ジャニーズ他のステージ・レポを中心に、興味あることを書いてます♪ KinKi Kids中心の本館もよろしく☆
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年09月03日 (日) | 編集 |
活動休止中のKAT-TUNの亀梨くん初のソロコンに行って来ました!
初っていうところが意外・・・。色々あったから、ソロとかやったら、勘ぐられちゃうからやれなかったのか。落ち着いてソロまで考える余裕がなかったのか。

今回、グッツの種類が沢山ありまして。抑えめに買ったつもりでしたが、1万円は超えちゃいました(^^;
ポスターも普段は買わないのですが、今回はあまりに素敵・・・どつぼだったので、思わず購入。
パンフに「ポスターもソロじゃないと出来ない感じにした」とあったので、買って良かったです。

コンサートの中身ですが、私は途中からファンになった口ですし、カツンのすべてのアルバムを聴き込んでいる・・・というわけではないし、今回正直知らない曲も結構入っていました。
なので、セットリストは他で見ていただくということで・・・ご了承願います。

前半は、ソロ曲中心だったと思います。
久しぶりにサングラスで登場。久しぶりに踊っている亀ちゃんを見て、高まりました!
KinKiの剛が作ってあげた曲「離さないで愛」が2曲目に入っていました。

バックについていたJr.は「宇宙Six」でしたが・・・その中に山本亮太くんが入っていたのが、嬉しかった。いつの間にか、グループ変わっていたのね。彼は、カッコいいというのとは違うんですけど、ダンスがキレキレで、楽しそうに踊っているのが、見ていて気持ちいいんです。天然なおバカキャラなんですけど、ボケ役はもっと若い子に譲っていましたね。
メンバー全員でジャニーズ物真似をするコーナーがありましたが、亮ちゃんは「松潤の真似をする河合郁人を更に真似する深澤の真似」っていうのをやっていました。
亀ちゃんは、グループ名を言う時に「宇宙セ・・・」と言って止められ、「10時以降にね」って言っていました。

前半の曲の中で、亀ちゃんの足元に膝をついていた亮ちゃんが、亀ちゃんに頭を撫で回される場面があって、黄色い歓声が飛んでおりましたが、素敵!!でした!!!
さすが亀ちゃん。やらしいぞ!(笑)

冒頭のMCは、キャスター付の椅子に座って、滑りながらステージを移動する亀ちゃん。
亀ちゃんのソロコンで何が一番不安かって、MCかと思いますが、頑張ってしゃべっていましたよ。
「ここはノープランだから」と言っていました。
「雨降っていた? 晴れていたんだ。やっぱり、俺、晴れ男だから。昼公演は、中丸くんが来ていたからね。あ、でもそれ中丸くんに言っちゃだめだよ。雨男っていうと、中丸超キレるから」なんて話もしていました。
「一度ウケたことは、もう一度やる亀梨和也」って言って、足先だけちょこちょこ動かして、テーブルに戻るのを2回やったり。

東京公演の初日に取材が入っていたので、一部はテレビで見ていたのですが、SHOCKのリボンフライングに似ている演出も。
「1582」は、花魁演出で私が亀ちゃんにハマった曲ですが、その前後に、吸血鬼→女性の着物を着て、赤ルージュで血を垂らしたように見せる演出→男性の着物で殺陣・・・という待ってましたあ!!という演出をしてくれておりまして。
その中で、片胸露出の着物柄リボンフライングが入っておりました。更に、空中で紐に絡んで色々な態勢を取っておりましたが・・・やらしい。さすがだ、亀ちゃん。なんていうか、緊縛プレイ的?
後半には、足場つきのポールにつかまってのフライングもありますが、それはポールダンスっぽいなと思ったし。
この「1582」辺りと、後半のツアータイトルにちなんだ新曲「Follow me」辺りは、これを求めていました!!っていう、どこを切っても美味しい芋ようかん的な演出でございました。

ドリームボーイの舞台っぽいこともやっていました。
ボクサーパンツで登場し、「裸だとお母さんに怒られちゃうからね」なんて言いながら、ガウンを羽織ったり。ドリボの曲も歌ったり。

1階は、通路に降りて、トロッコで回る演出もありました。私は2階席だったので、遠かったですが・・・。
でも、キンキで入れないという切なさを経験した後では、入れただけで嬉しかったです。
国際フォーラムの2階は、距離は遠いけど、段差が大きいので視界が遮られないという利点はあります。

後半は、お友達に紹介してもらったという生バンドを入れての、バンド演出なども。
誰もが知っているKAT-TUNのシングルなどもやりました。
24時間テレビでやって、すごく良かった「勝手にしやがれ」もやりましたが、コンサートでは衣装がカジュアルだったので、そこに関しては白スーツに白いハットを斜めに被った24時間テレビの方が良かったです。

「間に、ドラマでやったキャラもちょいちょい入れていきます」って言っていましたが、ベムだったり、ドラマのセリフを入れたりして。
一番印象的だったのは、山猫です。例のお面をかぶり、音痴で歌っていました。「このくだり、最初は一言だったのに、だんだん伸びてきて怒られるんだよ」って言いながら、やっていました。

前半にはアミーゴもありましたが、アンコールで「背中ごしのチャンス」もやってくれました。
タメ旅の天の声さんが作ったVTRもインターバルで流れていましたが、その中に山Pも出演。
ドラマ中に亀梨くんとどんな話をしていましたか?という問いに、「二人でJr.を沢山入れられたらいいねと話していた」と言っていました。
そのVTRの中に、浅草に来ていたスペイン人に亀梨くんの写真を見せるくだりがあり、その方が「アレキハンドロ」さんだったので、天の声さんが「亀梨ハンドロ」と言う場面があり・・・。
亀ちゃんが「最後は、なんて言ってお別れする?」というのが結果的に「和也ハンドロ」になりました(笑)。
亀ちゃんいわく、札幌では「亀梨先生」だったとか、各回で違っていたみたいです。

この日は、スノーマンをはじめとするJr.とNEWSの増田くんが観に来ていました。マッスーに向かって、亀ちゃんが「ミソスープ」を歌い、マッスーが後を受けてマイクで歌うという場面もありました。

そして、東京最終公演ということで、Wアンコールも。
8月最終日ということで、「夏ももう終わりだね」と亀ちゃんが言うと、歓声が。
「何、察しちゃってるの。夏も終わりだねって言っただけですよ」と言っていたけど、「夏の終わり」という曲をやってしめていました。

とにかく、盛りだくさんな演出でした。
Jr.の江田くんが演出を手掛けたってことでしたが、どこからどこまでをやったかわからないけど、とにかく亀梨和也を盛り込みました。全部見せという感じの演出。
ソロは初めてということで、ちょっとね、つなぎが甘い部分もありましたけど、全部入れてやろうという意気込みは感じました。
観られて幸せでした!!
撮影のカメラが入っていたので、おそらく映像が発売になると思うので、楽しみです。
女性絡みの映像とかも、すごく良かったし。見直したい場面が沢山あります。
スポンサーサイト
テーマ:亀梨和也
ジャンル:アイドル・芸能
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。