ジャニーズ他のステージ・レポを中心に、興味あることを書いてます♪ KinKi Kids中心の本館もよろしく☆
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年10月08日 (日) | 編集 |
NEWアルバムを引っ提げてのV6コンサートに行って来ました!
長年V6ファンをやっている友人にチケットを取ってもらいましたが、メインステージ前で、中央花道横の、ものすごくよい席でした!
友達も久しぶりの良席と言っておりました。
ぬるいファンでごめんなさい・・・という感じでしたが、堪能させてもらいました。

NEWアルバム中心の構成で、イノッチも「今回はアルバム中心なので、アルバム聞いていない人は辛いかも」というようなことを言っていましたが、光ちゃんのように「聞いてないなら帰れ」とは言わず(当たり前か)、「そういう人は、僕らのバイブを感じて、曲のバイブを感じて下さい」という風に言っておりました。

Jr.はいなくて、6人だけのステージ。
REDパネルの使い方が面白く、長方形の小さめのパネルが、角度を変えたり、合体したり、前後したりと、自在に動きながら、映像を映していく・・・という新しい感じの演出でした。映像とダンスを融合した演出もあり、影絵のようにシルエットを見せる場面も。
カミセン3人の曲の時には、ステージの前に半透明のスクリーンをおろし、カミセン3人がそれぞれ小型カメラで自撮りして、その映像をスクリーンに映しつつ、背後の実物も見せていました。
センターステージとバックステージは、前だったために逆に見づらかったですけどね。
でも、幸せな席でした。テープも沢山拾えたし、メンバーが何度も近くを通りましたから。

そして、MCも楽しかった。
キンキほど長くはないですけどね。
岡田くんは口ひげがあって、武将って感じでしたけど、肩を上げて「グッチ祐三」の物まねをしたり。
壊れ気味の岡田くんに呆れたイノッチや健ちゃんが、
井「岡田のファンの人、どうにかしてよ。おたくの岡田がこうなったのは、あなた達のせいだからね」
健「俺たち、迷惑してるんだよ。俺たちにとっては、どうでもいいからね」
なんて言っておりました。

岡田「博がやせちゃって心配」
長野「そんなことないよ」
健「楽屋で見たけど、そうでもないよ」
岡田「そんなんじゃ、『紅』歌えないぞ」
ということで、地方公演の後で、スタッフとカラオケに行った時、歌えと言われた長野くんが急に「紅」を歌いだしたというエピソードを話していました。
岡田「こんな優しそうな感じなのに、紅だよ。今回のアルバムの曲も攻めてるよね(注:メンバーがそれぞれプロデュースした曲がある長野くんのプロデュース曲は「Round & Round」)。長野くんは、バラードとか選びそうなのに。長野くんは謎があるなあ」などと話していました。

岡田「さっき、GOくん、マッサージ受けていたでしょ。そうしたら、『岡田~!』って呼んでたでしょ。GOくん、俺のこと好きなんだなって思って」
GO「言ってないよ。あ、『そこだ!』って言ってた」
井「俺も、GOの隣りでマッサージ受けてたけど、いつ?」
健「イノッチは、先に終わって、その後で岡田が来たんだよ」
井「俺の時は、マッサージの人とゴルフの話してたけどね。
 マッサージ師『森田さん、ゴルフってどうやったら上手くなるんですかね』
 GO『センスだよ』
 マッサージ師『ドライバーってどうやって打ったらいいんですか』
 GO『そんなこと言ってる時点で、センスないから辞めた方がいいよ』とか言ってるの」
健「冷た~い」
井「何かっていうと、GOはセンスって言うよな」
健「そう言えば、植物の水やりも、『俺はセンスあるから』って言ってた。植物って、水やればいいってものじゃないでしょ。そのタイミングを図るのが俺は上手いんだとか・・・」
GO「そう。いつも水をやるんじゃなくて、ちょっと水をもらえない方が、植物が頑張って強くなるんだよ。それで、もうダメってなる前に、水をやるの」
井「甘やかさないほうがいいってことね」
健「ファンの子も同じなんだろ」
GO「そう、いつも手をふるんじゃなくてね・・・」
井「女も同じってか?! 皆さん、枯れかけているんですか?!」
(客席:同意)
井「与えられないときは、自分で水飲んでね」
健「熱中症になっちゃうからね」 

メインMCは、衣装替えのため、先にトニセンがハケました。
カミセン3人が残ると、再び岡田くんが「GOくん、『岡田!』って呼んだでしょ。GOくんは絶頂に達すると俺を呼ぶんだなと思って・・・」と言いはじめ、GO「いや、『そこだ!』だよ」
岡田「ツンデレだな~」
健「いや、ツンでもデレでもないから!」

岡田「今日、来てくれている人がいます」と紹介されて、スポットが当たったのは、Hey!Sey!JUMPの藪くんと中島裕翔くん。
岡田「藪くんからGOくんに話があると思うので」というフリに対して、藪くんは「コンサート面白いですね。僕、先日『関ケ原』を観に行きまして・・・」
岡田「内容はどうだったとか言うなよ!」
藪「言いません。僕の中で、岡田くんの印象が石田三成だったんで、今日のギャップに驚きました」
健「ちょっと待って。今の話の流れで、GOの話が来ると思うじゃない。うちの森田が、一歩前に出ましたからね。それなのに、岡田の話ってないわ~」
岡田「GOくんに話はないの?」
藪「・・・すみません」
GO「覚えておくわ。一生忘れないからな」とすごまれた藪くん。
岡田「じゃあ、中島くんからGOくんに話があると思うから」と藪くんからマイクを回された裕翔くんでしたが、やはり言葉に詰まり・・・。
GO「考えておけよ!!」
裕翔「すみません」
健「帰り気を付けてね。夜道に気を付けた方がいいよ」
GO「ジャンプできなくしてやるからな」
岡田「平成になっちゃう・・・」
裕翔「それは困ります。次、考えておきますので・・・」
・・・という一幕もありました(笑)。

後半は、誰もが知っているシングルのメドレーもあり。
メンバーが2階席を回る場面もあり。
アンコールはダブルでしたが、公演時間はそれ含めて2時間半まで行かなかったので、やや短いかなと思いましたが。
良席での夢のようなひと時でした。むちゃくちゃ楽しかったです★
最近席運なかったので、ちょっと気が晴れました。
スポンサーサイト
テーマ:V6
ジャンル:アイドル・芸能
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。