ジャニーズ他のステージ・レポを中心に、興味あることを書いてます♪ KinKi Kids中心の本館もよろしく☆
2017年05月21日 (日) | 編集 |
映画「追憶」を見て来ました。
V6の岡田くんが出演していますが、岡田くんが出ているから・・・というよりは、ストーリーが面白そうだと思って見に行きました。
原作がありそうな話ですが、映画のために書きおろされた物語です。

予告では、「かつての親友3人が刑事・容疑者・被害者として再開」となっていました。
そうなると、過去にあった事件が謎のまま話が進む・・・というパターンも多いですが、この映画の場合は冒頭に子供だった3人が犯した罪が描かれます。

四方篤(岡田准一)は男と出て行った母親に置き去りにされた子供で、成長して富山県警の刑事に。
足を引きずっていた少年、川端悟(柄本祐)は、東京で結婚し、ガラス店の店主に。
悟と同様親に捨てられた少年、田所啓太(小栗旬)は、地元富山で土建会社の社長になり、まもなく妻に子が生まれようとしていた。

3人の少年が罪を犯した冒頭の衝撃的な場面の後、刑事になった篤が、子供を亡くした後、妻(長澤まさみ)と別居している様子や、偶然25年ぶりに悟と再開する場面が描かれます。
悟は、「これから金を貸してもらうために、啓太に会いにいく」と話していて、二人は別れますが、翌日啓太は刺殺体となって発見されるのです。

過去の罪をかかえた篤は、悟や啓太のことを言えないまま、捜査に加わります。
啓太への疑惑を深める篤。同時に、過去や現在の3人の家庭の状況などのエピソードが交錯します。

映画は99分で、決して長くはないのですが、重厚な物語だと感じました。
この先はネタバレになってしまいますが・・・

3人の少年を受け入れてくれた喫茶「ゆきわりそう」の店主・仁科涼子(安藤サクラ)が、3人に「あとは私にまかせて、あなたたちは全部忘れなさい」と冒頭罪をかぶってくれるかのようなことを言っていましたが、結局涼子は服役しなかった・・・。
涼子に好意を寄せていて、3人にも親切にしてくれた電器屋の山形光男(吉岡秀隆)が「あのことがあったから、涼子と僕は一緒に過ごすことが出来た」と言っていることからも、遺体をどこかに隠したものと思われます。
ということは、啓太が喫茶「ゆきわりそう」の土地を買って、そこに家を建てようとしているのは・・・全く別の意味があるということですよね。
日本海の荒々しい景色や、夕日の映像が美しいですが、そこに啓太は幸せを築こうとしていますが・・・足元には死体が?!
一見すがすがしく思えるラストも、そう思うと違って見えてきちゃいませんか。
そのあたりも含めて、なかなか面白い作品だと思います。
岡田くんを含め、キャストもいいですしね。上質なミステリー作品です。
スポンサーサイト
テーマ:映画レビュー
ジャンル:映画