ジャニーズ他のステージ・レポを中心に、興味あることを書いてます♪ KinKi Kids中心の本館もよろしく☆
2016年08月25日 (木) | 編集 |
舞台「王家の紋章」を見て来ました!
原作のファンという立ち位置で見に行きました。
出演者の方々は、正直皆さん存じ上げない方ばかりです。
キャロルとイズミル王子は、Wキャストになっています。

160824_ouke01

メンフィス役は、浦井健治さん。
テレビや舞台で活躍している俳優さんです。
声のキーが高いので、「少年王」らしい声と感じました。
ビジュアル的には、すごくいいとは言いませんが、まあ許容範囲です。

キャロル役の新妻聖子さん。
舞台好きな友人が「歌える子だよ」と言っていたので、新妻さんが出演回のチケットを取りました。
主に舞台で活躍している女優で、歌手。
顔も可愛らしく、歌も上手いです。セリフ回しも、遜色なかったです。

イズミル王子は、平方元基さん。
最近は主に舞台で活躍されている俳優さん。
Wキャストの宮野真守さんが声優さんだったので、ミュージカル経験者の方がいいかな・・・と思って選びました。
イズミル王子はかなり好きなキャラなので、ビジュアル的にはやや不満ですが、歌はやはり上手いです。

今回は、全キャスト歌が上手いな~と感じましたが、特に圧巻だったのは、アイシス役の濱田めぐみさんです。
劇団四季を退団したミュージカル女優とのこと。納得です。

ビジュアル的に、おいおいと思ったのは、ライアン兄さん(伊礼彼方)とミヌーエ将軍(川口竜也)ですね。
どちらも太め・・・(><)
特に、ライアン兄さんは人気あるキャラなのに~。
ミヌーエも太いしおじさんだし、それはアイシスに振られるわ!!
でもまあ、歌は本当に上手い・・・それしか言っていないみたいだけど。

逆に、イメージにピッタリだったのは、ウナス(木暮真一郎)・ルカ(矢田悠祐)・ミタムン王女(愛加あゆ)。
特にルカは、原作でも結構好きなキャラですが、キャロルが街を見物に出た場面で、キャロルの後ろで踊っているのが可愛くて、個人的にイチオシです。
ミタムン王女は、殺された後も、ずっと焼けただれた姿で出て来て、最初は迫力あるなと思っていたけど、最後の方はちょっと「ここは必要なくね?」と思ったりもしました。

160824_ouke02
(細川智栄子先生が舞台のために書き下ろした原画の複製が展示されていました)

あの壮大なストーリーを、舞台でどう表現するんだろう・・・とワクワクしながら、幕が上がるのを待ちました。
筋立ては、まあまあ原作に忠実ですが、長い話なので、色々端折っていました。
例えば、キャロルの家族はライアン兄さんしか出て来ません。
そのため、キャロルがコブラに噛まれるエピソードもなく、したがって、血清を持っていて、メンフィスを助けることが出来た・・・というエピソードも消えてしまい、メンフィスが刺されるのはサソリで、キャロルが心臓マッサージと人工呼吸で助ける・・・となっていました。
ジミーと教授も、カプター神官も、それらしい人はいましたが、舞台上で紹介されることはなかったです。

セットも概ね抽象的で、物語の進行は主に歌で語られます。
こういう歴史ものの場合は仕方ないんでしょうけどね。
初めて聞く歌を延々と聞かされるのは、やや辛いですけども、皆さん上手だし、帝劇は生オケなので、音響は最高です。
ただまあ、キャロルが現代と古代を行ったり来たりするのが、簡単そうに見えちゃいましたけどね(^^;
歌いながらうろうろしているうちに、あれ、現代?みたいな感じなので。

キャロルがメンフィスの墓から古代にタイムスリップして、メンフィスに見初められ、現代に再び戻るところまでが前幕。
後半は、メンフィスへの愛に目覚めたキャロルが、イズミル王子にヒッタイトに連れていかれ、メンフィスと結婚式を行うところまでになっています。

私は原作を読み込んでいるので、ストーリーがわかりますが、うろ覚えの人とか、よく知らない人は、わかりづらいかも。
もうちょっと、歌だけでなく、演技で表現する部分が増えてもいいのかなとは思いました。

有名漫画を舞台化した作品として、昨年「ガラスの仮面」を見て、すごく良かったので、「王家の紋章」も期待していましたが、作品としてはもうちょっとブラッシュアップして欲しいかなと思います。
来年4月に再演が決まったとのことですが、また見に行くかはハーフハーフって感じかなあ。
衣装は豪華でしたし、歌は本当に皆さん上手かったです。
スポンサーサイト
テーマ:ミュージカル
ジャンル:学問・文化・芸術