FC2ブログ
ジャニーズ他のステージ・レポを中心に、興味あることを書いてます♪ KinKi Kids中心の本館もよろしく☆
2018年11月06日 (火) | 編集 |
V6坂本くん主演、Jr.の屋良くん出演の舞台を見て来ました!
ハリウッドのミュージカル映画を舞台化したもので、英国などでも上演された舞台です。

(物語)
ブロードウェーのミュージカルスター、ジェリー・トラヴァース(坂本昌行)は、英国人プロデューサーのホレス(益岡徹)に招かれ、彼のショーに出演するためロンドンにやって来る。
ホレスのホテルの部屋で思わずステップを踏むジェリーのところに、階下の部屋に泊まっていたモデルのデイル・トレモント(多部未華子)が、苦情を言いにやって来る。
デイルに一目ぼれして、なんとか近づこうとするジェリー。
デイルも次第に心を開くが、ジェリーのことを友人マッジ(朝海ひかる)の夫のホレスと勘違いしたデイルは、イタリア人デザイナーのアルベルト(屋良朝幸)とマッジのいるベネチアへと旅立つ。
追いかけてきたジェリーを誤解したデイルは、ジェリーから逃れようとアルベルトと結婚を決めてしまう。

(感想)
セットも衣装もとてもゴージャス。
ニューヨークに始まり、ロンドン、ベネチアと旅行気分も味わえます。
坂本くんがタキシード姿で歌い踊るのは、彼の魅力全開。
自信家でポジティブな役で、コミカルな部分もあり、観ていて楽しいです。

そしてなんといっても、多部ちゃんが美しい!!
多部ちゃんって、どっちかと言うと童顔で、子供っぽいイメージがあったのですが、セクシーな金髪美女がこんなに似合うとは!
すらりとした体の線が出るドレスの数々も素敵で、今回一番見ていたかも。
今回、ミュージカルは初挑戦だったようですが、ダンスはすごく素敵。坂本くんと踊っていても、全く見劣りしません。
ただ、歌はもう一つかな・・・。気になるほどではないけど。

屋良くん演じるアルベルトは、一言で言うと「変なイタリア人」。
パンフには「踊らない」って書いてあって、残念だなって思ったのですが、ちょっとだけ踊りのような場面もありましたよ。
屋良くん久しぶりに見ましたが、コミカルな役を全力でやっていて、すごく笑えました。

ホレスとマッジの熟年カップルもいい味を出していて、ホレスの執事ベイツ(浅野和之)が、アルベルトと笑いを二分していました。
ゴージャスな大人のロマンチック・ラブコメです。
沢山笑えて、最後はハッピーエンドという、ミュージカルのいいところをギュッと集めた舞台でした。
スポンサーサイト
テーマ:V6
ジャンル:アイドル・芸能
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック