FC2ブログ
ジャニーズ他のステージ・レポを中心に、興味あることを書いてます♪ KinKi Kids中心の本館もよろしく☆
2008年09月24日 (水) | 編集 |
「闇の子供たち」という映画を見てきました。
タイでの臓器売買がテーマの問題作。
上映映画館が少ないせいかもしれませんが、結構人が入っていました。

新聞社に務める南部(江口洋介)は、本社から日本人の子供が闇ルートでタイで心臓移植を行うという情報を得て、調査を開始する。
ドナーの子供が、健康体で生きたまま、麻酔をかけられ、心臓をとられると知って、ショックを受ける。
一方タイのNGOでボランティアをする恵子(宮崎あおい)は、他のメンバーと共に売春宿で働かされている子供を救おうとするが・・・。

私は、こういうことが現実に起こっている・・・というぼんやりとした知識はあったのですが、映像で見せられると、その生々しさにやはりショックを受けてしまいます。
映画評を書いていた人の中には、「現実はもっと酷い」というようなことを言っている人もいましたが、十分に酷いことだと思えました。

この映画の優れているところは、この話を「遠い国の酷い話」で終わらせていないところではないでしょうか。
子供を手術させようとする親は、タイの子供が犠牲になることを知りながら、わが子を救うために目をつぶります。
それが悪いことだと責める勇気は私にはありません。かといって肯定もできませんが。
そして、タイの子供達を買っている多くの日本人。
エイズにかかってゴミに捨てられる子供の末路・・・。

ただ貧しい家に生まれたというだけで、なんの罪もない子供の悲惨な最後と、両親に守られ手術を受ける子供の差はどこにあるのか。
男の欲望に、倫理を求めるのは無理なことなのか。
私達先進国の人間は、普通に生活しているだけで、今この瞬間も途上国の誰かを踏みつけているのではないか。
・・・そんなことをツラツラと考えてしまいました。

俳優陣も、他に妻夫木聡、佐藤浩一、鈴木砂羽と豪華ですし、主題歌も桑田桂祐とメジャーどころだったので、ちょっと意外な感じがしました。
それを楽しむというよりは、息を呑んでただ画面に釘付けになっておりましたが。
確かに後味のよい作品ではありませんが、見るべき映画であり、忘れられない映画だと思います。

評価:★★★★★

ブログランキング ブログ村  カワイイ☆ブログランキング

スポンサーサイト



テーマ:考えさせられた映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック