FC2ブログ
ジャニーズ他のステージ・レポを中心に、興味あることを書いてます♪ KinKi Kids中心の本館もよろしく☆
2018年09月15日 (土) | 編集 |
KAT-TUN再始動後、初の全国ツアーに行って来ました!
開場直後くらいの時間に行きましたが、プレ販売があったし、ツアーも中盤ということもあってか、横浜初日でしたがグッツ売り場は空いていて、すんなり購入出来ました。
控えめに買ったつもりでしたが、1万円近くいってしまいました(^^;
マグボトル・会報ホルダー・パンフ・内輪(亀)・ペンライトを購入。
ペンライトは、今年KAT-TUN2つ目なので、迷ったけど、何となく持っていないと非国民な感じがしちゃって(;'∀')
マグボトルは、私は本来、保温力重視派。
保温力は6時間で45度なので、満足いきませんが(60度以上が理想)、まあそこは我慢で。
デザインは素敵です!

今回もデジタルチケット。立ち見でないことは事前にわかりましたが、席は全く不明。
現場の発券で、席に行ってみると・・・サイド通路脇・センターステージ寄りの席でした!!
こんなに近いのは、KAT-TUN初かも!
結果から言うと、3人はそれぞれ1回ずつ通ってくれただけでしたが。
一番印象に残るのは、上田くんの腹筋を間近で見られたこと!
中丸くんは普通に通り過ぎていった感じ。
亀ちゃんは、前を行くときは、こっちを見てくれなくて、悲しい・・・と思っていたら、通り過ぎてから振り向いてこっちにアピールしてくれる・・・という亀ちゃんらしい時間差アピールにやられました。

Jr.も間近に見られて、今回は宇宙Six +αのJr.が出演していました。
名前わかるのは、山本亮ちゃんと江田くんくらいだったけど、Jr.もスタイルいいし、可愛いねえ。
山亮は相変わらずダンスキレキレだった~。江田くん、笑顔がまぶしい~。

アルバムCAST中心の内容となっています。
パンフによると、今回はスタッフに任せるところは任せるということを意識したようで、王道な感じの内容だったかと思います。

センターステージで、下から風が来ているところでアピールする・・・みたいな場面があり。
亀ちゃんは、首から長く赤いスカーフを垂らしていたのですが、それを風にあおられて、マリリンモンローがスカートがめくれた的なセクシーアピール。
次の中丸くんは、腰にスカーフをまいていましたが、中丸くんもちょっとセクシーしてみました的な感じで。
上田くんは、「俺はそんな愛想はふらねえ」的な感じでした(笑)。

トークは、番宣中心でしたが。
亀ちゃんが上田くんのパンツのゴムを直した件が1番ですかね。
上田くんは、白シャツの胸をはだけて着ていたのですが、ズボンからパンツのゴムが見えるように履いておりまして。
亀ちゃんが「上田くんは、こういう癖があるんだよね」と、パンツのゴムがめくれているのを直してあげて、更にインカムのベルトがその上に来ていたので、「これは(ズボンの)ベルトのところにくるようにしてもらえばいいよ」とファッションリーダーな発言をしていました。
中丸くんは、「お腹出していて、冷えないの?」と言って、上田「かあちゃんみたいだな」と言われていました。

宇宙Sixが呼ばれて、紹介していた場面では。
「メンバーの原嘉孝が、メタルマクベスという舞台に明日から出演するので、今回は4人で出演させてもらいます」と言ったところ、
中丸?「KAT-TUNよりそっちを選んだっていうことですね」
亀「そういうと、語弊があるからね・・・」
その後、山本亮ちゃんが「俺は、こっちを選びました!」と言ったところ・・・。
上田「媚売ってるのか?! 豚に食わしてやる」
亀「上田くんは、養豚場をやっているんですか?」
中丸「上田くんは髪が金色に近い人には厳しめなんで」
とか、後輩にすごむ上田くんが面白かったです。

今回のソロパフォーマンスもそれぞれ印象的でした。
中丸くんの「Marionation」は、独特な歌詞が印象的なんですが、これには中丸くんもかかわったとのこと。
亀ちゃんがやったら、かなりエロくなるだろうと思うのですが、中丸くんなので、男性の悲哀みたいなものを感じる仕上がりになっていました。ゆっちにしては、色気出ていましたよ(失礼か)。亀ちゃんにもやってほしい、この曲。
上田くんの「World's End.」は、毎度な暴力的演出。恰好いいけどねえ、私は暴力は反対。
最初は映像の蛇をぶった切って登場したり、爆弾のカウントダウンの最後に、爆発音とともにパフォーマンスが途切れる・・・とか映像・音・照明とのコラボとはお見事でした。
そして、亀ちゃんの「One way love」は、エロはなし・・・ではないか。
衣装は露出少なめ。ぶかぶかしたスーツ。
裸足で、創作ダンサーのような、激しいダンスで表現・・・。新しいなと思ってみていましたが、最後はちょっとエロかった。そこはファンの期待を裏切らないということで。

オープニングでは、「今日はしっかり感じて帰れ」と言っていた亀ちゃん。
最後は、「みんな感じた? ・・・なんか、言えよっていう空気を感じたので」と言っていました。
上田くんは、「この距離感久しぶり。なんか、楽しかった」
中丸くんは、「今日は事務所の人も来ているので・・・、まだツアーは半ばですけど、来年も早いペースでまた会いたい」というようなことを言っていました。

ラストは、いつものようにお隣さんと手を取り合って、「We are KAT-TUN!」
銀テープは、落ちてこなかったけど、スタッフさんになんとか分けてもらえました。
裏面が、グッツに使われているカラフルな「CAST」のロゴで、表は黒字で「KAT-TUN LIVE TOUR 2018 CAST」と印刷されていました★

発券されたチケットにQRコードがついていて、動画がダウンロードできるみたいでしたが、私のガラホでは見られず(/_;)
でも、楽しかった!
タキツバショックが少し癒された。
後、先日私の誕生日だったので、祝ってもらえたと勝手に思っています。曲に「Sweet Birthday」も入っていたし。
来年も楽しみにしているよ~。
スポンサーサイト



テーマ:KAT-TUN
ジャンル:アイドル・芸能