FC2ブログ
ジャニーズ他のステージ・レポを中心に、興味あることを書いてます♪ KinKi Kids中心の本館もよろしく☆
2010年09月14日 (火) | 編集 |
100914Sisi

今日は帝劇に来ていますが、ジャニーズの舞台ではありません。
ミュージカル・エリザベート。
19世紀末に実在したオーストリアの美しい皇后を描いた作品です。
9月は予定が開いていたし、興味があったので、思わずチケットを取ってしまいました。
普段は時間とお金の関係で、中々手が回らないのですが。

この舞台は、エリザベートがダブルキャストで、トートがトリプルキャスト。
今日のキャストは写真の通り。実は、城田優くんが見たかったんですよね~(やっぱりイケメン目当て。笑)

トートと言うのは、死神のような存在。エリザベートにつきまとう死の陰であり、エリザベートを愛する存在としても描かれています。
このトートのメイクも衣装も、城田くんが超お似合い!
顔はもちろん美しいけど、手も指が長く綺麗で、演技が映えました。

エリザベートは朝海さん。華奢で瑞々しい少女から、晩年の威厳ある姿まで好演していました。

エリザベートを何回か見ている友達から、「お姫様抱っこが出来るのは城田くんだけ」という情報がありましたが、最後にお姫様抱っこありました!

でも、私がそれより萌えだったのは、シシィ(エリザベートの愛称)の息子ルドルフとトートのキスシーン!
その後、ルドルフは自殺してしまうので、深刻なシーンなのですが、ニヤニヤしちゃいました。
シシィが息子の死を嘆く姿にはウルっと来ましたが(;_;)

アンコールは3回までは予定通りだったと思われます。客電が点いてからも拍手が止まず、朝海さんと城田くんだけもう1回出て来てくれて、城田くんが最後に投げキスしてくれました☆

先日、BSで放送した映画を見て、関連書籍もちょっと読んだので、ある程度は知識が入ってまして、ストーリーも概ね理解出来ました。
そうじゃなかったら、難しかったかも。

台詞より歌が多く、ザ・ミュージカルという感じ。
セットや衣装も素晴らしく、完成された厚みのある舞台でした。
見に行った甲斐がありました!

ブログランキング ブログ村  カワイイ☆ブログランキング

スポンサーサイト



テーマ:ミュージカル
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック