FC2ブログ
ジャニーズ他のステージ・レポを中心に、興味あることを書いてます♪ KinKi Kids中心の本館もよろしく☆
2018年06月11日 (月) | 編集 |
カンヌ映画祭でパルムドールを受賞した、是枝監督の「万引き家族」を見てきました。

高層ビルの谷間の古い日本家屋に住む家族。
父の柴田治(リリー・フランキー)と息子の祥太(城桧吏)は、スーパーで万引きして家に帰る途中、寒空の下部屋から追い出されたらしい幼い少女ゆり(佐々木みゆ)を見つけて、連れ帰る。
家には、祖母の初枝(樹木きりん)、治の妻・信代(安藤サクラ)、信代の妹の亜紀(松岡茉優)も一緒に暮らしていた。
祖母の年金、治の日雇い労働、信代のクリーニング店での働き、足りない分は万引きで補って暮らしている。
亜紀はJK見学で働いているが、家に金を入れていない。祖母の初枝は亜紀を特別可愛がっているようで、亜紀も祖母に甘えている。
治と信代は、ゆりをすぐ返そうとするが、両親から虐待されている様子をみて、娘として育てることにする。
2か月後、ゆりの行方不明がテレビで報道される。幼い子の行方不明を隠していた両親を、報道では虐待死を疑う内容だった。信代は、ゆり(本名はジュリだったと判明)に帰りたいかと聞くが、ここにいることを選んだ。
名をリンと変え、髪も切って、仲良く暮らす家族。
しかし、学校に行かず、万引きをして暮らしていた祥太は、親切な商店主に「妹には万引きをさせるな」と言われて、盗みに疑問を持ち始める。

家族がどういうつながりなのかは、会話などで徐々に明らかになっていきます。
ネタバレなしで感想を書くのは大変難しいです。
あとから、あれはこういうことだったのか・・・とわかった部分もありますが、
ここに感想を書くために公式サイトを見て、初めて「あれはそういうことだったの」と思ったこともあります。
一つ言えることは、見る人によって、見る角度によって印象が違う作品かもしれないということ。
監督が「見る度印象が違う作品になったと思う」というのは、そういうことだと思います。

(ここからは、ネタバレありです)
終盤に来て、実は家族全員が赤の他人だったことがわかります。
そう思って、もう一度作品を見れば、視点が変わってくると思うので、また見たい作品になっていると思います。
公式サイトを見て「え、その設定出てきたっけ?」と思ったのは、信代も親から虐待された経験があるというところ。
そういえば、殴られる場面があった気がするけど、夫からの虐待だと思っていたよ。。。
ただ、ゆりの母が「生みたくて生んだわけじゃない」と言っているのを聞いた信代が、「普通そう言われて育った子は、他人を気づかえないよね」と、ゆりが祥太を心配していたのを見て言う場面があり、ちょっと暗示していたかなとは思いました。

安藤サクラさんの演技は、前からすごいと思っていましたが、りんや祥太に注ぐ愛情に、とても感動しました。
リリー・フランキーさんのダメだけど憎めない父ちゃんも素敵でした。

最後は、あれほど愛し合っているように見えた家族が、バラバラになってしまいます。
祥太は前を向いて生きて行ってくれると思いますが、りん(ジュリ)がなあ~。虐待親のところに戻されて終わっている。
詳しい事情は分からなかったけど、家に帰りたくなくて祖母(これも実の祖母ではなかった)の家に入り浸っていたらしい亜紀もどうなるか気になりますし。
決して明るいエンディングではないです。
でも、もやっとして色々考えてしまうことこそ、この映画が作られた目的なのかなと思いました。

スポンサーサイト
テーマ:映画館で観た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック