ジャニーズ他のステージ・レポを中心に、興味あることを書いてます♪ KinKi Kids中心の本館もよろしく☆
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年05月13日 (金) | 編集 |
間もなく楽を迎えるケンタッキー歌舞伎を観て来ました!
滝沢歌舞伎は今年で11年目。海外公演は別にして、毎年観て来ましたが、今年はかなり良かった!
セットも海外公演に合わせてか良くなっていたし、何と言っても健ちゃんがナイスです(≧∇≦)b

本日の情報としては、黒柳徹子さんとケンタッキーの会社の方が観に来ていたようです。
姿は見ていませんが、MC中に話題が出ていました。

オープニングは、いつものようにバイオリンと女性ダンサー、そしてタッキーのナレーションでスタート・・・。
と思ったら、タッキーが舞台上でフライング。客席に飛び出すのではなく、舞台の上で優雅に飛びながら女性ダンサーと踊ります。
なんだか、洗練された雰囲気になっているな・・・とみておりました。
その後は、「ちょいやっさ!」と春の踊りが始まりますが、ここもダンスの達者な大人Jr.とプロのダンサーさんなので、締まっていますし、タッキーがバーンと飛び出すセットも、以前はいかにも張りぼてだったけど、金色の五重塔の中から出てくるという美しさ。
今までのテイストを残しながらも、全体的にカッコよく大人向けになっているように感じました。

あれ、健ちゃんはいつ出てくるの?と思い始めた頃、タッキーに呼び込まれて、カッコよくスーツ姿の健ちゃん登場。
クールなソロ「Maybe」を1曲踊ります。背景に、白黒の別撮り映像が流れ、それも素敵でした。

Jr.の林翔太くんが一人芝居をする「お化け」は、雪女の話なんですが、ホラーです。背後に流れる映像とかは、タッキーが作ったのかな・・・って思いながら見ていました。
今回は、映像や照明も今まで以上にキレを感じました。

恒例裸祭りは、前半はタッキーだけですが、上下・左右にぐるぐる回る太鼓に、健ちゃんも参加。
健ちゃんは涼しげな顔でやっていましたが、タッキーは苦しそうでしたね~。頑張れ!って思いながら見てしまいました。

タッキーと健ちゃんのデュエットもすごく良かった!!
今回新曲の「浮世艶姿桜」。タッキーと健ちゃんが並んで踊るのですが、正直ダンスは健ちゃんの方がキレがあります。
日本舞踊や殺陣は、やはりタッキーに一日の長があると見ましたけどね。

恒例の化粧シーンでは、タッキーが女形の化粧をしますが、健ちゃんは立役の化粧をします。
そこをスノーマンがしゃべって、場を持たせるのですが、「タッキーが自ら健ちゃんにオファーをして、その場で4時間も打ち合わせをした」というエピソードを話していたりしました。
「二人でどんな挑戦をしてみたいですか」とまずは、健ちゃんに質問。
「ケンタッキーのCMが出来て、本当に良かった」という健ちゃん。そこに、割って入る佐久間くん。
佐久間「健くんは、ケンタッキー好きですか?」
健「好きだよ」
佐久間「ファンの人達は好きですか?」
健「好きだよ」
佐久間「佐久間は好きですか?!」
健「・・・別に、好きでも嫌いでもない」とバッサリ切られても、めげない佐久間くん。
佐久間「これから、思い出を作っていけばいいんですよ!」などと発言し、
滝「あと4回しかないのに、これから?!」
健「勘違いするなよ! おまえとの仲は、滝沢歌舞伎の期間限定だ! おまえのポジティブを全部ネガティブに変えてやる!!」などと言われていました(^^;

ジェシーと増田良くんの歌を挟み、化粧終盤になったケンタッキーだけが舞台に残ったところで、手を止めてじっと健くんを見るタッキー。
健「何待ち? オレ待ちか?」
ケンタッキーのCMを二人でやりたいという話はJr.時代からしていて、やっとかなったというような話をしていました。
滝「健くんには、最初『俺は絶対後輩とは絡まないから』ってマジで言われましたけど、今では僕より絡むようになって・・・。そんな健くんにもっとJr.のことを知って欲しいので、僕からお題を出したいと思います。この後、Jr.が口上を述べるんですけど、京本大我にはケンタッキーに滝沢歌舞伎をかけて、カッコよく口上を述べてもらいましょう。佐久間には、スノーマンに滝沢歌舞伎をかけてもらおうかな」
健「大丈夫? 今日はケンタッキーの人来ているんでしょ。失礼なことにならない? あいつ(佐久間)、KFCの意味知らなかったんだよ。『なんで、Tが入ってないんだ?!』って言っていたからね。KFC知らない人、初めて見たよ」
滝「スノーマンに滝沢歌舞伎をかけるから、大丈夫ですよ」
健「まあ、あいつがスベっても、俺には関係ないけどね」
   *
滝「早いもので、もうすぐ終わっちゃいますよ。今日を入れて、後4公演ですか。どうします?」
健「どうしよう・・・どうする?」
滝「どうしましょうね?」と言い合っていた二人。
タッキーが口紅を塗り始めると、健ちゃんがVTRをじっと見ていて、タッキーが思わず笑いそうになり。
滝「女性の人はわかると思うけど、これ動くと大変なことになるんですよ! VTR見ないで下さいよ」
健「いや、ファンの人は、双眼鏡で滝沢の顔見たり、VTR見たりしているんだろうなと思って。生の滝沢を見て、VTRを見てってしているんだよね。なんかおちょぼ口になっているよ」
滝「止めて下さいよ」とか、からかわれるタッキーがちょっと新鮮で微笑ましかったです。

そうして、いよいよ歌舞伎の世界へ。
最初は、タッキーが男の衣装で登場。以前もやっていた板をコの字型に立てて、そこにタッキーが立って見栄を切る・・・をやっていましたが、石川五右衛門というわけではない・・・という感じ。
その次が、タッキーの女形姿。今回、ここが唯一の女形でした。
立役で健ちゃんが出て来て、二人で踊るのですが、めちゃめちゃ色っぽい☆彡
これ、相手役をタッキーじゃなくて早乙女太一くんだったらもっといいのに・・・とか思ってしまったりしたけど、すごく素敵だった。このパートは、もっと見たかったけど、この次は二人は隈取で登場となります。
タッキーの隈取はちょっと怖かったけど、健ちゃんは意外と隈取似合っていました。
タッキーが黒い蝶となり、健ちゃんが白い蝶となっての群舞も幻想的でした。

そして、前幕終了。
後半は、今まさに放送中の、鼠小僧を生で見られます!
「鼠、夢小判~笑いあり、涙なし~」というタイトルがついていましたけど、お笑い中心。
なんと言っても、深沢くんの子町娘「お丸」が秀逸でした。

お丸と次郎吉の軽妙なかけあいが楽しいのですが、中には「今日は修学旅行生が来ています」と紹介されて、その修学旅行生からのメッセージを読み上げる場面が。
「先生は、タッキーのファンです」
滝「おう、今晩開いてるぞ」と腕枕のような仕草をするタッキー。
「今、本番中ですから」といさめられる。
「●●さんは、嵐の二宮くんのファンです」
滝「早く、帰ってくれ!」
「●●さんは、Hey!Sey!JUNPの有岡くんと伊野尾くんのファンです」
滝「伊野尾か・・・OK!」
「それはいいんだ・・・」

健ちゃんは、鼠を追いかける頭の切れる岡っ引きで登場。
もう一人、元気はいいけど、単細胞な岡っ引きを岩本くんがやっていました。
追い詰められる鼠をお丸が心配する場面では、花道に屋根のセットが出て来て、その上にいる鼠。
お丸はそこに登ろうとするんだけど、鼠が引っ張り上げてくれなかったり・・・というコミカルなやり取りがあり。
その後、やっと屋根に上ったお丸が、鼠を心配して切々と訴える真面目な場面があるのですが、その後イビキをかく鼠。
何度呼んでも、中々起きない鼠に、お丸の深沢くんが「起きて!ちゃんと、台本通りにやって!私はジャニーズJr.なの!この空気感、耐えられない!! 起きて!!」と叫ぶ(笑)。
やっと起きてくれた鼠に、お丸「じゃあ、もう一度気持ち入れます」って言って、鼠を心配するセリフをやり直していたのも楽しかったです。

最終的には、健ちゃんはタッキーの兄貴だったということで、二人で江戸に小判をまくという夢をかなえる・・・ということで、押し寄せる捕り手達と立ち回りを演じますが、この時にタッキーの舞台では恒例の水演出があります。
舞台上でバケツでザバザバ水をかけたり、ホースでかけたり、小さな池もあったり。
そんな感じで終幕となります。

その後は、これも恒例の「WITH LOVE」をタッキーが歌います。
前半は、女性のバレーダンサーが、ステージ上の水を足や手で飛ばしながら踊り、後半はJr.も登場して手話をしながら歌います。
その後、タッキーに呼び込まれて健ちゃんが登場。
二人で歌う「Love」は、タッキーが作曲・健ちゃんが作詞。客席の手拍子に合わせて歌う明るい曲で、会場が一体となる感じがします。
そして、本当の閉幕となりました。
この部分がアンコールに当たるのだと思いますが、今までは拍手で何度も出て来てくれたりという感じだったので、もう終わり?とも思いましたが、誰も拍手しないで、みんなすぐ帰る様子だったので、今回はこういう形式なのでしょう。
予定は20時45分終了だったけど、21時近かったし、十分満足です。アドリブが長かったのかな。

タッキーの舞台には、これまで色々な人が出て来ましたが、今まではタッキーに目がいきがちでした。タッキーの舞台だから、それで当然なんですけど、健ちゃんはタッキーに負けないオーラを放ちながら、タッキーを殺さない。舞台のセリフに「二人の科学反応」という言葉がありましたが、正にそんな感じでした☆
健ちゃんは4月に足を怪我したということでしたが、1か月経っていることもあってか、特に遜色は感じなかったです。
そう思ってみれば、椅子に座ったまま踊る演出もあるなと思うくらいでしょうか。それも、羽の生えた椅子に座って踊るというもので、とても素敵でしたしね。
すごく良かったので、また来年も健ちゃんが出てくれたら嬉しいですけどね~。
そして、ケンタッキーCMも第二弾をやってほしいです。

+++
家に帰って、蜷川幸雄さんが亡くなられたことを知りました。
森田剛くんの舞台や、昨年は亀梨くんが出演した舞台で、何度か蜷川さんの演出を見させていただいていたので、衝撃でした。
ご冥福をお祈り申し上げます。
スポンサーサイト
テーマ:滝沢秀明
ジャンル:アイドル・芸能
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。