FC2ブログ
ジャニーズ他のステージ・レポを中心に、興味あることを書いてます♪ KinKi Kids中心の本館もよろしく☆
2020年02月01日 (土) | 編集 |
V6の森田剛くん主演の舞台「FORTUNE」を観ました。

2014年にGOくんが主演した「真夜中に犬に起こった奇妙な事件」を手掛けたサイモン・スティーブンスさんの脚本。
ファウスト伝説をベースにした物語です。
ファウストと言えば、ゲーテの作品が有名で、私はてっきりフィクションだと思っていましたが、実在の人物をモデルとしているようです。16世紀、ドイツの人文学者だったというファウストさんが、悪魔に魂を売ったという伝説があるとのこと。
ファウスト伝説は、ゲーテ以外にも多くの芸術家が題材としているそうで、この舞台もその一つといういことだと思います。

【物語】
舞台は、ロンドン。
映画監督として、名声をつかんでいるフォーチュン(森田剛)のところに、新しいプロデューサーとして、マギー(吉岡里帆)がやってくる。
若いマギーにフォーチュンは心惹かれるが、マギーには愛する夫がいる。
フォーチュンは幼い頃父を亡くしており、心に傷を負っている。
孤独なフォーチュンが、ザ・シャドー(ロンドンのランドマーク的な場所)のバーで知り合った謎の女ルーシー(田畑智子)に何でも願いが叶うという契約をもちかけられる。
望みを言ってみろと言われたフォーチュンは、「親父は52歳で死んだ。俺は今、41歳。後、12年だけ生きたい。成功して、マギーを手に入れたい。12年後は、魂でも何でもくれてやる」と言って、半信半疑のまま、契約を交わしてしまう。
その直後、マギーの夫が事故死。仰天するフォーチュンに、マギーは「そんな時なのに、あなたのことを考えている」と告白する。
ルーシーに「殺せなんて言っていない」と抗議したフォーチュンは、ザ・シャドーから飛び降りてみろと言われて、飛び降りるが、死ぬことはなかった。全能感にひと時酔いしれるフォーチュン。
その後も、物事は全てフォーチュンの望み通りになるが、フォーチュンは「どうせ、マギーの言うことは俺がそう望んでいるからなんだろう」と満足できない。
そして、結局はマギーは4年後にフォーチュンの元を去り、戻ってはこなかった。
次第に、味覚を失い、嗅覚を失い、触感を失い、人間らしい感覚を無くしてゆくフォーチュン。
自殺も出来ず、追い詰められてゆくフォーチュンは、神出鬼没なルーシーから、そして契約から逃れようと、死んだ父親に会いに行くが、逃れることは出来ず・・・。

最初はちょっと理解しづらかったのですが、段々と物語に引き込まれていく感じです。
冒頭、マギーに薬物使用歴があることが語られ、フォーチュンがザ・シャドーに行くのは、薬物を手に入れるためです。それで、ヘロインをフォーチュンが使用する場面があるので、考えようによっては、これは全部フォーチュンが薬物使用で見た夢で、薬物でおかしくなったフォーチュンの末路・・・という風に見えないこともないです。

悪魔と契約/若い娘を誘惑/若い娘の人生が狂う/自殺を図る・・・というあたりは、ファウスト伝説の定型らしいです。
後半は、衝撃的なシーンの連続・・・そこは見てのお楽しみということで、書かないことにします。

こういう影のある役は、GOくんにぴったりではありますが、今回は割合とナチュラルにやっていた印象です。
フォーチュンの表の顔は、それなりに成功した映画監督なので、そんなに異常・・・という感じには最初は見えません。
ちょっと変わった人くらいの印象でした。
でも、後半に向けて堕ちてゆく感じが圧巻・・・さすがGOくん。

吉岡里帆さんは、ドラマで拝見した通り、どこか真面目な感じがするヒロイン。
田畑智子さんは、さすがの演技巧者っぷりで、難しい役だと思うのですが、とてもキュートに、時には恐ろしく演じていました。
最初に登場した時は、ショート・パンツ姿で美脚も披露していました。

ラストシーンで、フォーチュンが地獄に落ちちゃうわけなんですけど・・・あれ、マジで地獄じゃないの?! GOくん、大丈夫?!と心配になったのは私だけでしょうか・・・。
その後、アンコールで出てきた時は、すっきりしていたので、何か仕掛けがあるのかな。
それとも、光ちゃんと同じで、フラフラのところを見せていないだけか・・・。

冒頭は、厭世感たっぷりの歌があったりして、何だかこんな時代にこんな舞台は暗い気持ちになってしまうなあと思いました。
途中、すべての望みをかなえてゆくフォーチュンを見ていたら、これは魂売っちゃうかも・・・とも思いました。
でも、やっぱりすべてをなくしてボロボロになってゆくフォーチュンを見て、やっぱり悪魔の契約は怖いなあ・・・止めておこうと思いました。
キリスト教的な感覚は、純然日本人の私には分からないところもありますが、印象に残る作品であったと思います。
途中、GOくんが踊る場面もあり・・・キレキレなダンスが見られたのも良かった!
テレビや映画では味わえない、舞台ならではの世界を楽しめる作品です。
スポンサーサイト



テーマ:V6
ジャンル:アイドル・芸能
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック