FC2ブログ
ジャニーズ他のステージ・レポを中心に、興味あることを書いてます♪ KinKi Kids中心の本館もよろしく☆
2019年01月20日 (日) | 編集 |
早乙女太一くんが主演をつとめる舞台「音楽活劇SIRANAMI」を見て来ました!
歌舞伎の白波五人男をモチーフとした作品です。
歌舞伎の白波五人男は、私は実は見たことがないのですが、滝沢演舞場でJr.が演じていたのを何度も見ていました。
女装してお嬢さんに化けた弁天小僧菊之助が、正体を見破られ、啖呵を切るところが有名です。
今回の舞台は、時代を幕末としていて、太一くん演じる菊霧は、14代将軍家茂に輿入れした和宮のお守役です。

尊王攘夷(天皇を奉り外国勢力を排斥する)派の和宮は、外国と手を組もうとする幕府に攘夷を認めさせるため、降嫁することに。
大奥に入ることが出来なかった菊霧は、和宮のため、弁天小僧菊之助と名を変え、盗人となって幕府の存続を揺るがすという書状を探すことになります。
密書を持っている瑞帆屋に近づくため、花魁に化ける菊霧・・・。

待ってました!って感じで。
今回、太一くんが女形をやるということで観に行ったようなものなのですが、太一くんの花魁道中が見られるとは~(≧▽≦)
今回は、男が化けているという設定のため、りりしさもある花魁姿でした。
それでもって、正体がばれた菊霧こと弁天小僧菊之助が、この花魁姿を着崩して、有名な啖呵を切るんですね~。
超素敵!!!

白波五人男の「白波」とは、盗人のこと。
日本駄右衛門(松尾貴史)は、有名な町火消・辰五郎。
忠信利平(ゴールデンボンバー・喜矢武豊)は、将軍家茂に仕える御庭番。
赤星十三郎(宝塚出身・龍真咲)こと小夜は、大老井伊直弼の家臣を父に持つ武家の娘。
南郷力丸(伊礼彼方)は、小夜のいいなずけの十手持ち。
・・・という5人については、この舞台独自の設定になっています。

この5人は、ひょんなことから力を合わせて、幕府の御金蔵を破ることに。
コミカルに笑わせるところもあり、痛快でもあり、恋もありのエンターテイメント満載の舞台となっていました。

「音楽活劇」と言っているだけあって、ミュージカルのように歌う場面も。
家茂(小澤廉)と和宮(入来茉里)が、政略結婚でありながら、お互いを慕い合う場面や、
南郷力丸と赤星十三郎が横浜に潜入するため、歌っちゃうところとか良かったです。
ちなみに、太一くんは全く歌っていません。そこは専門外ってことかな。
その代わり、相変わらず殺陣は素晴らしい。魅せる殺陣は、まるでアニメみたいって思います。
小道具で劇中にギターが登場しますが、「弾いていいぞ」と言われた喜矢武さんが「あれが弾けたら、天才だぞ」とつぶやいて、笑いを誘う場面もありました。

LEDパネルを使って、映像とのコラボがあったり。
衣装も美しかったし。
曲もミッション・インポッシブルの曲が流れたり、現代風との融合がされていて。
舞台の醍醐味が詰まった作品だったと思います。

太一くん久しぶりに見ましたが、やはり女形と殺陣が絶品。
あと、青年らしい若々しい声もいいんですよね。
和宮にほのかに思いを寄せる役も、太一くんの魅力を存分に引き出す設定でした。
観に行って良かったです★
スポンサーサイト



テーマ:早乙女太一
ジャンル:アイドル・芸能
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック