FC2ブログ
ジャニーズ他のステージ・レポを中心に、興味あることを書いてます♪ KinKi Kids中心の本館もよろしく☆
2020年02月11日 (火) | 編集 |
ボクシングを題材にした人気漫画「はじめの一歩」の舞台を見て来ました!
いわゆる、2.5次元の舞台です。漫画原作の舞台は何度か観ていますが、より漫画に寄せていると思います。
会場は、品川プリンス ステラボール・・・ボーリング場らしいです。初めて入ったのですが、天井の高いホールで、客席は折り畳みの椅子でした。段差がないので、後ろの座席には、クッションが置かれていました。
私はそのクッション席に座ったのですが、足がちょっとぶらぶらしちゃう感じ。最初は、クッションが効いていていいなと思ったのですが、時間が経つと辛くなってきました(^^; 足置き台が欲しかったな。

ステージは、セットがなく、前にせり出した部分に四角いリング状の台があって、奥が一段高くなっています。
背景などは、一部プロジェクション・マッピングで表現していました。
役者さんは、私は知らない方ばかりで、純粋に原作ファンとして観たのですが、漫画を知らない役者さんのファンらしき女性達や、原作ファンらしい男性など、色々なスタンスの方が見ている印象。連載30年ということで、年代も幅広かったですが、30代くらいの方が多かったでしょうか。

お話の内容は、マンガの単行本1~30巻をギュッとまとめたものでした。
土手でいじめられている主人公の幕の内一歩(後藤恭路)がプロボクサーの鷹村守(滝川広大)に出会ってボクシングを始める辺りは、丁寧に描かれていました。
私が原作で一番好きなキャラクターは、宮田一郎くん!
なので、写真を見た時はちょっとイメージ違う気がしましたが・・・滝澤諒さんは、クールビューティーな感じで、見ているうちに段々宮田くんに見えてきました。
ボクシングに入門したばかりの一歩と宮田くんの戦いや、一歩が宮田くんに気持ち悪がられる場面も見られて良かったです★

その後は、新人王戦・・・オズマ戦と小橋戦は端折っていましたが、パペットを使って端折るもの面白かった。
速水龍一(橋本真一)が今回一番似ていなかったかも・・・うざいところは似ているか(笑)。ふっきれた演技が楽しかったですけどね。鴨川ジムのメンバーがカラオケでアリスの「チャンピオン」を歌ったら、画面に速水が登場する・・・という場面も再現されていて笑いました。
原作で印象的な試合と言えば、宮田対間柴(岡本悠紀)もその一つ。
フリッカーVSカウンターが生で見れるとは。そして問題の反則ね。更に、一歩が拳を壊しながら戦うところも。

久美ちゃん(未来)も登場します。原作では、可愛いけどしっかり者という感じですが、舞台の久美ちゃんはひたすら可憐。
原作そっくり賞は、一歩の母と、宮田パパにあげたいと思います。
余談ですが、ボクサーを演じるイケメン達のブロマイドと一緒に、久美ちゃんはともかく、鴨川会長(高木渉)と一歩母(久下恵美)のブロマイドも売っていて、ちょっと笑った。買う人いるのか? ジョークなのか?

一歩が東の新人王になった後は、東西戦、チャンピオンカーニバル、伊達英二(松本寛也)とのタイトルマッチ。
そして、千堂武士(松田凌)と再戦して日本タイトルを取るまでが描かれます。
ヴォルグのホワイト・ファング、千堂のジョルト、伊達さんのハートブレイクショット、もちろん一歩のデンプシーロールなど、作中に登場する必殺技が実際に見られちゃうわけです。もちろん、舞台での演技という表現ではありますけどね。

名場面を詰め込んだステージの後は、15分ほどのトークショーもついていました。
この日は、作・演出の喜安浩平さん、主人公一歩役の後藤さん、千堂武士役の松田凌さんに加え、スペシャル・ゲストとして、原作者の森川ジョージ先生も登壇しました!
トークショーは、喜安さんが仕切る形で行われました。
喜安さんは、脚本家でもあるのですが、元々は声優だったということで、なんとアニメの一歩役でデビューしたのだとか・・・!
一歩役の後藤さんは「しゃべるの苦手なんです」と言っていて、シャイで真面目な感じが、リアルに一歩っぽかった。
千堂役の松田さんは兵庫出身らしいので、関西弁は地でいけるのかと思ったら、トークは標準語で話していました。

森田「初日と3日目とwebで見て、今日で4回目。初日はお客さんも何が始まるんだろうという感じだったと思うけど、今は(劇中の)試合の度に拍手がある。あとは、ララパルーザを起こすだけですね」

森田「初演の頃より、さらに体を作ってきているから、そろそろ(千堂が一歩に)勝てるんじゃないかと思って」
松田「原作者の許可があれば、勝っちゃっていいですかね」

森田「速水のチャラさが増してきているよね。出てくると、来るぞ来るぞ・・・って思う」

喜安さんが、冒頭、客席に「初めて見た方」「では逆に、2回以上観たという方」と手を上げさせ、森川先生に、「2回以上観ている方が3割くらいいたんですよ。この舞台の楽しさが、段々と広がってきているということですね」というようなことを話していました。

作品について話した後、喜安「この作品は、1巻から30巻までの話をギュッと2時間半の舞台にまとめているので、泣く泣くカットしたシーンが沢山あります。そのうちのどれかを、今再現してみようかと・・・」
松田「お土産を置き忘れたシーンやりたかったですね」
喜安「やりたかったね!」
千堂が間柴戦で拳を壊した一歩を奮起させるため、鴨川ジムを訪れて、帰る時に新幹線のホームにお土産を置き忘れたシーンのこと。それより、私が気になったのは、いったん鴨川ジムを出た千堂が戻ってきて、「帰りの電車賃貸して」と言うところがなかったことでしたね~。あれはあっても良かったんじゃないかな。

結局やることになったのは、30巻の千堂を倒して日本チャンピオンのタイトルを取った一歩がわんぽ(幕の内家の愛犬)と記念撮影をする場面。
チャンピオンベルトを持って現れた喜安さんは「八木ちゃんの気分です」と言っていました。
森川「これは、レプリカですよね?」
喜安「そうですよ! 本物だったら大変です。実は、当時と今ではベルトのデザインが違うんですけど、今のデザインのレプリカを作らせてもらいました」

一歩役の後藤さんが、Tシャツを脱いで、ボクサーパンツ姿になり、ベルトを森川先生が巻いてあげて・・・。
喜安さんがアナウンサーのセリフを。
松田さんは千堂が立ち去る真似をしたりしていましたが。
森川先生がわんぽ(犬)役ということで、チャンピオンベルトを巻いた一歩と並んで記念撮影していました(笑)。

原作ファンというスタンスで見て、思った以上に楽しめました!
漫画のシーンが頭の中に入っているので、それを役者さんが実演してくれるのがテンション上がりました。

パンフによると、後藤さんはボクサー経験があって、宮田役の滝澤さんは、原作も読んでいなかったし、ボクシング経験も全くなかったとか! 役柄としては、全く逆なのに、そうは感じさせませんでした。
一歩を知り尽くしている喜安さんに、森川先生が「喜安くんがやってくれるなら舞台をやってもいい」とオファーしたそうです。
確かに、原作ファン納得の仕上がりになっていましたよ。
スポンサーサイト



テーマ:エンターテイメント
ジャンル:サブカル
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック