FC2ブログ
ジャニーズ他のステージ・レポを中心に、興味あることを書いてます♪ KinKi Kids中心の本館もよろしく☆
2018年02月13日 (火) | 編集 |
今期のSHOCK、初観劇してきました!
今年は、長らくライバル役だった屋良くんに代わって中山優馬くんがキャスティングされました★
ふぉーゆーは、辰巳くん以外の3人態勢。
オーナーは、これも長くやって下さった前田美波里さんに代わり、劇団四季出身の久野綾希子さん。
リカは朝ドラ女優の瀧本美織ちゃんです。

コウイチとほぼ対等だった屋良っちと違い、年下の優馬くんはコウイチも気遣う存在になっていました。
変更点や気づいた点を中心に書いていきます。

まず、オープニングが少し変わっていました。
会場に入った時、幕にニューヨークの夜景を背景に、ロゴと日付などが映しだされていますが、昨年までは上演回数も入っていたのに、今年は日付と会場名だけでした。
オーケストラが演奏する曲も変更になっていたし、最初の映像も、これまでのSHOCKの映像ではなく、黒バックにキャスト名の文字のみになっていました。

その後、しばらくは同じ。
久野さんのオーナーは、明るいけど上品な印象。
美織ちゃんのリカは、可愛いけど、ニュートラルな感じかな。
優馬くんも色々な舞台を経験してきたので、芝居はかなり見せると思いますが、美織ちゃんもセリフ回しが上手いなと感じました。

オフブロードウェイの幕間。
この辺りまでは、優馬くんの芝居は控えめな感じで、あまり屋良くんとの違いは感じませんでした。
ちょっと違うかなと思ったのは、屋上での場面。
リカがコウイチにネックレスを渡すのを見た優馬は、いったん立ち去りかけます。
今までのライバルは、立ちすくむ感じはありましたが、はっきり身を引く仕草を見せたのは優馬くんが初めてな気がします。
そこに、ふぉーゆーがやってくるのを見て、結局その場にとどまり、コウイチが「朝は無理~」と言うのを聞いて、リカに「俺は朝から大丈夫」と言ったりします。

屋上での恒例のコウイチと福田くんとの絡みでは、時々咳き込んでいた光ちゃんに「咳の攻撃がすごい」と言ったり。
「さっき言ってたシェイクスピアって、8月にやるやつとは違うの?」と言っていたりしました。

そして、公園の場面。
屋良くんはヒョウ柄でしたが、優馬くんはホワイト・タイガー柄。光ちゃんに「QRコードか?」と言われたりします。
美波里さんは、屋良くんとペアルックのヒョウ柄でしたが、久野さんは落ち着いた黒のチェックのスーツ姿です。
今回一番のポイントは、この場面の最後の方、カンパニーのメンバーが立ち去るとき、コウイチが越岡くんに「おまえは、優馬から離れないでくれ」と頼むところです。これを受けて、この後の芝居が変更になっています。

例えば、オンブロードウェイの幕間、コッシーが「コウイチ、何とかしてくれ」と言った後で、激高した優馬くんが登場するという流れになっていたり。
後半のコウイチが戻ってきた場面では、松崎くんや福田くんが「優馬に会いに行ってくれ」と訴える時、「俺たちが会おうとしても、優馬は会ってくれない。越岡が仲介してくれているんだけど」と言っていたり。
優馬のステージの後、登場したコウイチに合わせて、カンパニー全員が踊り出す場面では、コッシーは最後まで優馬に寄り添い、一緒に踊ろうと促しますが、あくまで拒否されて、「優馬!」と言いながら、最後にダンスに加わるという流れになっていたりしました。

オンブロードウェイに移っての劇中劇では、優馬くんのソロ曲が変更になっていました。
幕間の光一と対立する場面は・・・意外と二人身長同じくらいなのね、と思ってみていました(笑)。
そして、刀を手に取り、「ショーマストゴーオンかよ・・・」と言うシーン。
屋良くんは、怒った感じに言っていましたが、優馬くんはニヤリと笑います。
そのあとのジャパネスクでも、悪い優馬くん全開で、それはそれでちょっと楽しかった~。

私は優馬くんも大好きなので・・・。
今回は、光ちゃんももちろんみたいが、優馬くんも見たいし・・・と忙しく。
今まで、光ちゃんが引っ込んだら双眼鏡は休憩って感じでしたが、今回は当てっぱなし。
逆に、二人とも見たいから、光ちゃんが出ている場面でも双眼鏡をはずす・・・という普段とは違う双眼鏡ワークで見ました。
優馬くん的に、一番ヤバかったのは、ジャングルですね!
優馬くんのチクビームとヘソビームが!!
あと、ラストステージで二人が絡んで踊る辺りはパラダイスでした~。
イケメン二人が双眼鏡の中に入ってくれるなんて☆★☆

二幕のシェイクスピアの場面でも、優馬くんになったので、新たなお楽しみが!
リチャード三世・・・美しい光ちゃんが醜い役を・・・という場面ですが、優馬くんも加わり、美形二人が醜い役を・・・というギャップ萌えが倍増でした。

オフブロードウェイに光ちゃんが再登場の場面。
ピアノの上の自分の写真を見て、「あら、イケメ~ン」と言い、リカがやって来て、写真のフレームをくるくる回す・・・のは同じだったけど、今回はフレームが光っていました(笑)。

優馬のショーの場面は、どうなるのかなと思ったら、曲は変わらず。
「Higher」でしたが、優馬くんは歌うだけで踊っていなかった。
優馬くんは踊れないわけではないので、屋良くんとの差を出すために、あえてかな~と思いました。

告白の場面は、優馬くんの見せ場ですが、大きな違いは感じなかったです。
昨年は浜中文ちゃんの役割でしたが、今回はコッシーが、みんなで踊った後コウイチとハイタッチを交わし、一足先に異変に気付く役どころになっていました。

そして、最後のショー。
ラダーフライングの後、メアリーポピンズの前の、和服でのライバルとリカの踊りは、屋良くんの時から結構好きでしたが、優馬くんになって、もうガン見!
優馬くんが倒れたコウイチをどれくらい抱きしめちゃうのかな~と楽しみにしていましたが、やはりまだ遠慮があるのか、抱き上げただけで、抱きしめはせず・・・。ちょっと残念。

優馬くんのライバル役の一番の違いを感じたのは、最後の最後。
みんなで合唱して、コウイチがいったん階段から降り、再び上っていくとき、優馬は追いかけるようなそぶりを見せます。
皆が前を向いて歌っているときも、優馬はずっとコウイチを見つめていて・・・。
本当にコウイチに憧れていたんだな・・・と思わせる場面でした。

最後のあいさつは、始まって1週間ということで、「これからカンパニー一同頑張っていきます」といういつものあいさつでしたが、最初に「ちょっと咳が出てしまって、お聞き苦しいところもあったかと思います。申し訳ありませんでした」とお断りが入っていました。
光ちゃんも風邪だったのかしら・・・実は私も~と思いつつ聞いておりました。
お大事にして、頑張って下さいね。

優馬くんが加わっての見どころは、芝居だな!と思っていたのですが、後でパンフを見たら、優馬くん自身もそう語っていました。
色々な舞台を踏んで、芝居には自信をつけているようです。
コウイチと対等に近かった屋良くんとはもちろん、ガタイは大きいけどヘタレな内くんともまた違う、コウイチに憧れもがくライバル像を優馬くんが見せてくれたと思っています。
これから回数を重ねていけば、もっとその辺り、役が深まってくるのじゃないかなと思って楽しみです★

あ、なんか優馬くんのことばかり書いてしまいましたが、もちろん、光ちゃんは最高!
言うまでもございません。
後輩を気遣うコウイチ、その意をくんで調整役に回る苦労人のコッシーも、新たな見どころです。
新鮮味が加わった今年のSHOCK、この後2回観に行く予定なので、変化が楽しみです。
スポンサーサイト
テーマ:KinKi Kids
ジャンル:アイドル・芸能
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック