ジャニーズ他のステージ・レポを中心に、興味あることを書いてます♪ KinKi Kids中心の本館もよろしく☆
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年12月23日 (金) | 編集 |
アリーナツアーに続いて始まった、20周年ドームツアーの初日です。
グッツも一部新しくなり、ボイスクロックやカレンダーは売り切れ必至と思い、私は前日のプレ販売に早めに並んでGETしましたが、意外にも今日も売り切れていなかったみたいなので、今回は数の用意があったようです。

ドーム公演のセットリストは、アリーナツアーから一部変わっていました。
例えば、年明けのバラードアルバム発売をふまえて、「雪白の月」が入っていたり、光ちゃんのソロコーナーに「愛の十字架」が追加になっていたり、剛のソロが「街」はやらなくなって、代わりにCDなどに未収録の自作曲(以前コンサートでやったことがあるが、剛も忘れていて、いつやったか覚えていないとのこと)が2曲入っていたり・・・。

最初の曲は、アリーナの時と同じで「Kissから始まるミステリー」でしたが、剛が「君がほしい」のところで光ちゃんに手を差し伸べる場面が★☆★

ステージ構成は、やはりアリーナツアーの続きだからか、基本的にメインステージから移動がなく・・・。
アンコールでやっとバックステージに来てくれた感じでした。

今日のトピックスと言えば、TOKIOの長瀬くんが来ていたこと!
ステージには上がらなかったけど、客席から投げキスしてくれていました。
顔出しはなかったけど、イエモンの吉井さんと、安藤裕子さん(聞いた瞬間はキャスターの方を想像しちゃいましたが、道は手づから~を作ってくれた方でしょうね・・・)も来ていたようです。

バンドには、今回も吉田健さんや堂島孝平くんが参加。
「INTERACTIONAL」や「薔薇と太陽」を振付してくてらYOSHIEさんもダンサーとして参加してくれていました~。

それでは、お楽しみのMCをレポしていきます!
オープニングは、いつものように・・・
光「ドームはやっぱり、広い会場ですね。スタンドの上の方の人、豆粒でしょ? 見えていますか? 僕は見えていません!!」
「アリーナの一番前も、上の方や、横の見づらい席も、すべて同じ料金でやらせていただいています!」というおなじみのトークを展開する光ちゃん。
剛「僕たちは、フィールする方ですから。感じているからね」
光「先に言われてもうた!」
剛「だって、ここが長いと、あとしゃべれなくなりますから・・・。いつもと同じこと言うてるな~と思って」

光「東京ドームで19年連続でやらせてもらっているんですよ。考えてみればすごいことですよね」
光「今までは、大みそかとお正月に東京でやらせてもらっていましたけど、今年は平日ですよ。平日なのに、来てもらってありがとうございます。学生さんは、今日で学校終わりかな。学生さんは、あんまりいないかもしれないけど・・・。学生だっていう人~」
(客席を見て)光「何年前の学生ですか?!」

(ちょっと前段は忘れましたが、光ちゃんが客席をおばはん呼ばわりして・・・)
剛「いや、おばはんって決めつけるのは・・・。わからないでしょ」
光「違いますよ。信頼関係あってこそですよ。僕たちをデビュー前から応援してくれていたら、もう20年前からですから、いいおばさんでしょ。俺たちもいいオッサンだけど。・・・そういう信頼関係なんて、わかるかボケっていう人・・・」
(客席を見て)光「すみませんでした!!!」
剛「ちゃんと謝るっていうね」

光「今日は、長瀬が見にきてくれています」「イエローモンキーの吉井さんや安藤裕子さんも来てくれています」と紹介した後、
剛「こういう言葉は違うけど、来ないでほしいですね・・・。緊張するから。なるべく、(他の)予定入れておいてほしいですね」
光「アリーナツアーの時から、行くから・・・って言ってくださっていたからね。この後、薔薇と太陽も歌いますけど・・・怖いわ~」

剛「おまえは、やっぱりおもろいと思ったよ。・・・FNSの第二夜ですよ」
光「あれね・・・。事故っていうのは、色々なものが重なって起きるもんなんだなと思ったよ。あの後、カトパンさんに『私がかんだせいですよね。ごめんなさい』って言われて、『いやいや・・・』って言いながら、正直ちょっとそのせいだよって思いましたけどね」
光「第一夜の時も、森高さんが『薔薇と太陽』をかんで、第二夜もかよ・・・って思って・・・(キンキ・キッズをかんだカトパンに詰め寄りかける光一)。そこに、『誓えば遠のく夢の花』って始まって、『手を打ち足ふみ・・・』になっちゃったんだよね」
光「いや、言い訳じゃないけど、待ち時間が長かったのよ。待ち時間も仕事のうちなんだけどさ。リハやって、そのあとランスルーって言って、本番と同じようにやるんだけど、最初に久しぶりのシンデレラ・クリスマスやって、そのあとは一番最後じゃない。3時間待つんですよ。ランスルーと本番の後は2時間あいてて、またシンデレラ・クリスマスやったら3時間でしょ。それで・・・(キンキ・キッズをかまれた)」
剛「いや、曲前のそんなわずかな間に、突っ込み入れようとするなんて、若手芸人ですか? どんだけ貪欲やねん」
そのあと、剛と光一が違う歌詞をうたった結果、「としふみ踊りだす」と聞こえるということで、「としふみって誰やねん!」とか、としふみの踊りはこんな感じ・・・とか言って盛り上がった二人でした。
カウントダウンには、キンキはVTR出演になるそうで、このFNSの後でカウントダウン用のVTRを撮影したとのことでした。

この日は取材も入っているとのことで、「いつもしょーもないMCが使われるから、今日も怖い」という光ちゃん。
紅白出場会見の話題になり、光「見事にどの局もおまえが混じっているところ使われていたよ!」
剛「いや、僕としては、どの歌番組だって大きい舞台じゃないですか。紅白だからって、構えるんじゃなくて、キンキ・キッズらしくしようと思ったんですよね。光一はきちっとしたスーツ着てましたけど、それは僕は違うなと思ったので、衣装を選んだんですけど・・・」
光「前室で、パフィーの隣に座ったんだよね。そしたら、『ちょっと、光一くん。剛くん、あれでいいの?』って言われて、『被ってる!』って・・・」
剛「ねらったわけじゃなかったのに、被っちゃったんですよね。僕もどうしよう・・・って思ってたら、『キンキ・キッズさん』って呼ばれたとき、立ち上がれなかったんですよね」
光「あのあと、おまえ、欅坂が呼ばれたとき、立ち上がろうとしたやろ(笑)。そのあとも、欅坂がお辞儀するとき、一緒に頭下げてて・・・あれ、完全に校長先生のポジションやからな」
剛「なんか、そうなっちゃったんですよね・・・」

光「みんな、ボイスクロック買った? しょーもないもの買わせてごめんな~。形は黒で結構いいんだけどね。音が流れてくると、やっすい感じだよね」
剛「もっとちゃんとやろうかと思ったんですねどね~」
光「みんな、あれ? 中島健人くんみたいに『おはよう、僕のシンデレラ』とか言った方がいいの?」
(客席から賛同の声が上がり) 
光「気持悪い!!」

アンコールのMCでも、去り際も「シンデレラ」を言っていた光ちゃん。
剛に「笑ってもうてるやんか」とか言われていましたけどね。
去り際は、光「いいですよ。今までは、僕たちが王子でも、彼氏でも、旦那でもいいですよ。でも、ここから現実に戻ってください。帰って旦那のごはん作って下さい」「ここからは、規制退場のお兄さんが王子だと思ってください」とか言っていました。

ドームの2日目にも参加します!
スポンサーサイト
テーマ:KinKi Kids
ジャンル:アイドル・芸能
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。