FC2ブログ
ジャニーズ他のステージ・レポを中心に、興味あることを書いてます♪ KinKi Kids中心の本館もよろしく☆
2011年09月20日 (火) | 編集 |

今日は帝劇で今回2度目のドリボ観劇☆
トータル4度目にして、初の1階席!
しかもセンターブロックの中程という、帝劇はジャニーズがらみで毎年4~5回来てますけど、めったに当たらない良席でございます(・∀・)

考えて見れば、ドリボはいつもA席で、KAT-TUNコンサートも東京ドームのスタンド席だったし、今までで一番近くで亀ちゃんが観られる!!と期待が膨らみます♪

そんな感じで公演がスタート。
DVDのカメラアングルそのままのような、凄くいい視点で観られました。
今までは斜め上から見ていたけど、その時は分からなかった演出もありました。

何より、3人とめっちゃ目が合う…そういう気がするってだけだけどね( ̄▽ ̄)ノ″

今日もMCは長かった!
聖くんいわく、「今までで一番ひどい」だそうだけど、笑い過ぎてお腹にきた。

まず、亀ちゃんが真面目に挨拶の後、聖くんが「まず、謝らせて下さい。今のRan For Youの時、チャックが開いてました」と言って、亀ちゃんがリアルに自分のチャックをチェックするところを見てしまった(*^^*)

中丸「確か、昨日も開いてませんでしたか?」
聖「昨日はオープニング。今日は締め…まあ見せていこうってことでね」
亀「自信があるんですね」

亀ちゃんが中丸くんを紹介する時、「久しぶりの出演になります、前回は100年前に出演しました」と言って、中「100年前に出演しました中丸です…違いますよね?」とノリツッコミ。

今日の中丸くんのボイパで変なことをやっていた…と言う亀ちゃんと聖くん。
「お時間頂戴します」等と可笑しな声音で繰り返していたのですが…。
亀「今日初めてですよね? ここに来て、新しいこと入れてくるかと思った。今日、機嫌いいんだなって」
中「二人と違って舞台久しぶりだったから、生の良さを感じていて。そろそろ新しいこと入れていかなきゃダメだなと思って。機嫌いいとかじゃなくて」
聖「普通に喋ればいいのに。あれは何かのキャラクターなの?」
中「正直に言っていいですか? 3年前に一人舞台やった時に、ゲンタニシっていう、ああいうしゃべり方で天気予報するキャラクターをやったんですよ」
亀「全然新しくないですよね!? しかも、メジャーでもないし…」
中「今、三千人位お客さんがいる中で、20人位しかわかってないと思いますけど」と客席に聞いたら、結構手が上がってました。

亀ちゃんが「キャラクターの名前、なんだっけ?」と何度も聞きなおし、聖「気に入ったみたいだね」
亀「気に入るとしつこいから、気をつけて」と、以前に盛り上がったという「ニラ」の話に。

亀「中丸は、KAT-TUNじゃないんじゃない?って話になって・・・。じゃあ、何かって言ったら、ニラだって」「俺達、KAT-TUN亀梨和也、ドーン!、田中聖、ドーン!って感じで紹介されるんですけど、田口淳之介、ドーン!、上田竜也、ドーン!ってなった時、上田がニラを持ってるの」と楽しそうにニラの話をする亀ちゃん。

中「帝劇100周年に、こういう話はふさわしくないんじゃないかな? 大体、俺、今日ちゃんと挨拶してないからね。流れ作業になってたから・・・。帝劇100周年だから、ここの最初の挨拶は大事にしていこうって言ったの、亀だよね?」
亀ちゃんは「はい・・・、はい・・・」と手を前に組んで聞いていましたが、「すいませんでした・・・」と涙ぐむ真似。
聖くんが近づいて慰める。
「ゲンタニシ、怖い・・・」という亀ちゃんに、聖「ずっと中丸だったよ」

仕切りなおそうということになり、亀ちゃんが「元気?」と聞く。
亀「だって、何気にこういう場でないと、話す機会ないじゃない。今日は取材あったけど、聖はラジオで後から来たし・・・」
中「亀はそういう風に思ってたんだ」
亀「今日楽屋で、俺がソファーで横になっていたら、中丸が着替え始めて・・・俺がいるここにお尻があるんですよ」と、身振りで仰向けに寝ている顔の上にお尻が来ていると示す。
亀「これは、やらないと逆に失礼だなと思って、浣腸しました」
中「そこに亀がいるって思わなかったんだよ。それ、ここで言うかな・・・」
亀「だって、こうですよ(お尻が突き出された状態)。セットでしょ? だからやったら、またお尻を突き出してきて、3回くらいやりました・・・盛り上がったよね」
中「盛り上がったけど、それ、ここで言うかな・・・」
聖「俺が田口とラジオやってる間に、そんなことしてたんだ」
亀「あれは、いいよ。これから、KAT-TUNで取り入れていこうよ。例えば、聖と今日ちょっとなんか・・・と思っていても、浣腸したら、次会ったとき、『ウェーイ!』ですよ」

聖「今日のMC、ひどいね。今までで一番ひどいんじゃないかな・・・まあ、亀と中丸が楽しそうで良かったよ」
中「おまえも、入ってこいよ。何、傍観してるんだよ」
亀「もう、何話していたか、全然わからなくなった・・・」
聖「思い出した。ゲンタニシから、亀が気に入るとしつこいって話になって・・・」
亀「このふり幅が、KAT-TUNかなってことで」

中「ニラはちょっと、かっこ悪い。違うのにして」と言い出し・・・。
亀「じゃあ、ナマコは? ちょっとヌルヌルしてるけど」
中「確かに、免疫機能がよくなるけどね・・・。悪くなるものは、ちょっと・・・」
聖「じゃあ、ニンニクとかも駄目ってことですよね? 野村佐知代さんは?」
中「全然違うグループになっちゃうからね」
聖「野村監督もあるってことですよね?」
亀「野球チームが出来ちゃうからね。みんな、IDで考えて・・・」「ニラ、いいと思うけどな。俺、CD買うよ。ファーストシングルとかはいいんだけど、3枚目くらいになると、くたっとして、汁とか出てくるの・・・」と楽しそうに話す亀ちゃんに、聖「亀と中丸が楽しそうでよかった」
中「だから、入ってこいよ!」

亀「もう、ゲンタニシがメンバーでもいいよ。GET-TUNで」
聖「GET-TUNだったら、中丸に挟まれちゃってるからね。亀が抜けてるから」
中「俺、忙しいよ・・・」と、最初の出番が終わったら、最後に回る仕草。

中丸くんが、小道具のお札を拾い、「ラストマネーだ!」と言って。
亀「上手いこと番宣したみたいになってるけど・・・」
中「今日の10時ですよね。みんなは、どうするの?!」
聖「今日MC長いからね・・・19分くらい喋ってる? 終わって9時半・・・。間に合う、間に合う」
中「ここにいるのは、見る気がない人たちってことですよね?」
亀「だからって、時計見て、『あ、ラストマネーだから帰らなきゃ・・・』って途中で皆帰りはじめたらイヤでしょ」
中「それは、イヤだけど・・・」
聖「間に合わなかったら、ビックカメラでみんなで見ればいいんだよ」
亀「今、ワンセグとかハードディスクとか、色々あるから。間に合わなかった方は、喫茶店で『今日、ゲンタニシ良かったよね~』って語り合っていただいて」

亀ちゃんがまた仕切りなおそうと笑いをこらえながら話しはじめたら、中丸くんがゲンタニシの口調で「頑張れ!」とか言って、亀「おまえ、ひどいな」 聖「それは、一番やっちゃいけないだろ」と亀ちゃんと聖くんから蹴られ、中「今のは、俺が悪かった? やりたくてしょうがなかったんだよね」

こんな調子で、かなり笑いました。
たっぷり喋ってもらえて、嬉しかったです。
亀ちゃんのお色気たっぷりなダンスも、正面から堪能できて嬉しかった~☆
後日、本館にもレポを書きます。

ブログランキング ブログ村  カワイイ☆ブログランキング

スポンサーサイト



テーマ:KAT-TUN
ジャンル:アイドル・芸能
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック