FC2ブログ
ジャニーズ他のステージ・レポを中心に、興味あることを書いてます♪ KinKi Kids中心の本館もよろしく☆
2019年02月10日 (日) | 編集 |
今年もSHOCKの季節がやって来ました!
初日の翌日に観に行きました。
帝劇の外は写真があったけど、中は今年はロゴだけでした。
歌台詞が増量するなど、内容がかなり変わっていた今年のSHOCK、思い出せる限りでネタバレ・レポさせていただきます。

キャストは、オーナーが2年ぶり・・・でも定番感のある前田美波里さん。以前はショートカットでしたが、今回は長めの髪でドレッシーな印象に。
リカ役は、梅田彩佳さん。最近可愛くて歌も歌える人が多かったけど、久しぶりに普通の人来た・・・と思って観ておりました(すみません)が、AKBの人だったとは(^^; 歌はまあまあ上手かったので、てっきり舞台畑の人かと思っていた。
そして、今回のライバルは内くん! 大阪公演に出ることが多かったので、私はお久しぶりで、楽しみにしていました。
Jr.は帝劇公演に出演予定のふぉーゆーの越岡くんが稽古中に怪我をしたため、急きょ代役となった松崎くんと恒例の福田くん。
パンフレットには、松崎くんのページが別添でついていました。
そして、だいぶなじんだ感のある寺西くんと海斗くん、昨年加入した元太くんと、タッキーの舞台ではよく見ていた川島如恵留くんが新規の加入。今まで、若手ジャニーズは、ライバル派でしたが、今回は寺西くんが光一派となっていました。

雑誌など見ていなかったので、予備知識がなかったのですが、最初の挨拶のところで、光一「演出を変えたSHOCKの世界にご案内します」と言っていたので、そこで「変わったんだ~」と思いました。毎年少しずつは変わっているけど、こういう挨拶をするからには、結構変わったのかなと、期待して見ていました。

最初に、あれ?と思ったのは、手品のパートがなくなっていたこと。
両脇から2枚の光一の写真が登場し、中央で合わさると、その後ろから光一が登場・・・という演出がなくなり、光ちゃんはカーテンの後ろから普通に登場していました。これは、気持ち物足りない感あったのですが・・・。おそらくは、後からの演出のための時間短縮だったのではないかと思います。

オフブロードウェイの幕間の場面の最後、リカと内くんがそれぞれ「今日こそ相手に気持ちを伝える」と歌う歌台詞が追加。
屋上の場面では、福ちゃん「シェークスピアって去年やってたのと違うの?」と昨年と同じボケを言っていましたが。
光一は笑いながら、「うるさいな! 怒られてしまえ!」って言っていたけど、ジャニーさんがいたのかなあ。それとも、時間押しているのに、伸ばすなってことかな。
屋上では、翌日の予定を話した時、リカが「朝から行こうよ」と言って、光一に「無理」って言われるのですが、ビルの下をカンパニーのメンバーが通る場面では、内くんが「リカ、俺は朝から行けるよ!」と言ってスルーされていました。

公園には、ライバル役が毎回ダサい恰好で現れます。
屋良くんはヒョウ柄で、優馬くんはシマウマ柄。内くんはアメリカ国旗柄でした。
公園の場面の最後もオーナーの歌台詞が追加になっていました。

オンブロードウェーのショーでは、1曲目の後、光一がジャケットを脱ぎ、タイをほどいてしっとり歌う場面が追加になっていました。
これは、1曲目の後、楽屋に下がった光一っていうことでしょうか。
光ちゃんがジャケットを脱いだ時、ちょっとドキッとし、タイを外して、シャツのボタンを開けた時は、やられた~って思いました。
それだけなのに、色気感じました!!
でも、ジャングルがなくなっていた・・・それは悲しい。。。ヘソビームとボタンはずし・・・どちらも捨てがたい(><)

オンの幕間、楽屋のおばちゃんとの会話は省略になっていました。
イラつく内にぶつける光一の台詞が「歌っていたって、踊っていたって、周りが見えていなきゃいいものは出来ない」という無茶ぶりから、「衣装も着けずにただ出てきただけじゃないか。それがおまえのショーマストゴーオンか?」に変わっていて、納得のいくセリフになっていました。
今回からだったのか自信はないのですが、最後に歌う光一と内の歌詞も少し変わっていたような。
光一は「一緒の夢に向かって走る」みたいな歌詞で、内は「もう同じ夢は見られない」というような内容でした。
今回の変更で、「夢」というキーワードがクローズアップされていたように思いました。

ジャパネスクの光一の登場が、客席からでなく舞台後方からになっていました。
これで、光ちゃんが1階を駆け抜ける演出はなくなり、客席に近づくのは、2階席飛び移りだけになりました。
見るのが初めてではなけど、内くんの双頭の刀は、派手でカッコいいです。
光一に矢を打つところは、双頭の刀に弦を張った形になっていて・・・それはよく考えると、どうかなって思うけど(笑)。
原理はともかく、見た目はカッコいいからいいか。

1幕のラスト、階段の場面。
内くんは真剣をつかんだ後、「幕を下ろせ」と叫び、よそ見した時うっかり光一を刺してしまう・・・となっていました。
他のライバルは、光一に「続けろ」と言われ、演技をする中で刺してしまう感じだったけど、純然とした事故の感じになっていました。
また、その刺した瞬間、内くんは客席の方を向いていて、一瞬動きを止めるという演出もあり。
その同じポーズを2幕のリチャード三世でも再現していて、あの時の場面なんだなというのを思い出させる演出に一役かっていました。
階段落ちの後、光一は今まで奈落にはけていっていましたが、よろよろと階段の方に戻り、階段の上に倒れて終わっていました。その方が観客からは見やすい感じですね。

後半は、内くんが追いつめられていくのが強調されていて、可哀想になります。
デットオアアライブの後、ハムレットの前、カンパニーのメンバーが登場して、内くんを責める場面追加。
リチャード三世では、光一と内が交代するところで、光一「続けるんだ」 内「え?」とか、棺桶を開く時、今まではシェイクスピアのセリフで「これが殺戮の見本!」と叫んでいたところを、リカが「ヒロキ、見なさい」と言ったり、内くんが我に返る場面追加。
メンタル弱い内くんは追いつめられるよな~。

光一が帰ってくる前、看護士からネックレスを受け取ったリカもちょっと歌います。
「もうあなたは戻らない」というような歌詞だったと思います。

光一が帰ってくる場面、自分の写真を見て、去年までは「やだ、イケメン!」だったのに、「なんだ、このおっさん」と言う光一(笑。ちなみに、昨年と同じ写真)。
リカに背後から抱き着かれた光一のところにやって来るのは、去年まではふぉーゆーの二人でしたが、今年は福ちゃんと寺西くん。
「体は大丈夫か」と聞かれ、光一が「小柄」と答えるのは同じ。
「良かった」と言われ、「小柄で?」と光一は聞き返すのですが、寺西くんは対応出来ず。
まだ最初だからね。そのうち、突っ込み出来るようになるか楽しみです。

光一が内の舞台に乱入し、ハイヤーを踊る時、最後まで内に付いているマッツーが何度も内に踊ろうと促すが、内は行こうとしない。松崎がしびれを切らして行ってしまうとき、行かないでみたいに手を伸ばす内。
光一が死んだとリカに告げられる場面では、他の人はオーナーにも「なんか言えよ!」と食ってかかるけど、同じ台詞でも、内くんは泣いてすがる。
この辺り、内の弱いところが出ていて、より哀れな感じが出ていました。
会場泣いている人が多かったですが、私は内くんが可愛くて、ニヤニヤしていたという・・・。だって、可愛いんだもん。
マスコミのシーンは説明セリフだけで、やり取りはカットされていました。

ラストステージの絡みダンスは、体格差に萌え(爆)。その分、今回はリカが小柄でしたね。
ラストのぎゅ!も復活。
最後に光一が倒れる場面、以前は光ちゃん抱きしめられることが多かったけど、最近は抱き上げるだけのライバルが多かった。
でも、内くんは抱きしめてくれた!! ってか、すがった感じかな(笑)。
大階段で歌う場面も、光一の背後から手を差し伸べる内くん。
屋良くんはもうしっかり後を継げる感じで、優馬くんは「これから頑張っていきます」って感じだったけど、内くんは「まだ無理~。行かないで~」って感じなのよね~。
とにかく、久しぶりに萌えたわ~。内くん最高!
体大きくてダンスも上手く、イケメンだけど甘えん坊という末っ子キャラが楽しかったです。

最近ちょっといつものSHOCKという感じに慣れていた部分があったけど、久しぶりに進化したSHOCKを実感しました!
すご~く良かった!! トキメキました★
スポンサーサイト



テーマ:堂本光一
ジャンル:アイドル・芸能