FC2ブログ
ジャニーズ他のステージ・レポを中心に、興味あることを書いてます♪ KinKi Kids中心の本館もよろしく☆
2019年09月06日 (金) | 編集 |
King&Prince の平野紫耀くん主演映画「かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~」が今日から公開になりました。
今日、14時と19時の2回、初日舞台挨拶が行われましたが、全国の東宝シネマズで同時中継がありました。
その中継の夜の部を見て来ました!

190906_kaguya

19時の回は、映画の前に舞台挨拶の中継が入りました。
キャストのうち、主役の平野紫耀くん、橋本環奈さんに加え、生徒会の佐野勇斗さん、浅川梨奈さんの4人が登壇。
最初は、アナウンサーが話して、軽く挨拶。
途中から、一般の人の質問に答えるコーナーとなり、紫耀くんが司会をしていました。

ボックスに入った質問を引いて、各自が答えていくことになったのですが、紫耀くんが「じゃあ、年功序列で。若い人から」と言って、梨奈ちゃんからスタート。
梨奈ちゃんは、映画ではぶっとんだ役ですが、普段は落ち着いた感じの女の子でした。
質問は「夏の思い出は?」というもので、梨奈ちゃんは「写真集の撮影でハワイに行ったこと」と答えたのですが。
紫耀「ハワイに行ったんだ?!」
梨奈「え、お土産渡しましたよね?!」
紫耀「あ、そういえば、もらった、もらった・・・」
梨奈「ビックリしました・・・」 なんていうやり取りも。

その次を紫耀くんが「じゃあ、勇斗くん」と言って、女性陣から「もう年功序列じゃなくなったんですね」と言われ、「実は、年功序列ってよくわかっていない」という紫耀くん。出たよ、アンダー出川が! 待ってました~(笑)
「失恋したときは、立ち直りが早いですか」という質問だったのですが・・・。
紫耀「勇斗くんは、そういう時、失恋ソングを聞いて、落ちるとこまで落ちて、号泣するタイプ?!」
勇斗「いや、号泣はしない・・・。でも、すぐには立ち直れないです。しばらく、残念だなっていう気持ちが続きます」
紫耀「俺も・・・で、失恋ソングを聞いて、どん底まで行く?」
勇斗「いや、聞かないですね。・・・それ、紫耀くんなんじゃないの?」
紫耀「わかった? 一旦、どん底まで行った方が、早く上がってこれるでしょ。早く済ませたいからさ。自分の感情をコントロールしたいの」

橋本環奈ちゃんが引いた質問は、「キャストの中で、自分しか知らない『お可愛いこと』を教えて下さい」
環奈「ここにいらっしゃる方達は、雑誌のインタビューとか、テレビとか見られていると思うんですよね。そういうところで、だいぶ話してしまったから・・・」
そこで紫耀くんが「そもそも、俺たちの世代で、『オカワイイ』・・・オカワイイって、あれですよね。可能の"可"に"愛"って書くやつですよね?」
環奈「今、なんで漢字言った?」
紫耀「可愛いなんて思うことあります?」
環奈「確かに、同世代で可愛いとか思わないかもしれない。・・・あれですよね、まだみんなに言っていないことならいいかな。スタッフで、この間餃子パーティーしたんですよ。みんなで、餃子を包んで焼いたんですねど、紫耀くんの餃子は、具がすごく少なくて、ワンタンみたいでした。それが、『お可愛い』かったです」
紫耀「(笑)。餃子って、あのひだが、勝負じゃないですか。ひだを見せてやろうと思ったら、具がちょっとだけになって・・・」
環奈「確かに、すごく細かくひだがよっていて、ワンタンみたいだった。焼いても、誰が作ったかすぐわかりました」

そして、次は紫耀くんが質問を引いたところ、「最近恋わずらいしていることはありますか?」
考え込む紫耀くんは、「恋わずらいって言葉の意味がわかっていない」とまたしても爆弾発言。
勇斗「恋わずらいって歌ってますけどね」
紫耀「あ、そうだ。うちの実家は、動物が好きで、チワワを沢山飼っているんですけど、僕はありがたいことに沢山お仕事させていただいているので、中々会いに行けなくて、恋わずらいしてます」「名古屋の実家は、帰るたびにチワワが増えていて、チワワの王国になっています。今、5匹くらいいます」

4人が一通り引いたところで、まだ時間があるということで、また梨奈ちゃんが引くことに。
「私は生徒会長をやっていますが、悩みがあります。皆さんは、悩みがある時どうしていますか」
紫耀「その悩みを知りたかったね。勇斗くんとか、悩みそうだけど、どうしている?」
ここで勇斗くんが何か言っていたけど、忘れちゃった。
梨奈「私は、寝ます」
環奈「この4人は、あまり悩まないかもしれない」
紫耀「僕は、気にしない。今、大人の人達がいるところで、あまり言えないけど、人の話を聞いていない」
環奈「・・・いや、言ってるし。全国中継されちゃってますから」
紫耀「頑張りなさいとか言われても、気にしない・・・まあ、頑張ってやらせてもらいますとは思っていますけどね。自分がこうだと思ったら、それを貫けばいいんですよ。それで、たまに不安になったら、一番信用できる友達に聞く。それで、その友達がいいって言ったら、もうそれを貫く。だって、自分を一番知ってくれている友達が、いいって言ってるんだから」
紫耀くんの信頼している友達って、誰なんでしょうかね~。
勇斗「真面目なことを言うと、寝る前に、悩み解決ノートを書くといいらしいですよ。悩み事を誰かに言うとかじゃなく、書くだけでいいんだって」
紫耀「へ~。やってみたい」
勇斗「やってみて下さい」

ここで最後の質問です、ということになり、最後は紫耀くんが引くことに。
「リラックス方法を教えて下さい」っていうのには、紫耀「さっきと同じようなのが来ちゃった。引き直そう・・・ごめんね。えっと、寝る!」と言って、引き直し。
「自分の役だけでなく、好きなセリフは何ですか」という質問。
紫耀「これは、この映画でってことですよね」
環奈「そりゃそうでしょ。過去の作品とか出さないで下さいよ?」
紫耀「御行のセリフで、『俺が見せてやる』っていうのがあるんですけど、これは自分で言っていて、御行カッコいい!って思いましたね」
勇斗「僕は、『どうした、石上』ですね。普通、台本を読んでいると、こういう風にくるんじゃないかというのがあるじゃないですか。(声を張った感じで)来るのかと思ったら、(脱力系の言い方)で来たんですよ。それに、紫耀さまが僕の顔を拭くんですけど、鼻に指とか入れてくるんで・・・最初、笑わないことになっていたんですけど、どうしても笑っちゃうので、結局笑うことになっちゃったんですよね」
この「どうした、石上」は、みんなのお気に入りみたいで、みんなで真似していて、紫耀「そんなにひどくないよ・・・言いすぎて、段々大げさになっているから。これは、今から見て確認してもらって」

応援上映があるという告知もあって、「皆さん見て下さい」という内容のあいさつを最後4人が一人ずつ言って、お開きとなりました。期待にたがわず、天然炸裂の紫耀くんに環奈ちゃんが鋭い突っ込みを入れていて、楽しかったです!

その後、映画の上映となりました。
私は、普段恋愛映画は見ないタイプ。この漫画も読んだことはないです。
正直言って、中身はないですけど(すみません)、とにかく紫耀くんがカッコよくて、環奈ちゃんが可愛くて、沢山笑えます。
うっとりして、笑って、ストレス解消になるヒーリング映画ですね。
「くだらない」とか言って、カリカリしなければですけどね。
紫耀くん演じる白銀御行が、貧乏で、お父さんが働いていないっぽくって最低なのに、口の悪い妹が親をけなすと庇う・・・とか、ご飯の支度をしているとか、お母さんのように働いているというキャラで、好感が持てます。
環奈ちゃんのかぐやは、少年漫画にありがちなありえない設定だけどね。環奈ちゃんが可愛いから、まあいいか・・・。
舞台挨拶付きじゃなかったら、見に行ってないけど・・・思ったよりは楽しめました。
紫耀くんはこういうキャラはどはまりです! ファンの方にはおススメです。
スポンサーサイト



テーマ:King&Prince
ジャンル:アイドル・芸能
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック