ジャニーズ他のステージ・レポを中心に、興味あることを書いてます♪ KinKi Kids中心の本館もよろしく☆
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年08月02日 (日) | 編集 |
横浜の初日に続いて、横浜ラスに参加です。

グッツの懐中時計の続報・・・。
金曜日は、仕事終わりで行ったので、当然売り切れだった懐中時計。
今日はGETしようと、朝早く家を出たのですが・・・結果として買えませんでした(--;
並び始めたのは、8時45分くらいかな~。
10時半開始予定でしたが、10時には列が動き始め・・・もう少しで中に入れるというところで、売り切れという情報が回って来ました;;
今日も、光ちゃんも懐中時計の売り切れを話題にしていて、「6時くらいから並んでくれていた」と言っていました・・・。
光ちゃんが「買えなかった人」というので、「はーい」と手をあげたら、「ザマーミロ!!」と言われ・・・なぜかちょっと吹っ切れた(笑。嫌になったという意味ではないです)。

初日も今日も、アリーナ(ドームで言えばスタンド下段)の後方という列はあまり差がなかったのですが、今日の方がメインステージに近かったので、光ちゃんの表情まで見ることが出来ました(双眼鏡でです)。

MCで言っていたことなんかも、初日とかぶっていましたけど、違ったことや気づいた点を書きます。

札幌に山本亮太くんが来てくれたことは、今日も言っていました。
ホテルをとっていなかった亮ちゃんが、光ちゃんの部屋に来た・・・ということは先日も話していましたが、「部屋で二人でバレーボール見ていた」「おまえ、いつ帰るの? ここには泊めないよ? さすがに、一緒のベットに寝るのは嫌だからな」と言ったら、亮「ですよね? じゃあ、迷惑なんでそろそろ・・・」と出ていき、光ちゃんは「何かあったら連絡しろよ」と言って送り出したとか。
「でも、俺にない行動力があるんで、すごいなと思います」と言っていました。

帝劇での事故のこともちょっと触れ、「大阪では機構も少し変えて、万全の体制でやるので安心して下さい」と言っていました。それを聞いて、やっぱり大阪のSHOCKにちょっと行きたくなっちゃったけど・・・行けないけど。
その時、Jr.の岸孝良くんもパネルにぶつかったということだったので。
「事故の翌日、まだやれるかどうかわからなかったけど、やれるということを前提にして、キャストは集まろうということになっていて、リハをして、いつものように俺は福ちゃんとコッシーの楽屋に行ったのね。そこでテレビを見ていたら、結構報道されていて、『堂本光一さんの舞台で事故』みたいなのが出る度に、すんません・・・って感じだったんだけど、『Jr.の岸孝良さんも怪我』っていうのが出て、岸が『たんこぶだ、バカヤロー!』って言っていましたけどね。実際は痛かったと思いますよ」
「岸がまだ出られるかわからない時に、山本亮太に電話して、『おまえ、今年は一度も出てないけど、もし岸が出られなかったら、出られるか?』って聞いたら、『出ます!』って言ってたからね。あいつ、バカだけどそういうところあるんだよね。頼もしいよね・・・バカだけど」

「昨日は、もう事務所を辞めちゃったけど、町田が見に来てくれました。IN&OUTで、めっちゃ首振ってくれていたみたいです。いいやつだよね」
横浜最終日も、特にそういう遭遇はなかったです。私的には光ちゃんがいてくれたら十分ですが。

陰陽師の撮影で岩手に行った話でも、少し先日と違うバリエーションが。
大体わかっていましたが、撮影場所は「藤原の里」だったそうで、「黒田官兵衛撮影地って書いてあって、岡田もここに来たのかな~って思ったりね。観光気分でね」
「どこか食べるところないのかなと思って聞いたら、車で10分くらい行けば、ありますよ・・・って言われたから、10分ならいいかと思って、マネージャーとタクシーに乗ったら、田舎の10分ってすごい走るのね! 片道4千円くらいして、往復で8千円くらいかかちゃったよ」

恒例の「見えてません」発言の後、「俺と目があったと思っている人」
たくさん手が上がりますが・・・「はい、勘違いです。一つもあってません」
「なんか、今日私の方ばかり見てる・・・と思っている人。(手が上がるのを見て)重症です」
客席の方を見て・・・「今、目が合っていると思っている人。(手が上がるのを見て)あってません! 誰が合わせるか! まあ、たくさん勘違いして帰って下さい。所詮、夢やけどな!」

「私を今日初めて見たという方・・・。私は、MCはこういう感じでやっていますんで、さっき歌っていた人はどこ?って感じですが、ご了承下さい」
最初、ノリノリだった人も、途中からこうなっている・・・と固まって凝視しているような顔を実演する光ちゃん。それは、見惚れているんじゃないかと思いますが。
「あれ、さっき、見えてないって言っていたのに、見えているんでしょうかね。矛盾していますね。あんなこと言って、ほんとは見えているんじゃないの?って思う人・・・(手があがり)、まあ、そう思っておけ!」

「こんな風に、私は、口から出まかせばかり言っているんですね。MCも得意じゃないです。30分もしゃべっていて、何言っているんだと思うと思いますが。今度から、MCなしか、10分だけって決めようと思って・・・」
「え~!!」
「じゃあ、この後歌わないで、ずっとしゃべっていてもいいですか」
「やだ~!!」
「わがままな娘たちよのお・・・。娘かどうか知らんけど!」

そんな感じのMCでしたが、本人も言っていたけど、光ちゃんにしては真面目というか、あまり脱線せずに話していたかなと思います。

今日は、横浜の最終日・・・ということで、多少サービスがあるかなと期待半分、光ちゃんは結構そのあたりシビアだからな・・・という気持ち半分で2度目のアンコールを待ちました。なかなかステージが明るくならないので、これは脈ありかなと思ったら、光ちゃんが出てきてくれて、嬉しかったです。
「今回は、ダンスナンバーを詰め込みすぎた。正直、横浜3日間、怖かったもん」と、SHOCKでずっと一緒にやっている女性ダンサーさんから「もう最後にして下さい」と言われたというエピソードを披露。
「挨拶だけになっちゃいますけど」と閉めようとしますが、納得できない会場。
「大阪から中1日で横浜だから、スタッフは何日も寝ないで建込みやってくれているんだよ。そういうスタッフがいるから、俺も頑張ろうと思って、やっているわけだけど、そのスタッフから『光一くんが頑張っているから、俺も頑張ります』とか言われるわけよ。これぞ、まさにスパイラル!(指で渦を描きながら、天井を仰ぐ仕草)」
「さあ、いいこと言ったから、帰ろう!」
「ええ~!!」
「この後、バラしがあるんだから! 多分、3時とか4時までかかるんだよ。君たちが帰らないと、始められないんだから・・・。帰れ!」
「・・・こんなこと言う芸能人いないと思うけど」

「歌って!」という声に、「もう声裏返っちゃうよ」という光ちゃんでしたが、「いいよ~」と言われてしまう。
「本当に何も用意してないんだけど、できるかな・・・」と言っていた光ちゃんでしたが、結局バンドメンバーが出てきて、「IN&OUT」をもう一度やってくれることになりました。
みんなで、頭を振りながら、楽しく「IN&OUT」をやり、終わったら「もう限界です」と言っていた光ちゃん。
改めて、スタッフ一同に感謝した後、お客さんに対しても感謝の言葉を言っていました。
「パフォーマンスですべてを語ることは出来ないかもしれませんが、パフォーマンスでみなさんへの気持ちを感じていただけるように、これからも頑張っていきたいと思います。MCでも言えたらいいと思うんですが・・・恥ずかしいんですよね」という光ちゃんが可愛らしかったです。

「熱中症に気を付けて」「規制退場に従って下さい」と注意してくれて、「また会いましょう!」「現実見ろよ!」「じゃあね~」と手を振って去っていった光ちゃんでした。

こうやってMCだけ書き出すと、ひどい人みたいですけど、ファンの方ならお分かりでしょうが、歌って踊っているときは、キラッキラですから!
そして、口は悪いけど、面白いし、気配りもできたり出来なかったり(笑)、なんだかんだ言って両方かわいくてたまらない光ちゃんなのですよ。
「前回は、33歳でした。今は、36歳・・・もしまた3年後だったら、39歳・・・びっくりだよね!」というのは、7/31の公演で言っていたのですが、今日も「コンサートをやっている間は、楽しくて終わりたくないと思ったりするんですが、終わったら、『まだ早いんちゃうか』って思ってしまうんですよね」と3年後説を補強しつつ、「でも皆さんの声があれば、実現することもあると思うので。俺のペースでね・・・いろいろEXがつきますけど」と言っていた光ちゃん。
タイトなスケジュールの中で、ソロもやってくれて嬉しかったです。
無理せず、また最高のパフォーマンスを見せて下さい。3年後は、また私も年を取っちゃいますけど、きっと愛のパワーでなんくるないさ~。
スポンサーサイト
テーマ:堂本光一
ジャンル:アイドル・芸能
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。