FC2ブログ
ジャニーズ他のステージ・レポを中心に、興味あることを書いてます♪ KinKi Kids中心の本館もよろしく☆
2012年12月18日 (火) | 編集 |
知り合いの連れが行けなくなったとかで、急遽誘われて行ってきました!
歌舞伎初体験です★

演目は「籠釣瓶花街酔醒」と、「奴道成寺」。
「籠釣瓶花街酔醒」は、吉原で花魁道中を見て、御職の八ツ橋に心を奪われた田舎者の醜男が、吉原に通いつめてついに見受けするところまでこぎつけますが、その直前に惚れた花魁から満座の中で面罵される・・・という話で、縁切物というらしいです。

最初が花魁道中から始まり・・・豪華絢爛な舞台美術や着物姿に目を奪われました。
吉原の世界というのは、映画やドラマや漫画なんかでは見てましたけど、それが目の前で生で展開する・・・ということで、とても興味深かったです。
台詞回しは独特ですが、言葉そのものは時代劇とさほど違わないので・・・。
解説を聞ける機械とか借りなかったけど、思ったよりも判りやすいですね。

大衆演劇やジャニーズの舞台で、歌舞伎の要素を見ていたので、その元ネタを見る感じで、「あれはここから来てるんだな~」というのが色々ありました。
特に後半の「奴道成寺」は、最初小坊主が沢山出てきますが、そういえば滝沢歌舞伎にも出てた・・・とか。
おかめ・ひょっとこ・大尽のお面を次々に付け替えながら踊り、紐を引っ張ると衣装が変わる・・・これってMASKじゃない・・・と思ったりとか。
そんなジャニーズ目線で見てしまいましたが、美しい舞台美術と生演奏、笑いあり涙ありな展開など、歌舞伎っていうと堅苦しいイメージでしたが、意外にエンターテイメントなんだな~と思いました。

役者さんのことは、野球で言うと王と長島しか知らないくらいの無知なので、残念ながら名前や顔のわかる方がいなかったんですけど、円熟を感じさせる立ち居振る舞いに目をひきつけられました。
いい経験になりました!!
スポンサーサイト



テーマ:歌舞伎
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック