FC2ブログ
ジャニーズ他のステージ・レポを中心に、興味あることを書いてます♪ KinKi Kids中心の本館もよろしく☆
2010年05月01日 (土) | 編集 |
本日は、映画の日で、GWで土曜日だったため、映画館はとても混んでいました。
予想はしていましたが、小さめの会場での上映だったので、残席が少なく、最前列で見るはめに・・・。
首は痛いし、目も疲れましたが、映画は面白かったです!!

(物語)
記録映画風に始まる。
ある日突然、南アフリカのヨハネスブルグ上空に、巨大なUFOが出現。
その後、なんの動きもないので、人類が宇宙船の中に突入してみると、中にいたのは衰弱したエイリアン達。
エイリアン達は、一旦UFOの真下に下ろされ、仮の住居を与えられるが、彼らの住む第9地区はたちまちスラムと化す。
盗みや殺人を行うエイリアンを人々は「エビ」と呼んで蔑み、一般市民との軋轢が増したことから、南ア政府は、民間企業MNUに、強制移住計画を委託することになる。
物語は、移住計画の責任者となったヴィカスを中心として進む。
ヴィカスは人のいい文人で、すぐにエイリアンに銃を撃つ軍人達をいさめたりもするが、所詮エイリアンのことは虫けらのように思っていて、彼らの卵を残酷に処分したりもする。
そんな中、ヴィカスが謎の黒い液体を浴びてしまったことから、状況が一変し・・・。

(感想)
荒唐無稽な話・・・と簡単に切り捨てられないリアリティがあるのは、エイリアンの造形ではなく、人間側の造形が見事だからではないでしょうか。
途中、結構グロいシーンもありますが、エイリアンがグロテスクっていうんじゃなくて、人間のシーンの方が気持ち悪いんです。それが、なんだか象徴的。
人間って、他人事ならば、平凡な人間でもひどく残酷なことを残酷とも思わずに出来る・・・ということが、描かれております。
最後まで、目が離せません。

評価:★★★★★

ブログランキング ブログ村  カワイイ☆ブログランキング

スポンサーサイト



テーマ:★おすすめ映画★
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック