸能