FC2ブログ
ジャニーズ他のステージ・レポを中心に、興味あることを書いてます♪ KinKi Kids中心の本館もよろしく☆
2014年08月24日 (日) | 編集 |
最近歌舞伎づいておりますが、人生初の歌舞伎座を体験して来ました!
ジャニーズ等の舞台で、色々な会場を経験していますが、やはり一度は入ってみたかった歌舞伎座。
友人の伝手で良席を譲ってもらえました。

あの独特な外観を見て、入る時ワクワクしましたが・・・新橋演舞場や明治座は毎年行っていたせいか、内部はお馴染みな印象も。個人的には、新橋演舞場の方がセレブっぽく感じ、歌舞伎座の方が江戸っぽい印象を受けました。売店は明治座が好き(笑)。

夜公演の演目は、「勢獅子」と「怪談乳房榎」です。

「勢獅子」は、大勢の出演者が入れ替わり立ち代り、踊ったり、獅子舞があったりする、ショータイム的なもの。
芸者に扮した中村七之助さんの踊りが美しかった。
三津五郎さんと橋之助さんがやる通称ボウフラ踊りは、おどけた楽しい踊りですが、やるのは難しいんだそうで。三津五郎さんっておいくつ?!とか思ってしまいました。
勘九郎さんと巳之助さんによる獅子舞も、獅子が生きているようでした。

「怪談乳房榎」
明治初期に落語として誕生し、大正時代に歌舞伎として上演され、勘三郎さんが初代から教えられ、更に勘九郎さんが受け継いだ演目だそうです。
3役早変わりが見所で、勘九郎さんが高名な画家・重信、悪党のうわばみ三次、人のいい下男・正助を演じわけます。

お話は、画家・重信の妻で美人と評判のお関(七之助)が、酔客に絡まれていたところを磯貝浪江(中村獅童)に助けられたところから始まります。
浪江は重信の弟子となりますが、お関に横恋慕して、子供を盾に無理やり関係を迫ったあげく、下男の正助も巻き込んで、重信を殺してしまいます。更には、邪魔な子供も殺すように正助に迫りますが、子供を滝つぼに投げ込もうとした正助の前に重信の幽霊が現れる・・・という筋書き。
三次は浪江の昔の悪い仲間で、浪江を脅迫して金を巻き上げます。

重信が殺される場面では、正助も手伝わされ・・・。
見せ場の滝つぼの場面では、正助を殺そうとする三次と正助が争うのですが・・・。
両方勘九郎さんな訳で・・・めまぐるしく入れ替わるのですが、最初は入れ替わるトリックも想像できたけど、どんどんスピードアップしていき、入れ替わる仕組みは判るけど、衣装はどうなっているの?!と思います。
滝つぼでは全くどっちが本物か振り返るまではわからない感じで、もみ合う二人が、両方勘九郎さんではないかと思えてきてしまいました。

七之助さんのお関は色っぽく、非道い男役の獅童さんは男前でしたね~。

最後の滝つぼでは、客席に向かって水を飛ばす場面がありますが、今回幸いにも水濡れ席に座らせてもらいました。
水濡れ演出は、タッキーの舞台でも経験していましたが、その時はプールが客席近くにありました。
今回は、舞台の上手奥にプールがあったので、届くのかな?と思いましたが・・・これも技術なんでしょうね~。3列目くらいまで到達していたと思います(花道に近い側はかかりませんが)。

早変わりもジャニーズの舞台でよく使われますが、ずっとレベルが高いですね~。
今度滝沢歌舞伎を見る目が変わっちゃうかも?(比べちゃいけないか)
私は技術よりもトキメキ優先ですが、いい舞台を観ると勉強になります。
毎回高い席で見るのは無理だけど、安い席なら・・・とか思ってしまいますね。
スポンサーサイト



テーマ:歌舞伎
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック