FC2ブログ
ジャニーズ他のステージ・レポを中心に、興味あることを書いてます♪ KinKi Kids中心の本館もよろしく☆
2009年04月09日 (木) | 編集 |
クリント・イーストウッド監督、アンジェリーナ・ジョリー主演の映画「チェンジリング」を見てきました。
毎度ながら、終わりそうになって、慌てていきました。

最近シネコンで見ることが多かったのですが、今回は伊勢崎町のニューテアトルというところに行ったら、とてもレトロでビックリしました。それはさておき。。。

ロサンゼルスで実際に起こった事件を描いた映画です。
シングルマザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)が、ある日仕事に出かけて帰ってくると、9歳の息子ウォルターが姿を消していた。
5ヵ月後、警察からウォルターが見つかったと連絡があるが、引き合わされた少年は別人だった。
ところが警察は、息子が別人だというクリスティンの訴えを取り合わない。
息子を取り戻そうとするクリスティンは、思いがけない運命に巻き込まれていく・・・。

実話だとわかって見ているので、すごく怖いです。
今から100年も経っていない過去に、こんな酷いことが起こっていようとは。
あまり書くと、これから見る人が面白くなくなってしまうと思うので書けないんですが、
良心はないのか・・・と思うようなことが沢山出てきます。

PG-12ということで、残酷なのかなと思ったら、そこまで酷いシーンはないですが、ズシリときました。
クリスティンはとても強いな~と感じました。
ちょっと、北朝鮮の拉致被害者家族のことを思い出したりもしました。
ジワジワ怖い、考えさせられる作品です。

評価:★★★★☆

ブログランキング ブログ村  カワイイ☆ブログランキング

スポンサーサイト



テーマ:映画レビュー
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック