FC2ブログ
ジャニーズ他のステージ・レポを中心に、興味あることを書いてます♪ KinKi Kids中心の本館もよろしく☆
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年10月03日 (金) | 編集 |
141002_244

堂本剛兄さんのライブに行って来ました!
毎年、奈良方面ではやっていたんですけど、なるべく交通費はかけない方針だったので、最近は剛のソロには行けていませんでした。
今回は、タイトルに「FUNK」とある通り、ケリー時代の楽曲を入れ込んだ跳ねる系ライブになっています。
個人的には、ずっとバラードっていうのは、「寒い・・・そろそろ躍らせろ」って思ってしまうので、今回はすごく楽しかったです!

セットリスト▽アンコールのタイトルは、やや自信がありませんが・・・(^^;

shamanippon~くにのうた
I got take a shamanippon
縁-groovin'
Clap Your Mind
Chance Comes Knocking
Blue Berry

(MC)

Say Anything
Love is the key
White Dragon
愛 get 暴動 世界

(MC)

Ginger
shamaspice
これだけの日を跨いできたのだから

(アンコール)
赤い鼓動のハート
FUNKしたいんだ、どしても
平安FUNK
shamadokafunk-謝円音頭

最初はバンドメンバーが出てきて演奏。長いセッションの後、剛が下手側から身体を揺すりながら出てきます。
ブルーベリーでは、マイクスタンド(真っ直ぐでなく、曲線を描くスタンド)にまたがるような格好で歌っていましたが、ちょいエロでしたね。
手拍子したり、シャマ・ポーズしたりして、温まったところで最初のMC。

剛「僕、最近10代の子に『剛くんがスキすぎて夜も眠れません』っていうメールをもらうんですよね」などと話して、10代の子に手を上げさせ、「前は、10代の子!って言ったら、シーン・・・っていう時もありましたからね」
「僕もう35(歳)ですからね。若いころ思っていた35歳とは違いますけどね。僕は、奈良だから仏像修復士とか、市役所とかで働いていて、あの人は今っていうので、出てくると思っていました。皆さんのお陰で、今でもこんな服着てやっていますけどね」

その後、上はどこまでいるかということで、70代以上の人に手を上げさせ、「大阪では、80代の人!って言ったら、お爺ちゃんが出てきて、『俺はあんたが好きだから一人で来た』って言ってくれはって、『おいくつですか?』って聞いたら、『79歳』って言って、ドッカンドッカンなりましたけど。後数ヶ月で80歳やから出てきてしまったんやね」

剛「今日初めて僕のライブに来たっていう人」と手を上げさせ、「どうですか? テレビで見るより男前でしょ?」と客席に話しかける。「小さい? 何が小さい?! ・・・あ、顔ね。それはいいよ。デリケートやからね」
剛「始めてで、一番前なの? 引きが強いね・・・・・・・これなくなった友達の代わりに来た? 普段は、どんな音楽聴いているの? 関ジャニ∞?!!」「最初は僕が好きだったけど、今は・・・錦戸?!!」
バンドメンバーを、「そういうことは、ちゃんと調べておけよ」「今日は、ミスが多いぞ」と責めるそぶりをする剛でした。

剛「今回、初めて僕のライブに来る人もいると思って、とにかくよく判らんけど楽しいっていう内容にしようと思いました」
「グッズもね・・・あれは、グッズじゃないですよ。笑いを売っているんですから。今回のテーマは、持ち帰るのが大変なものですから。ブリンブリン(スポンジのこと)が振っていたら折れたけど、もう一つ買うべきかって相談されたけど、強く持って振れば、何でも折れます。携帯でも折れますよ。スーツケースに入らないっていう苦情も来てますけど、それ買ったのはあなたですから、俺は知らんがなっていう話で。どんな大きさのスーツケース持ってきているか知らんからね」
「(バンドメンバーが)ブリンブリンをスーツケースに敷いてから、パソコンを載せて、その上に服とか入れたら、めっちゃパソコン守られるって言っていました。そういう可能性を探って下さいね。あなたらしくね」

ステージ上を歩きながら話している時、機材につまずく剛・・・結構痛かったみたいです。
「こんなところに罠が・・・」「今、結構ジンジンしています。右の半月盤やっているのに、その右足をね・・・半月盤の下だったから、大丈夫だけど。後半、こうなって(歩けない仕草)いるかも・・・」

「今回、バラードはこれだけです」と言って「Say Anything」を歌いました。しっとり~。
「White Dragon」はお約束なのか、やらしい手つきをしていました。

メインMCでは、堂本兄弟終了の話題も。色々な人から、「終わってしまうんだね」というメールをもらったとか。
三谷幸喜さんからは、3週間前にもらって、「いや、まだです」って返したら、次の週に「終わりだね」ってメールが来て、「いや、2週間後です」と返したら、「折角だから来週も送るね」と毎週メールが来たとか。
剛「アーティストとしては、生音にこだわりたいわけですよ。今、僕が喋っているのが、テープだったらガッカリするでしょ」
「これから、音楽を電波に載せていくことが減ってしまうんだなと思うとね・・・」「今日と明日でこのライブも終わりなので、そうしたらしばらく音楽から遠ざかってしまうな」などと寂しげな剛でしたが、思っていればいずれまた道が開ける日も来ると話していました。

剛「まだ(ライブに)来れない人もいるので、来年はみんながライブにこれるようにしたい。今はまだ決まっていないけど、これからミーティングして・・・」とも言っていました。

アンコールでは、各曲の解説をしながら歌っていました。
「赤い鼓動のハート 」は、平安神宮で歌って気持ちよかったので、とのこと。
平安神宮で5回もライブが出来たのは、ファンのマナーがいいから・・・とも話していました。
この曲の後、泣いていた人が結構いて・・・剛は「このコードで、僕の声・・・泣くよね?」「僕もそれを見てもらい泣きしそうです・・・『え~い~や~』な感じってことですね」と言うと、キーボードの人が「もらい泣き」を弾き始め、剛がひとくさり歌ってくれていました。

剛「僕が行った(奈良の)お店の人から、『剛くんが来てくれたお陰で、お店をたたまなくてすみました』って言われたり、『剛くんのお陰で、2号店を出せました』って言われたりするんですよね。皆、発展していいんですけど、僕はむしろ、店を出したい。みんな、つよティーとか飲みたいでしょ?」
それは、飲みたい!! でも、奈良でっていうことみたいなので、行けないかもしれないけど。

剛「僕のファンって特殊なジャンルだよね。僕のファンって、髪型とか服装とかで判るんですよ。それで、すれ違っても『剛くんだ!』とかなにも言われないから、振り向いたら、拝んでるからね」

剛「僕が渋谷(公会堂)でパンティ見せたら、すごい論争になっていたんですよ。『あれは、きっとこのパンティです』『いや、あの模様はあのパンティだと思います』みたいな、欲にまみれた感じでね。そんなに、僕のパンティが知りたいということは、同じパンティをはきたいっていうことだと思って、パンティを発売することにしました!」「でも、パンティだけではちょっと・・・っていうことなので、パンティにくるまれてCDがついています。でも、あくまでメインはパンティなので、通販です。CDショップに行って、『パンティ下さい』って言っても、おかしなことになるからね」

パンティにくるまれるCDの4曲のうちの2曲として、「FUNKしたいんだ、どしても」と「平安FUNK」が紹介されました。
「後の2曲のうち1曲は、『ファキー・パンティ』です。ちょっとロ~エ~な歌詞にしました。ちゃんと日本語の美しいエロい歌詞にしましたから、さすが僕です」
「CDのタイトルは、『パンティがだしたいんだ、どしても』です」
「正直、今世紀最も・・・くだらないです。でも、くだらないな~と思って聞くうちに、ストレスとか全部吹き飛びますから」

最後は、「世の中は色々ありますが・・・」「みんな、ありのままで」「平和に自分から、1歩でも、1ミリでも近づいてくれたら嬉しいです」というメッセージ。
そして、「今夜11時半に一緒に星空を見上げましょう」「星空の下で会いましょう」と約束して、マイクに「チュッ」ってしてくれて、お別れしました。

久しぶりに楽しかった!
剛ライブで剛の話を聞くと、人や物事にちゃんと向き合おうという気持ちになるんですよね。
すごく元気でました! 明日のラスも行くので、楽しみです★
スポンサーサイト
テーマ:堂本剛
ジャンル:アイドル・芸能
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。