ジャニーズ他のステージ・レポを中心に、興味あることを書いてます♪ KinKi Kids中心の本館もよろしく☆
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年08月01日 (土) | 編集 |
3年ぶりの光ちゃんライブに行って来ました!
MC中心にレポいたします☆

セットは、メインステージの上の天井にUFOみたいな輪っかがあって、スタートはその輪っかが光り、レーザー光線が入り乱れて、「画面の点滅にご注意下さい」的な感じ。
光ちゃんはメイン・ステージの上部に登場。最初はフードを深くかぶっていますが、階段で下の段に降りてくる前に脱いでくれていました。
片メガネはしていなかったけど、アルバムジャケットに似たテイストの衣装で、「Fame」からスタート。
「Danger Zone 」、「MUSE」と好きな曲続きで、素敵な衣装で光ちゃんが踊りまくりで、初手から見惚れるばかり・・・。

花道は、センターステージまでの中央のものだけで、シンプルな作り。
前半は、メインステージとセンターステージだけの移動です。
今回は、ダンサーさんがみんなプロの方ばかりだったしね。

「INTERACTIONAL」の辺りで、黒のキラキラスーツにチェンジ。帽子もかぶっていて、アンダルシアが始まっちゃいそうでした。
途中から、帽子とジャケットを脱いで、白シャツと黒ベスト姿に。
今回は、衣装も本当にどれも素敵でした。

息もつかせぬ前半が終わり、息を切らせた光ちゃんが「ちょっと、水飲まして」と言って、MCがスタート。
「今日は、暑いよね。みんな、その暑い中、グッツに並んだんでしょ。『なんでそんなに並ぶの?!』って言ったら、スタッフから『あなたにですよ!』って言われた・・・」
そう、その通り。
「グッツに懐中時計ってあったでしょ。FameのPVに俺が懐中時計を持っているシーンがあるから、『懐中時計をグッツにしようか。売れないと思うけど』って言ったら、意外と好評で、札幌でも大阪でも売り切れたみたいなんだよね。懐中時計買えなかった人・・・」
私も含め、かなりの人数の手が挙がっておりました。
「並んでて、途中でもういいや・・・ってならないの? 俺はそういうタイプ」だそうです。

「今回、後輩がいなくて、とうとうジャニーズは俺一人になってしまいました。でも、みんな見に来てくれてね。山本亮太は、札幌に来てくれて・・・なんで北海道なのか意味わからんけど。 『行きますよ、北海道。初日見たいから』って、宿も取らずに来てくれて、終わった後、『俺、行くとこないんで』って、俺の部屋に来て。『光一くんも、もう疲れたと思うんで、俺宿探しに行きます』・・・って出ていったけど・・・。嬉しいよね、そうまでして来てくれて」

「大阪には、屋良が来てくれました。今、シアタークリエでソングライターって舞台に出ているんだけど、ちょうど休演日だったからって、滞在時間はほぼ俺のコンサートだけというスケジュールで来てくれました」
「後、前田美波里さんも来てくれたしね。そうそう、内もだ。二人はSHOCKの関係で大阪に来てくれたんだよね」
この回の公演は、ジャニーさんはいたみたいだけど、それ以外は紹介はなかったです。

年齢調査をしたり、「アルバムの曲聞いてくれた? どの曲が好きだった? ・・・何言ってるかわからん」っていう恒例のやり取りがあったり。客席から「え~っ」とか言われる度に、「わがままなムスメだな! ・・・ムスメかどうか知らんけど」って言ってみたり。
「スタンドの後ろの人・・・大丈夫、見えてないから」「アリーナの人・・・大丈夫見てないから」「だから、目で見るんじゃなくて、感じるんだよ!」っていういつものお言葉も。
「今日、俺を初めて生で見るっていう人は・・・。俺は、MCではいつもこういう感じです。中島健人くんなら、そんなこと言わない! 手越くんなら、子猫ちゃんって言ってくれる!って思うかも知れませんけど、ご了承下さい」

「大阪で、『じゃあ、今だけ俺の彼女ってことでいいですよ』って、言ったんですよ(客席「キャー」!) ただし、一歩会場を出たら、お別れですから!」
客席「いいよ~!」
光「いいんだ・・・(苦笑)。一歩出たら、健人くんに行く・・・ってこと?!」
健人くんも素敵ですけどね・・・私は20年来の光ちゃんファンですから。これからもついていきますよ。それなりに年取るけどね。

「Spiralというアルバムは、昨年から動き出していて、レコーディングしていました。それで、年末キンキのコンサートやって、年明けSHOCKやって、その後アルバムの制作をしていたんですけど・・・。後、何やってたかな。ドラマの撮影もしてましたね。陰陽師っていうドラマ・・・日にちはわからないですけど、9月にオンエアされるようです。地上波では、初の時代劇の挑戦なんで、是非見て下さい」
「ずっと岩手で撮影していたんですけど・・・え、岩手から来たの? 結構いるね。すっごい田舎だね! 新幹線の駅ってこんなに閑散としているんだ?!って思いました。夜なんか、本当に真っ暗で、月とか星の明かりしかなくって。本当はこんなに暗いんだな・・・って思いました。ホテルの近くにセブンイレブンがあったんだけど、本当にセブンイレブンなんじゃないかと思って、ドキドキしたよ。かろうじて、24時間だったけどね。おにぎりとか買ったりしました」
日本には、そういう場所の方が多いわけですから、東京を平均と思っちゃいけないと思いますけどね~。
「衣装とかも、大変だったよ。一回着ると、トイレにも行けないの。俺は、トイレに行かなくていいから助かりましたけどね。でも、オイル交換はしないといけないから・・・。だから、撮影中はあまり飲み食いしないようにしていました」
「烏帽子っていうのかぶるでしょ? あれは、中にちょんまげを結っていて、それに引っかけているわけ。だから、後ろはカツラをつけて、前髪はオールバックにして・・・なんで、オールバックで笑うの?! 君たちには、絶対オールバックは見せません! 特別な人にしか見せないよ! まあ、『ほら、オールバック、見てみて』・・・っていうのも変だから、それもやらないけど(苦笑)」
「それで、ちょんまげを結ったら、『じゃあ、烏帽子は現場でかぶりますので』って言われて、えー?!このまま、出ていくの?!って思ったけど、堂々としているふりをして出ていったけど、内心は『早よ、烏帽子かぶせてくれ』って思っていました」
「松本染五郎さんと共演で、スタッフや共演者の方にも恵まれ、映像とか衣装とかも綺麗に撮れていると思うので、是非見て下さい」

「こういうこと言ったらいけないのかも知れないけど、3年前のGravityの時、かなりいいコンサートが出来たと思っているので・・・何言ってるんだと思う人もいるかもしれないけど。今回も、コンサートのことを考えて曲を選んでいないので、いいものが出来るか少し不安もあったんだよね。でも、いつも言っているけど、リハの時は迷っていても、最後のピースはお客さんが埋めてくれるというか・・・。たまには、まじめなことも言います」

後半は「DEAD END」「SHOW ME UR MONSTER」と続いて行きますが、ここの衣装が一番好きでした!紫のビロードで、右手側が長袖のジャケット風で、左はノースリーブ。胸元が見える襟回りは、シルバーのフェイクの毛皮と、銀のシャラシャラで縁どられていたのですが、背中のラインがとても綺麗に出ていて、後姿も楽しめました。
右半身は、SHOCKのロミオを思わせる王子様風で、左半身はワイルド系という一粒で2度美味しい感じでしたしね~。
後半の登場は、光ちゃんが鎖につながれた感じのセットなのも萌えでしたね。

「STELLAR NIGHT」では、天井から十字型の花道が降りてきて、光ちゃんが後ろの方まで来てくれました。
衣装は、白に近いシルバーのキラキラジャケット黒いパンツ。

さらに「Bad Desire 」からは、赤いひらひらした衣装。それで、「妖し」もやってくれて、和の雰囲気にも見える感じで良かったです。途中に「INTERACTIONAL」もはさむアレンジになっていて、カッコよかった!
最後のしめも、「INTERACTIONAL」。ここでは、黒のノースリーブ姿でした。

そして、アンコールは「SHOCK」。
衣装も、黒にゴールドのアクセントのあるマイケル風です。
「SHOCKって、もしかして、これ帝劇でやってくれるんじゃないの?って思った人もいると思いますが、やりません!」
「ミュージック・ステーションで共演したケント・モリさんに振付してもらいました。今まで、MJは俺にとっては神様すぎて、マネしたらあかん感じやったんだけど、MJ風の振付も入っています。それを俺の表現でやってみようと思います」
「なんで、こんなしゃべっているかというと、気持ちは早くやりたいんだけど、体が拒否しているんですね。しゃべってないで、早くやれって話ですね」「じゃあ、やります」
ということで、やってくれました。私は、そんなにマイケルに詳しくないので、光ちゃんにしか見えませんでしたけど。
光ちゃんいわく、「ケント・モリさんに、リハの時、『参考にしたいんで、俺の立ち位置で全力でやって下さい』ってお願いしたら、そこにマイケルがいました。でも、俺は俺なりの表現でね」と言っていました。

最後は、ソーヤンとプラスミリオンを歌いながら、トロッコで外周を回ってくれます。
「さっきも言ったけど、コンサート中は、俺の彼女ってことでいいですよ。でも、俺がこのステージを降りて、規制退場のお兄さんが出てきたら、その人がみなさんの彼氏ですから。言うこと聞いて下さい」
「現実見ろよ!」「また会いましょう!」と言って帰って行きました。

なんてゆうか、大好物のフルコースな感じ。
どこを切っても美味しい感じ。
とにかく、めっちゃ好きやわ、光ちゃん・・・という感じでございました。
次は横浜ラスに行きます! 時計買えるように頑張る予定。。。
スポンサーサイト
テーマ:堂本光一
ジャンル:アイドル・芸能
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。