FC2ブログ
ジャニーズ他のステージ・レポを中心に、興味あることを書いてます♪ KinKi Kids中心の本館もよろしく☆
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018年05月15日 (火) | 編集 |
コクーン歌舞伎「切られの与三」を見て来ました。
「ヨゾウ」かと思ったら、「与三郎」の略称なので「ヨサ」と読みます。
コクーン歌舞伎は何度か観ております。
亡き中村勘三郎さんが始めた舞台なので、勘九郎さんが主演のことが多かったですが、今回は普段は女形で出演している弟の七之助さんが、立役(男役)で主演を務めております。

「切られの与三」は、歌舞伎の演目では「与話情浮名横櫛」と言い、実在の人物をモデルとした講談「お富与三郎」を歌舞伎の演目として仕立てたと言われています。落語の演目にもなっているそうで、それぞれ微妙に設定が違うようです。
また、歌舞伎では通常お富と与三郎が再会したところまでしかやらないことが多いようですが、今回はかなり長大な原作から全幕を起こしたとのこと。そういう一つのストーリーが色々な道筋をたどるというのは、昔話にありがちなことで、それらを新しく解釈して作り上げていくお話というのは、物語が好きな私としては興味深い部分です。

さて、歌舞伎のお話は、大体が韓流ドラマのように複雑に関係が絡み合っていて、しかも血なまぐさいです。
大店の息子で色男の与三郎(中村七之助)は、勘当されて木更津に謹慎させられます。
なぜ勘当されたかという理由については、複数語られ、どれが本当かわからない風になっています。
土地の親分・赤間源左衛門(真那胡敬二)に見受けされた元深川芸者のお富(中村梅枝)と、与三郎・・・江戸を恋しく思う美男美女の二人は、一目会って惹かれ合います。
赤間の留守中にしのび合う二人でしたが、お富に横恋慕する赤間の手下の松五郎に密告され、とらえられてしまいます。手下達に追われたお富は海に身を投げ、与三郎は赤間と手下たちによってたかって切り刻まれてしまいます。
この場面、なかなか怖いです。
(幕間)
なんとか生き延びて江戸にたどりついた与三郎でしたが、変わり果てた姿で家にも帰れず、乞食をしていたところを、蝙蝠安(笹野高史)というごろつきに拾われ、傷だらけの顔で人を強請って生活するようになります。この時から「切られの与三」と名のるようになります。
ある時蝙蝠安が強し借りに行った先で、死んだと思っていたお富と与三郎は再開。
玄治店という店の主人・和泉屋多左衛門(中村扇雀)の囲われ者になっていたお富は、男女の関係はないと与三郎に言いますが、与三郎は信じません。
多左衛門は、与三郎に金を渡して、「堅気になって戻ってくればお富を渡す」と言います。
通常の歌舞伎では、ここで終わりとなるようですが、ここから話は複雑になっていきます。
お富に横恋慕していた玄治店の藤八(片岡亀蔵)をとらえ、お富と藤八は出来ている・・・店の恥になると言って、お富と与三郎は多左衛門を強請ります。多左衛門は、金と紙包みをお富に渡すが、それを見てお富は多左衛門が実の兄であったと知るのです。
一方、与三郎は足が不自由な女・小笹(中村歌女之丞)を見て、自分の実母なのではないかと思うが、小笹には否定されてしまいます。
元がお坊ちゃんの与三郎は、お富と暮らしてすぐに金を使い果たしてしまい、新しい金儲けのために、蝙蝠安と組んで、お富を身請けしたいという会津屋を騙そうとします。しかし、そのことを告げ口したつん助によって企みがダメになり、与三郎は思わずつん助を手にかけてしまいます。
この時、お富が殺害をそそのかしたような、それが夢だったかのような、幻想的な演出がされています。
この後、小笹が目の前で倒れ、それを見て「母親殺し」と罵る蝙蝠安と争ううちに橋から落ちて死んでしまい、与三郎はわけもわからないうちに捕らえられて島流しとなってしまいます。
(幕間)
与三郎は荒れ狂う海に飛び込んで、島から脱走を試みます。
それについて来た久次は、ためらっているうちに役人に見つかり、とっさに与三郎が島抜けしたと訴えて減刑を図ります。
与三郎は命からがら江戸に戻り、実家を訪ねますが、かつて与三郎の面倒を見てくれた爺や(笹野高史)は喜んでくれるが、父は「息子は死んだ」と言って与三郎を拒絶します。
「いっそ訴え出て磔獄門になろう」と言う与三郎に、爺やは「逃げてくれ」と頼み、父も金を投げてよこします。
江戸の町を彷徨っていた与三郎は、久次に再会。家に招かれると、そこには久次の妻となったお富がいました。
二人に家で休むように言われた与三郎は、疲れ切って寝入ってしまいました。
久次は、お富に与三郎を殺すように促します。お富はためらいながらも承知して、与三郎に匕首を突き立てようとしたその時、久次はお富の刃物を自分に突き立てたのでした・・・。

パンフレットの筋書にはここまでしか書いていません。
ええっ?!なんでそうなるのっていう展開ですよね。七之助さんの与三郎もそういう反応します。
原作とコクーン歌舞伎ではラストが違っていて・・・。それはなかなか納得の結末でした。

あらすじを見た時は、与三郎は悪党な感じかと思っていたのですが、結構お坊ちゃんでヘタレです。
次々と悪事に手を出しちゃう与三郎とお富ですが、なぜかそんなに根が悪いようには思えません。
ただ、だらしない甘ったれなのかなと思います。
自分でしんどい思いして踏ん張らないで、人さまから楽して奪って面白く暮らそうとしちゃうんでしょうね。
知り合いにはなりたくないですが。

七之助さんは、女形姿も美しいですが、美男の役もお似合いでした。
何度か見栄をきる場面もあり・・・勘九郎さんの見栄も素晴らしいですが、頑張っていたと思います。
このダメンズぶりは、やはり真面目がにじみ出ちゃう勘九郎さんより七之助さんの方が似合っているかもしれません。

お富役の梅枝さんは、コクーン歌舞伎初参加。
双眼鏡で見てしまうと、白塗りのおじさんですけど(すみません、でも正直な感想ということで)、遠目に見ると美人に見えます。
浮世絵のお富に似ているかなとはちょっと思いました。

コクーン歌舞伎は古典とは違うので、現代的な演出も入るのが常ですが、今回は音楽にピアノやストリングスの洋楽器が加わっていました。セットも、歌舞伎の豪華な書き割りと違って、シンプルな橋や木枠を使って、様々な場面を組み立てていましたが、不自然に感じなくて、良かったです。

舞台はお高いので、なかなか興味あるだけで観に行くってできませんけど、今回は思い切って行って、楽しめました!
スポンサーサイト
テーマ:歌舞伎
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。