FC2ブログ
ジャニーズ他のステージ・レポを中心に、興味あることを書いてます♪ KinKi Kids中心の本館もよろしく☆
2018年09月11日 (火) | 編集 |
木村拓哉、二宮和也が共演の映画「検察側の罪人」を観て来ました!

(物語)
エリート検事・最上(木村拓哉)と、後輩で駆け出しの検事・沖野(二宮和也)は、老夫婦の殺害事件を担当することになる。
その事件の容疑者として名前のあがった松倉(酒向芳)は、時効を迎えた事件の容疑者だったが、起訴されなかった過去があった。
松倉が起こした事件の被害者をよく知っていた最上は、松倉が時効となった事件を自供したことで、松倉を有罪にしようと決意する。
一方、沖野と事務官の橘(吉高由里子)は、最上や捜査本部が、松倉に偏った捜査をしているのではと疑問に思い、最上を調べ始める。
捜査線上には、弓岡(大倉孝二)という有力な容疑者が浮上。
最上は、松倉を裁くため、ついに一線を越える。

(感想)
面白かったです!
全編、息詰まる展開でした。
リアルに考えると、やや冷え切っているとはいえ、妻子がいて地位もある検事が、肉親でもない被害者のために、すべてを棒にふるような選択をするのかね・・・と思いますが。
キムタクとニノ(ナリ?)の緊迫した演技も良かったです。
冒頭の鏡映しの東京や、森の中の場面など、重厚な内容ながら映像も印象的でした。
サスペンス系が好きなら、おススメです!
たまたま、聴覚障碍者の方向けの日本語字幕付きで見ましたが、わかりやすくて、それも意外と良かったです。

(余談)
ワタクシ事ですが、本日誕生日でした。
でも、剛の出ている「銀魂」を見ないで、こっち見ちゃいました('◇')ゞ
ギャグよりサスペンスが好きなもので・・・。出演者より作品重視派です。
スポンサーサイト
テーマ:映画館で観た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック