FC2ブログ
ジャニーズ他のステージ・レポを中心に、興味あることを書いてます♪ KinKi Kids中心の本館もよろしく☆
2006年03月23日 (木) | 編集 |
亮司は笹垣を刺すが、殺すまでには至らない。
雪穂は、亮と連絡が取れないまま、大阪に出す2号店の準備に追われていた。その2号店のマークには、亮司からもらった太陽の切り絵のデザインが使われていた。
篠塚は、雪穂に「本当に太陽の下を歩きたいなら、桐原に話をさせてやれ」と自首を勧めるが、雪穂はあくまで知らないふりをする。
一方、かつて亮司と詐欺を働いた友彦が、「桐原を捕まえてやってくれ」と自首してきたことによって、亮は指名手配される。
雪穂を見張っていれば必ず亮が現れると、警察とともに張り込んだ笹垣の前に、サンタクロース姿の亮司が現れるが・・・。


いよいよ最終回です。
もっと原作から離れた展開になるのかと思ったら、まずまず無難な着地点でしたね。
原作になくて、意外だったことと言えば、亮司に子供ができたこと。そして、雪穂が最後なにもかもなくしてしまうところでしょうか。
原作のラストでは、ブティックのオーナーの雪穂が一切の罪を逃れて華麗に去ってゆく・・・という感じだったので。
ドラマの方が人間味がある、観世懲悪な描かれ方をしていました。
最後の最後まで、真実を語って楽になろうとはせず、一生罪を胸に秘めた生き方を選択してしまった雪穂。その方がよっぽど生き地獄なんだな・・・ということが胸に迫りました。

ブログランキング ブログ村  カワイイ☆ブログランキング

スポンサーサイト



テーマ:白夜行
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック