FC2ブログ
ジャニーズ他のステージ・レポを中心に、興味あることを書いてます♪ KinKi Kids中心の本館もよろしく☆
2006年09月03日 (日) | 編集 |
ユースケ・サンタマリアさん主演の映画、UDONを見てきました。

(ストーリー)
コメディアンを目指していた香助(ユースケ・サンタマリア)は、挫折して故郷の香川に帰ってくる。香助の父は製麺業をしていたが、家業を嫌って家を飛び出した香助との間には確執があった。
広告代理店をしている幼馴染の庄介(トータス松本)に紹介され、タウン情報誌の編集部でアルバイトを始める香助。
情報誌に、うどんを紹介した記事がないことに気づき、作家になる夢を持った恭子(小西真奈美)らと共に、うどん屋を紹介する記事を書き始める・・・。

(感想)
私は香川に縁もゆかりもなく、足を踏み入れたことすらありませんけど、香川に里帰りしたような気持ちになりました。
単なるサクセス・ストーリーかというと、そうではなくて、「祭りの後」までちゃんと描ききっているところも好感が持てました。
難点といえば、ヒロインが主人公に惹かれる気持ちがイマイチ分からないところですか・・・(笑)。
主人公と父親の関係も、作り物じゃない、本物めいた手触りがあってよかったですし、鈴木京花さん演じる姉の存在が、全体を締めていたように思います。

それにしても、本当にうどんが食べたくなります。私は、家で自分で作りましたが・・・。映画館で、地元の讃岐うどん屋を紹介したリーフレットとか配ればいいのに。
映画の中に、「瀬戸大橋が出来る前の連絡線のうどん」のエピソードが出てくるのですが、北海道生まれの私は青函連絡船の海峡ラーメンを思い出しました。
私のソウル・フードは、札幌ラーメンかもしれません。

評価:★★★★☆+0.5くらい。

ブログランキング ブログ村  カワイイ☆ブログランキング

スポンサーサイト



テーマ:UDON
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック