FC2ブログ
ジャニーズ他のステージ・レポを中心に、興味あることを書いてます♪ KinKi Kids中心の本館もよろしく☆
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年11月15日 (日) | 編集 |
興業が終わりかけて、慌てて見て来ました。
実写版の「進撃の巨人」の後編です。

前編は、ある程度原作に沿ったストーリーになっていましたが、今作はほぼオリジナルと言っていい内容でした。
(前編あらすじ)
100年の平和が続いていた壁の中で暮らしていたエレン(三浦春馬)達。
突如現れた超大型巨人によって壁が壊され、壁の中に入り込んだ巨人たちがよって、壁の中の人間達は次々と食い殺される。
エレンは、幼馴染のミカサ(水原希子)がその時巨人に食われたものと思っていたが、数年後、調査兵団の一員となったエレンの前に、人類最強と言われるシキシマ(長谷川博己)と共にミカサが現れる。
エレン達は、爆薬によって壁を再びふさごうとするのだが、失敗して巨人に襲撃される。その時、エレンに異変が起こり、巨人化する。
(後編あらすじ)
巨人の中から無傷で出てきたエレンは、拘束されて殺されそうになるが、アルミン(本郷奏多)やハンジ(石原さとみ)によって救われる。
エレンの巨人化の力を借りて、再び壁をふさぐべく動き出す調査兵団だったが・・・。

あ、こういうあらすじだと、結構原作通りっぽいですかね。
でも、エレンに兄さんがいたりとか、超大型巨人と鎧の巨人の正体とかが全然違っています。
前回も書いたけど、私は兵長ラブなので・・・シキシマは兵長じゃないとわかっていても、つい比べてしまって「こんなんじゃない」と思ってしまったりもします。
でもまあ、兵長には敵意を燃やし、エレンには命かけてるのに女とみてもらえない原作のミカサより、シキシマとエレンの両方から思われている映画のミカサの方が女子的には萌えでしょうか。

アルミンとサシャ(桜庭ななみ)がラブラブで、サシャは原作よりかなり女子力高い感じです。
アルミンも三■地所を見に行っちゃう?!(笑)
ハンジは、一番原作のイメージ通りで、どんな状況でもマイペースなキャラが、悲惨なストーリーの中の息抜き的存在になっていてよかったです。

原作では全然決着ついていないのに、どういう風に終わるのかな・・・と思ったら、一応爽やかに決着つけていました。
ちょっと続編もあるかも風にもなっていました。

巨人の映像は相変わらずスゴイです。
今回は4DXじゃなかったので、少し落ち着いて見られましたが、やはり4DXは迫力違うかも~とも思いました。
全体としては楽しめました。実写としては、十分よくやったと言えると思います。
ですが、やはりアニメで本物の兵長が見たいよ~o(*≧д≦)o
続編を待つ!!
スポンサーサイト
テーマ:映画館で観た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。